カリブラコアの育て方

MENU
使い方 TOP

カリブラコア

カリブラコア
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ナス科
属名カリブラコア属
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
カリブラコアは水を切らさず、日当りのいい場所に植えていれば、夏中キレイに咲いてくれる初心者向けガーデニング材です。ペチュニアに比べると夏の暑さに弱く、高温時期に花の色が落ちやすい。花が大きいのがペチュニアで、小さいのがカリブラコアというのが一般的な感覚ですが、最近は品種改良が進んで境目は曖昧。ペチュニアとカリブラコアの雑種のスーパーカル・カリチュニアなんてものもある。カリブラコアはペチュニアに比べると「花ガラ摘み不要」とされるブランド苗品種が多いので、楽がしたいならカリブラコアがいいかも。
越冬も可能
一般的には霜が降りる頃には枯れてしまう一年草扱い。霜に当たると変色して汚くなるとはいえ越冬も可能です。越冬出来ると翌春以降もまたカリブラコアの花が咲きます。ただし連作障害を起こすので、同じ場所・同じ鉢の同じ土に植えていると、年々小さくなります。半年に一回、土を入れ替えるように植え替えをすることで連作障害を避けることも出来るらしいが、そこまでするより新しい苗を買ったほうが安上がりです。
まとめ
水やりは普通。土が乾いたら水をやる。夏は朝夕二回やる。
●日当たりで管理。日光が少ないと花が咲かない。半日陰でも咲くが、やっぱり日当たり。
肥料が切れると花が止まる。肥料は追加するもの。
●霜が降りる頃には枯れる。それでおしまいの一年草だが越冬も可能。
●古い土で絶対に植えない。古い土で植えると生育不良を起こす。
●昨年ナス科植物を植えた場所には植えない。連作障害を起こします。

スポンサードリンク

水やり

水やり
この項目の修正・提案をする
水やりは土が乾いてから。冬は水を控える
土が乾いていたら水をしっかりとやってください。水をやるときは鉢底から水が出るくらいにしっかりとやります。真夏は朝と夕方の二回、水をやってください。真夏の昼間に水をやると、水が湯だって根を痛めます。温暖化で夏は高温になってまして、水切れが非常に起きやすくなっています(鉢植えには特に)。夏は水やりを忘れないようにしましょう。
●5月は低温のためにまだカリブラコアは活発には活動していないかも。水をやってもあまり吸い上げない(品種と地域による)。水やりを控える。水やりの前に必ず、土を触って確認するようにする。
●4月は水やりは控えめ。土が乾いてからやる。5月は天気なら水をやる。6月7月の梅雨の間は土を見て水をやる。梅雨明け以降は朝夕の二回しっかりと水をやる。
●越冬させた場合、冬は成長が鈍くなっていますので水を控えてください。土が乾いてから数日経って水をやる程度です。
●温暖化の影響で夏は水切れしやすい。朝夕やっても水切れするようであれば、半日陰・日陰へと移動させる。庭植えで移動できない場合は、自動水やり(タイマー+ホース)を検討する。

水やりの注意事項

この項目の修正・提案をする
水をやるときは花に掛らない方がいい
水をやる際に花に水がかかると花がしおれてしまいますので、出来るだけ花に水がかからないようにします。ただ、日光・水・肥料があれば次々と咲くので花に水がかかって少々しぼんでも気にならないです。気にする場合はジョウロの口を土に濯ぐように水をやる。
●葉っぱにも水をやることでハダニを予防できる。梅雨のときは蒸れてしまうので土に水をやるようにして、葉っぱにかけないようにするが、夏になったらハダニ対策として葉っぱに水をかけるようにするといい。

梅雨から夏にかけて、若干蒸れる
梅雨の長雨にさらされると、多湿になり、蒸れて葉っぱが痛みますので、この時期は水をやらない。前もって下葉をむしって風通しよくしておきましょう。また、雨の当たらない場所で管理します。もしくは梅雨前か梅雨に全体を刈り込んでしまいます。
●品種によっては梅雨のムレにも強い。しかし、まぁ、軒下で管理する限りは腐ってしまうことはないと思う。カリブラコアは雨に当てないのがコツ。
●梅雨時期は日光不足で弱って、うどん粉病やハダニが発生しやすい。

肥料

肥料
この項目の修正・提案をする
肥料
10日に1回、液体肥料をあげると花つきがよくなります。というかすごい量の花を咲かせるので、肥料が切れると開花が止まります。肥料を切れないように追加するのがカリブラコアを楽しむ大事な作業です。肥料が切れると花つきが悪くなりますが、枯れるわけではありません。しかし、花が咲かないカリブラコアを育ててもしょうがないですから、肥料切れ起こさないようにします。
ただし夏に開花が止まったら、肥料を止めます。開花が止まっているのに肥料をやると株を痛めます。秋になり涼しくなると開花が再開しますので、また肥料をやります。
●緩効性化成肥料を月に一回、それとは別に10日か一週間に一回、液体肥料をやります。両方です。そのくらい肥料食いです。
●専用の肥料もあります。
培養土には最初から肥料が入っています。この肥料も植え付けて一ヶ月以内には使い切ってしまいます。植え付けてから一ヶ月以降からは上記の頻度で肥料をやります。
●肥料はリンの多いものを。化成肥料・液体肥料ならばバランスよく入っています。変に鶏糞とかやらないで素直に化成肥料・液体肥料を買ったほうがいいです。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
この項目の修正・提案をする
用土
市販されている花と野菜の土などで植えつけます。最近では「ペチュニアの土」「カリブラコアの土」というのもありますので、初心者はコレを利用しましょう。自作する場合は赤玉土6腐葉土4に緩効性化成肥料を適量、混ぜたものを使います。
植え付け
植え付け方法はごくごく普通。できれば直径30cmの鉢に一苗植える。苗は植え付けのときに軽くほぐすといい。その方が根が広がる。小さな鉢に植えると夏に水切れしやすいので、かならずできるだけ大きな鉢に植えます。水切れを考えると庭植えがより好ましいです。

鉢植えの場合は、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●冬越しした植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落としておきます。根の負担を減らすため、地上部の枝も半分ほどに切り詰めます。
●プランターに苗を3つ植えると土が不足する。直径30センチの鉢に植えるのが王道かつ鉄板。30センチの鉢に植えても7月8月には根詰まりを起こしてしまうくらい。それより小さな鉢では不十分。
●温暖化で夏の高温がひどくて直径30センチの鉢でも水切れすることが多くなっている。水やりの自動化(タイマー+ホース)をするか、庭植えにする。
●春に植えて、よく生育して夏までに株分けをするというのは、ペチュニアならいいがカリブラコアは微妙。カリブラコアは生育がペチュニアより遅いので回復するのに時間がかかり、取り戻す頃には最盛期が過ぎているかも。株分けではなくて、一回り大きな鉢に植え替えをするといいです。
●冬はパンジービオラ類を植え、春になると、ペチュニア・カリブラコアを植える。この繰り返しという人が多い。

庭植え

庭植え
この項目の修正・提案をする
庭植え
庭植えの場合は、植え付ける二週間前に苦土石灰をまいて中和させておく。中性が好ましい。深さ30cmほど掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株間は30cm空ける。苗の土は軽くほぐすと根が広がりやすい。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。
●日本は雨が多く、雨は空気中の二酸化炭素を吸い、弱酸性になる。雨が降ることで自然と日本の土はかならず弱酸性になる。多少の弱酸性ならカリブラコアが枯れることはないが、能力を発揮するためには出来るだけよい条件にしたほうがいいので、石灰で中和したほうがいい。

ナス科の植物で連作障害を起こします
カリブラコアはナス科の植物で、昨年もカリブラコアを含んだナス科の植物を植えた土にカリブラコアを植えると「連作障害」を起こしてしまいます。同じプランターに植える場合も土はすべて入れ替えましょう。古い土は必ず廃棄する。
また地域によってはカリブラコアは冬を越すことも出来ますが、連作障害を起こしますので、何年か植えていると枯れてしまいます。連作障害は半年に一回の頻度で土を入れ替えて植え替えをすることで、緩和できますが、そこまでするメリットは薄いので普通はしない。それに挿し芽で更新できる。

苗についての注意事項

苗についての注意事項
この項目の修正・提案をする
ブランド苗がオススメ
300円とか500円とか高い苗のほうが育てやすく、開花しやすく、コンモリなりやすく、病害虫にも強いです。なので初心者ほどブランド苗を買って育てたほうがいい。
狙い目の苗はネットで注文
ペチュニア・カリブラコアの苗はホームセンターに出回っているので簡単に手に入るのですが、特定の品種となると「必ずしも」売ってないです。というのも、植物の苗は計画的に生産されていて、新しい人気の品種は…特にネットや雑誌で話題になったものは品薄になりがち。どうしても欲しい場合はホームセンターめぐりをするよりネットでさっさと買ってしまった方がいいです。
●ブランド苗はガーデニングのベテランの人ほどよく利用します。少ない手間でたくさんの花が咲くからです。

古い苗はやめとく
ホームセンターには古い傷んだ苗が値引きされていますよね。ペチュニアは精力旺盛で植え替えればすぐに復活します。しかしカリブラコアはなかなか復活しない(ペチュニアほどはね)。復活はするが時間がかかる。なのでカリブラコアはとにかく新しい株を買ったほうがいい。
●もちろん覚悟の上であればいいですよ。

挿し芽

挿し芽
この項目の修正・提案をする
カリブラコアの芽を10センチほど切って、それを用土に挿していると、発根して株を増やすことが出来ます。梅雨や夏の水切れで枯れてしまうカリブラコアの保険のためにする人も居ますが、お得なのは、4月5月の早い時期にブランド苗を買って、早めに挿し芽にしてしまいます。これでこのブランド苗を大量にコピー出来ます。5月までにしてしまえば、夏までに間に合います。

詳細は以下のリンクを。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
日当たりで育てる
日光を好みますので、日当たりのいい場所で管理してください。日光が不足すると花が減るので、とにかく日当たり。半日陰でも枯れるわけではないし多少は開花もするが十分なものではない。夏の直射日光にも負けない(葉焼けはしない)が、鉢が小さいと高温の乾燥でしおれる。鉢はとにかく大きいものを使うようにする。
●カリブラコアは刈り込むと復活が遅い(ペチュニアに比べるとね)。その刈り込んで弱った状態の時に真夏の直射日光に当てると、そのまま枯れることがある。普通に繁茂しているなら夏の直射日光に枯れることはないです(鉢が十分に大きければ)。
●日光が当たらない葉っぱは黄色くなってしまう。剪定して内部まで日光を入れることで避けられる。

蒸れに弱い。
カリブラコアはペチュニアに比べると若干多湿に弱く、梅雨の長雨にさらされると腐って枯れることがあります。梅雨の時期は軒下など雨が当たらない場所で管理することが好ましいです。
●ムレに弱いので、よく梅雨前に刈り込みますが、ペチュニアに比べると生育が遅く、刈り込んで葉っぱを減らすと株が弱ります。さらにカリブラコアは刈り込みからの復活も遅い。刈り込みのタイミングが悪いと開花の最盛期を逃すこともある。初心者さんはカリブラコアの前にペチュニアをどうぞ。

暑さ
カリブラコアは暑さには強いので、夏の暑さで枯れることは本来はないのですが、近年の温暖化で35度以上あたりから弱り始め、夏の猛暑で枯れることがあります。あまりに弱るようならば室内に取り込むことを検討します。

冬越し

冬越し
この項目の修正・提案をする
越冬も可能
霜に当たると変色して汚くなりますが、越冬も可能です。越冬出来ると翌春以降もまたカリブラコアの花が咲きます。ただし連作障害を起こすので、年々小さくなります。冬越しはガーデナーなら挑戦してしまうこと。でも、ずっとはしない。毎年買うのが普通。
●カリブラコアは越冬させる!というよりは、気がついたらしてた…って感じです。秋以降に霜に当たらない場所において、完全には乾燥しないように思いついたら水をやるようにしていると、春になって葉っぱが出てきた!って感じ。ダメ元でやってみる。
●越冬させても、連作障害で年々小さくなる。2年目か3年目でなんとなく消えてしまう。半年に一回のペースで土を入れ替えるように植え替えをすることで連作障害を緩和できるが、そこまでする意味はほとんどない。なので越冬は無理して挑戦するほどのことではない。
●それでもガーデナーは挑戦するのだけど。

春になったら植え替える。用土は上記のもの。植え替える時に、地上部を刈り込んで根の負担を減らしておくとよい。

剪定・摘芯

剪定・摘芯
この項目の修正・提案をする
摘芯(ピンチ)
ある程度伸びてきたら、ツルの先を切ると、脇芽が出て株が大きく育ちます。これを摘芯と言います。摘芯は株を大きくして花を増やすためにはやったほうがいい。でも、ペチュニアほどは摘芯に強くなく、ガッツリ刈り込むと復活するまで時間がかかる。摘芯は30cmの鉢に植えて、はみ出すくらいになってからでもいい。ヒョロっと出たのを切る程度でもいい。それにカリブラコアは摘芯して脇芽が出ても、ペチュニアほど効果が感じられない(そこまで増えない)。摘芯(ピンチ)しなくても枝分かれする品種改良されたものを買って植えるのがベター。
●強い切り戻し・強い摘芯をすると弱ってしまうことも。これは葉っぱが減り、光合成しづらくなるため。そういうときはしばらく様子を見る。それで枯れるってことはない。ただし回復まで時間がかかる。
●摘芯(ピンチ)は一切しないでもいい!って人もいる。その程度のこと。
●ガッツリ刈り込まないようにしたほうがいい。梅雨に蒸れるようならば葉っぱをむしって多少、切り戻す程度にする。
●日光が当たらない葉っぱは黄色くなってしまう。剪定して内部まで日光を入れることで避けられるが、まぁ、気にしないでも。

ハゲる

この項目の修正・提案をする
ハゲやすい
カリブラコアはツル性で、グイグイ伸びるので、どうしても株元がハゲます。カッパハゲみたいになります。なのでツルが伸びたら剪定することで、ハゲを予防します。しかし、カリブラコアは回復しづらいので、強い剪定(一気に株を半分に切り戻す)をするのではなく、伸びたツルを剪定する程度にします。
●品種によっては剪定しなくても、よく脇芽が出て、コンモリ仕上がります。よって最初の品種選びが大事。

この項目の修正・提案をする
花ガラを摘む??
花がしぼんだ後の花ガラを小まめに摘むと、次の花が咲きやすくなります。花ガラを放置しておくと種をつくることに栄養が回り、花つきが悪くなるためです。ただしカリブラコアは花が終わったら勝手に落ちて、花ガラ摘みは不要というか、さほどしなくてもいい品種が多い。気になるなら「やる」程度。それでもやらないよりやったほうがいい。
●カリブラコアのペチュニアより優れているポイントの一つが「花ガラ不要」ってとこ。花ガラを摘むのであればペチュニアの大輪品種でもいい。

病害虫

この項目の修正・提案をする
ペチュニアはベトベトしています。そのベトベトで害虫避けをしているのですが、カリブラコアはベトベトがないので、害虫が比較的発生しやすい。まー、比較的ですよ。他の植物に比べれば害虫にはかなり強い方。
ハダニ
ハダニはよく発生する害虫。非常に小さく肉眼ではほとんど分からない。発生すると葉っぱの裏から葉っぱの汁を吸い、葉っぱが白くカスリがかかったようになる。紙の上で葉っぱを叩いて落とすと何かが落ちてきて、それが動いていたらハダニ。雨が当たらないように軒下などでしていると乾燥してハダニが発生しやすいです。ハダニは蜘蛛の仲間なので白い糸を吐きます。白い糸がカリブラコアに絡みついていたらハダニが発生しています。ハダニが見られたら薬剤を散布します。薬剤を散布すると株が弱ってそのまま枯れることもありますが、放置していれば間違いなく枯れるので、薬剤は散布しましょう。

アブラムシ
アブラムシは植物の汁を吸い上げる虫。特に柔らかい新芽やツボミを狙うために、カリブラコアの生育がおかしくなる。一匹でもいれば単為生殖(クローン)でガンガン増えるので発見次第、対処する。少ない場合は水やりのときに吹き飛ばせばいいし、指で取り除いて潰してもいい。あまりに多い場合はカリブラコアに対応している薬剤を散布する。アブラムシは薬剤耐性がつきやすいので、薬剤は三種をローテーションで散布するといい。前もってオルトランを株元にやってもいいです。

うどんこ病
ウドンコ病は白い粉を拭く病気。見た目が悪くなるし、生育が悪くなる。原因はカビ。菌はそこいらへんに潜んでいるものなので、どうにもならない。一番の予防法はカリブラコアを「健康」に保つこと。健康でさえいれば、発生しても治る。カリブラコアが弱ると発生しやすい。特に日光不足に成りやすい梅雨時期に雨の当たらない場所においていると発生しやすい。
発生したら、薬剤を散布する。対応するスプレーを散布すればどうにかなるが、放置していると悪化して枯れることもある。病気のところが多い場合は、切除して焼却する。

エカキムシ
エカキムシは通称。ハモグリバエの幼虫。ハモグリバエは葉っぱに卵を産み付け、葉っぱの中を食い荒らす。食べた後が白い線となって残って「芸術作品」なんて皮肉を言う人もいる。白い線の先には幼虫が居て、指で潰せばいい。エカキムシも被害が多いと枯れたり、生育不良を起こすので、早めに薬剤を散布したほうがいい。個人的には放置でもいいと思う(そこまでじゃないので)。

ウィルス病
花や葉っぱにモザイク状の模様や変化が現れる。モザイク病とも呼ばれる。原因はウィルスで有効な薬剤はなく、ハダニ・アブラムシによって他の株にも伝染する。剪定のときに同じハサミを消毒せずに利用していても、感染する。感染がわかったら、株のすべてを廃棄する。感染した株の一部をそこいらへんに置いておかない。

病害虫と対応の農薬
アブラムシ→ サンヨール液剤AL・モスビラン液剤
ハダニ→ サンヨール液剤AL
うどんこ病→ サンヨール液剤AL

開花しない原因・枯れる原因まとめ

この項目の修正・提案をする
開花しない原因候補
●肥料切れ。
●夏の高温によって花が止まった。
●連作障害(越冬した株は年々、弱っていく。二年目の株でも開花はどうしても昨年よりは鈍い)。
●根詰まり。
●病気。
●種苗会社の標本のようには開花しない(しにくい)ですよ。

枯れる原因
●日光不足で葉っぱが黄色くなる。管理場所の見直し。
●株には日光があたっていても、葉っぱが折り重なって日光が当たらない内部の葉っぱは黄色くなりやすい。これは生理現象なのでしょうがない。ただしマグネシウム不足になると下葉から枯れる。マグネシウムは葉緑素の材料で、不足するとツルの先の方は青いのに株元はスカスカになる。苦土石灰をやることで解消できる。苦土石灰の苦土はマグネシウムのこと。
●梅雨や秋の長雨のムレ。傷んだ葉っぱをむしり、風通しの良いところに移動させる。
●水のやりすぎ。4月5月はまだカリブラコアは生育が鈍く、根腐れを起こすし、梅雨の時期も根詰まりしやすい。
●水切れ。水切れで枯れることはある。
●ハダニ…ハダニで枯れることは充分ある。薬剤を散布する。
●アブラムシ…新芽をダメにするし、ウィルス病もうつす。
●ウィルス病…葉っぱや花にモザイク状の模様が出て、徐々に枯れます。治療方法はなく、他の株にも伝染するので早く廃棄する。
●うどんこ病…白い粉が拭く。株が弱る。薬剤を散布すればどうにかなります。

弱る原因
●連作障害。
●強い剪定をした。
●各、病気・害虫。
●日光不足。
●ムレ。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
ペチュニアの小輪タイプと考えてください。以前は夏の暑さに弱かったのですが、品種改良の結果、ガーデニングの主役級にまで上り詰めています。

暖地だと、翌年も咲きます。夏の暑さや冬の寒さにやられて小さくなり、葉っぱが汚くなるのですが、翌年もワンワンと咲いてくれます。霜に当たらないことが条件ですが、この旺盛な花が翌年も咲くのは嬉しい限りです。ただし連作障害を起こすので植えっぱなしだと段々と元気がなくなります。

最近はカリブラコアとペチュニアの交雑品種の「カリチュニア」というものもあります。ネーミングをもう少しひねればいいのに。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「カリブラコア」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用