カリブラコアの育て方

MENU
TOP>ナス科>カリブラコア
スポンサードリンク

カリブラコア

カリブラコア
科名ナス科
属名カリブラコア属
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ペチュニアも参考にしてください。育て方は同じです。

水を切らさず、日当りのいい場所に植えていれば、夏中キレイに咲いてくれる初心者向けガーデニング材です。
越冬も可能
霜に当たると変色して汚くなりますが、越冬も可能です。越冬出来ると翌春以降もまたカリブラコアの花が咲きます。ただし連作障害を起こすので、年々小さくなります。
花ガラを摘みましょう
花がしぼんだ後の花ガラを小まめに摘むと、次の花が咲きやすくなります。花ガラを放置しておくと種をつくることに栄養が回り、花つきが悪くなるためです。

水やりと肥料


水やりは土が乾いてから。冬は水を控える
土が乾いていたら水をしっかりとやってください。真夏は朝と夕方の二回、水をやってください。真夏の昼間に水をやると、水が湯だって根を痛めます。冬は成長が鈍くなっていますので水を控えてください。土が乾いてから数日経って水をやる程度です。
水をやるときは花に掛らない方がいい
水をやる際に花に水がかかると花がしおれてしまいますので、出来るだけ花に水がかからないようにします。ただ、あまりに次々と咲くので花に水がかかって少々しぼんでも気にならないです。
肥料
10日に1回、液体肥料をあげると花つきがよくなります。肥料が切れると花つきが悪くなりますが、枯れるわけではありません。
梅雨から夏にかけて、若干蒸れる
梅雨の長雨にさらされると、多湿になり、蒸れて葉っぱが痛みますので、前もって下葉をむしって風通しよくしておきましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土などで植えつけます。プランターでも庭植えでもかまいません。最近では「ペチュニアの土」というのもありますので、初心者はコレを利用しましょう。
ナス科の植物で連作障害を起こします
カリブラコアはナス科の植物で、昨年もカリブラコアを含んだナス科の植物を植えた土にカリブラコアを植えると「連作障害」を起こしてしまいます。同じプランターに植える場合も土はすべて入れ替えましょう。
また地域によってはカリブラコアは冬を越すことも出来ますが、連作障害を起こしますので、何年か植えていると枯れてしまいます。

管理場所・日当たり

日光を好みますので、日当たりのいい場所で管理してください。カリブラコアは若干多湿に弱く、梅雨の長雨にさらされると腐って枯れることがあります。梅雨の時期は雨が当たらない場所で管理することが好ましいです。

その他

●ある程度伸びてきたら、ツルの先を切ると、脇芽が出て株が大きく育ちます。これを摘芯と言います。
病害虫と対応の農薬
アブラムシ→ サンヨール液剤AL・モスビラン液剤
ハダニ→ サンヨール液剤AL
うどんこ病→ サンヨール液剤AL

特徴・由来・伝承


ペチュニアの小輪タイプと考えてください。以前は夏の暑さに弱かったのですが、品種改良の結果、ガーデニングの主役級にまで上り詰めています。

暖地だと、翌年も咲きます。夏の暑さや冬の寒さにやられて小さくなり、葉っぱが汚くなるのですが、翌年もワンワンと咲いてくれます。霜に当たらないことが条件ですが、この旺盛な花が翌年も咲くのは嬉しい限りです。ただし連作障害を起こすので植えっぱなしだと段々と元気がなくなります。

最近はカリブラコアとペチュニアの交雑品種の「カリチュニア」というものもあります。ネーミングをもう少しひねればいいのに。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

カリブラコアの関連記事

カリブラコアの日記

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用