ティフォシーの育て方

MENU
TOP>ナス科>ティフォシー
スポンサードリンク

ティフォシー(カリブラコア)

nophoto
科名ナス科
別名カリブラコア
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

カリブラコア園芸品種の一つで、育て方はカリブラコアを参考にしてください。カリブラコア同様に春から夏に植えて花を楽しみ、その後は冬を越すことも可能で、毎年旺盛に花を咲かせます。ただし、カリブラコアは連作障害を起こしますので、毎年咲くといっても、年々株が弱っていきます。そこで、春から秋の間に挿木をして株を更新しておくと良いです。

摘芯切り戻し
カリブラコアの花は花の開花量に波があります。ひと段落ついたところで、三分の一ほど刈り込むと、脇芽が出て、株が大きくなり、花の量が増えます。これをするかしないかで花の量が全く違います。

梅雨前に刈り込み
梅雨の多湿で、枯れこんでしまいます。枯れた葉っぱをむしり、半分ほど刈り込んでしまいます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水切れに気を付けて
カリブラコアティフォシーが春から秋の間に枯れるとしたら水切れ以外にはありません。水やりは土が乾いてから。

肥料を必ず
花と野菜の土(培養土)やペチュニアサフィニアの専用土の中には最初から肥料が入っていますが、カリブラコアティフォシーは非常によく咲くので、それだけでは不足します。開花時期は必ず液肥を一週間に一回やってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土(培養土)で植え付けるか、赤玉土6腐葉土4を混ぜたものを使うか、ペチュニア・カリブラコアの専用土で植え付けをします。

霜が降りなくなってから
植え付けは霜が降りなくなってから。あまり地域によっては3月下旬でもまだ霜が降ります。霜に当たると枯れてしまいます。

連作障害を起こします
昨年ナス科(ペチュニア・サフィニア・トマトなど)の植物を植えた場所には植えないでください。枯れないまでも病気になりやすくなったり、生育不良を起こしてしまいます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

とにかく日当たりで
日当たりで管理します。日光が不足すると花がつかなくなります。

特徴・由来・伝承


カリブラコアの園芸品種。育て方はカリブラコアを参考にしてください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用