西日

TOP > 園芸用語 > 更新日

西日

文章の修正
まとめ
●西日そのものは強くない。
●昼間の日光が地面を温め、空気を温める。その空気が温まって以降に西日が差すために西日が非常に暑い印象があるが、西日が特別に強いわけじゃない。むしろ昼間の日光より弱い。
●ただし西日が当たる頃に植物がとても乾燥するのは事実。
●植物の多くは午前中に光合成し、午後からは鈍くなる。午前中に日光が当たらず、午後だけ西日が直撃すると、植物は弱る。
●西日に弱い植物はヨシズなどで対策するか、西日に強い植物で遮光するか、西日が当たらない場所で管理する。
●樹木の乾燥対策としてはマルチングがいい。
スポンサードリンク

夕日が強いから乾燥する?

夕日が強いから乾燥する?
文章の修正西日は夕方に斜めか真横にさす日差しのこと。夕日よりちょい前の時間。一般的に乾燥するために植物には「悪い」とされる。実際に植物にとって負担となるので、西日に弱い植物は注意しないといけない。
結論から言うと西日は強くありません。昼間の太陽よりも熱いということはありません…むしろ昼間の太陽よりも西日は弱いです。ですが、昼間の太陽によって暖められた地面が空気を温めた頃(三時以降)に横に指す日差しの為に、酷く暑く感じられます。つまり西日が悪いというよりは、昼間の太陽の熱が空気を熱くするタイムラグのせい。
●西日が差す頃というのは一日の終りの時期、人間もなんとも「疲れた」状態です。そんなこともイメージに悪影響があるのかもしれない。

西日が植物に悪い理由

文章の修正植物の活動時間は午前
植物が盛んに光合成するのは午前中です。それ以降は緩やかに光合成する量が減ります。そこに強い西日があたると、西日(正確には西日の時間帯)による蒸発量が光合成で蓄えられるエネルギー量を超えて、植物に負担になります。

西日の負担 > 光合成
まして午前中が日陰で午後から日当たりになるような場所だと、植物にはただ辛いだけ、ということになり、弱い植物は枯れてしまいます。
●こういう環境が結構多い。「管理場所は半日陰が適している」という植物の説明書きには「一日のうち数時間日光に当たれば育つ」とあることが多い。それを読んで、午後だけ日光が当たる場所…つまり西日が直撃する場所で育てると、徐々に弱るってことが多い(もちろん植物にもよるけど)。特に夏(7月下旬8月)の西日はかなり厳しい。夏前までスクスク育っても夏に枯れる。
●ちなみに西日は夏の季語。

鉢植えは特に注意

鉢植えは特に注意
文章の修正鉢植えは西日に特に注意
夕方は太陽が横に照らすので、地面は温めないのですが、鉢植えは特別に注意が必要です。鉢植えの側面を西日が直撃し、乾燥させたり、鉢の中の温度が上がり根を傷めてしまいます。
水切れしやすい
また、昼間の太陽光で上がった気温もあり、鉢植えの内部の水は蒸発しっぱなし。そこに西日。非常に水切れしやすい状態なので、気を付けてください。夕方に水をやるといいでしょう。

対応策

文章の修正二重鉢
鉢を一回り大きな鉢にすっぽりと入れておくことで、土の温度が上がらないようにします。二重鉢は完全な対応策とは言えませんが、いくらか効果はありますので試してみてください。
西日よけの樹を植える
ブッドレアムクゲサルスベリキョウチクトウエンジェルトランペットなど暑さと西日に強い植物を植えて西日を避けることも出来ます。
グリーンカーテンとなる植物を植える
アサガオゴーヤヨルガオキュウリヘチマといったグリーンカーテンとなる植物を植えることで西日を避けることも出来ます。もちろんグリーンカーテンの植物も乾燥すれば枯れてしまいますから小まめな水やりが必要です。
ヨシズなどで遮光
ヨシズで遮光してしまうのも手です。ちなみにスダレはぶら下げるもの。ヨシズは立てかけるもの。寒冷紗を利用するのも手。
西日の当らない所へ移動
これが一番早い対処法ですが、これが出来ないから西日で困るんですよね。
マルチング
西日が株元に当たることで乾燥し、乾燥で枯れることがあります。特に根の浅いツツジ系(ブルーベリーも)など。そういう種類は株元に乾燥よけのマルチングをします。株元に腐葉土やワラを敷きます。見た目がアレならバーグなどでもいいです。

関係記事・人気記事

摘芯

摘芯(ガーデニングテクニック)
一定の大きさに成長した植物の芽の先を切り落とすことで、わき芽を増やし、結果大きな株に成長します。アサガオやニチニチソウなど、非常に多くの植物で有効な方法です。 [脇芽が出にくいものもありますから] 中…

剪定

剪定
剪定は樹木の枝を切ることで全体を整えたり、風通しをよくしたり、成長を促したりと樹木の健康には必要なものです。その樹木や季節によって意味合いは異なります。 [人と自然との付き合い] よく「自然にあって…

グランドカバー

グランドカバー(ガーデニング用語)
[概要] ガーデニングする上で、地面を覆い隠すために植える、草丈が低いか、匍匐(ホフク)する性質の植物のこと。 フェンスに這わせるものもグランドカバーと分類することがあります。一般的に性質は頑健なもの…

半日陰

半日陰
半日陰は一日のうちで数時間だけ日が当たるような場所のことを指します。 例えば、午前中だけ日が当たり、午後以降は建物の影になるような場所。具体的には家の東側などがこれにあたります。 [西日に注意しましょ…
管理用リンク
管理用