園芸品種

MENU
TOP>ガーデニング知識(上級編)>園芸品種
スポンサードリンク

園芸品種とは


サイトでは●●の園芸品種という書き方をします。園芸品種というのは、特定の植物を交配したり選抜するなどして人が作り出した品種のことです。栽培品種と同じ意味で使われます。
品種について
●●科●●属と書いたとき、科→属とより細かい分類になるというのは分かると思います。品種というのはこの「属」の下の「種」の更に下の区分けに当たります。
科→属→種→品種
観葉植物イポメアの学名は「Ipomoea nil」です。Ipomoeaというのが「科・属」を表しています。「イポメア」の日本語名は「サツマイモ属」です。イポメアとサツマイモは同じ属の植物なんです。この二つの違いを表すのが「nil」の部分です。これが「種」に当たります。品種はこの下位……つまり、色とりどりの花についた品種名がここにあたります。ちなみに属名には必ず他の属名と重ならない名前が付きますが、種名には重なるものがあります。例えばデルフィニウムシネンセスとプリムラシネンセスなど。

園芸品種の例

例1 ガーデンシクラメン
交配選別を繰り返すことで独特の形質、有用な性質を人工的に作り出した園芸品種の例としては、ガーデンシクラメンがあります。ガーデンシクラメンは日本の農家が寒さに強いシクラメンを選別して交配して種子を作り、育てて寒さに強い株同士を交配……という作業を繰り返すことで、寒さに強いシクラメンを生み出した結果です。
シクラメンは球根で栄養繁殖することが出来ます。栄養繁殖はクローンですから性質は親球根と全く同じ――寒さに強いわけです。
例2 ペチュニアカリブラコア
サントリーがペチュニアから作り出した園芸品種がサフィニアです。サフィニアは1989年に登場、春から夏のガーデニングを変えたと言って差し支えの無い存在です。ペチュニアと近縁種カリブラコアの改良が進み、サフィニアの優位性はもう薄いですが、まだまだ根強い人気があります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

園芸品種の日記

ガーデニング知識(上級編)の仲間


ガーデニング知識(上級編)の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用