ガーデンシクラメンの育て方

MENU
使い方 TOP

ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメン
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名サクラソウ科
属名シクラメン属
学名Cyclamen
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
まとめ
●ガーデンシクラメンは霜に当たっても枯れない小型のシクラメン。
●霜に当たっても枯れない。ただしマイナス5度くらいの強い寒波に当たると枯れる。
●育て方は他の通常のシクラメンと同じ。
●通常のシクラメンより小さい。大株にはならない。
●来年も咲かせる場合は梅雨前に掘り上げて、9月に植え替える。
球根上部に日光が当たらないとツボミが出ないので葉組みをする。
●花が終わって気温が上がると休眠に入り、葉っぱが黄色くなって地上部がなくなり球根だけになる。


霜にも枯れないシクラメン
ガーデンシクラメンは日本の農家が寒さに強い系統を選抜、交配し開発した品種です。通常のシクラメンは霜に当たると、一発でダメですが、ガーデンシクラメンは弱るものの枯れるわけではありません。お庭に露地植えするのに向いています。
寄せ植えにも
背丈の低い花なので、何かの足元に植えることが多く、実際に霜がモロに当たることは少ないです。冬の庭を賑やかにしてくれる初心者向きの花です。寄せ植えにも適していて、冬のガーデニング植物と共に寄せ植えにして楽しむこともできます。
●ただし、ガーデンシクラメンは他の植物より水をよく求めるので、水やり管理が難しく寄せ植えはオススメしない。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
土の表面が乾いたら水をたっぷりやってください
水遣りは土が乾いていたら、です。比較的乾燥に強く、水をやりすぎると腐ってしまいます。冬はできれば午前中にします。夕方に水をやってしまうと明け方までに凍り、根を傷めてしまいます。
●春以降も土が乾いていたら水をやります。
●球根の植物は基本的に過湿に弱いです。

夏は休眠する
ガーデンシクラメンは夏は暑さで休眠します。水を吸い上げる力はありません。夏は一週間に一度くらいに、ざっと掛けてやってください。水をやりすぎると球根が傷みます。
肥料
肥料が無くても問題無く育ちます。来年も植えるのならば、生育する時期(10月から3月)に薄い液肥を二週に一回程度やってください。
●10月から3月に肥料をやるのは来年の花芽をつけるために球根を太らせるため。春に掘り出して廃棄するのであれば肥料は不要。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
用土
市販されている培養土で、庭に植え付けします。もちろん鉢植えでもいいです。土を自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜて利用します。植え付けるときは球根が傷つかないようにしてください。球根に傷が付くとそこから病気になります。

暑さに弱い
植え付けは気温が下がってから。ガーデンシクラメンは暑い時期、休眠しますので、気温が高いと植えても新しい葉っぱは出ません。9月あたりから店頭に並びますが、あまり気温が高いと植えても葉っぱが黄色くなってしまいます。よく9月に購入して植える人がいますが、枯れることがあるので9月に買ったとしても10月中旬以降にしておきましょう。
●高温と湿気で球根が腐ることがあるので最高気温が20度以下になってから植えた方が無難です。
●寒さに強いのですが、霜に当たると株が弱くなります。枯れる訳ではありませんが、管理する場所は、霜がバリバリと当たるよりは、軒下が好ましいです。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
霜には枯れないのですが
冬の間は日の当たる場所へ。霜に当たっても枯れませんがマイナス5度~マイナス10度くらいになると枯れてしまいます。強い寒波に注意。霜に当たっても枯れないのですが、生育が弱ります。できれば霜の当たらない場所で管理するといいです。軒下とか、何かの植物の下とか。
●マイナス5度というのは土が凍る温度です。土が凍って球根が凍るとガーデンシクラメンも枯れます。マイナス5度になれば土は必ず凍るというわけじゃないです。場所によります。寒風が通る場所だと凍りやすいですが、通らない場所だと必ずしも凍るわけじゃないです。

夏越しをするなら…
夏は日陰がベストです。鉢植えだと移動も簡単ですが、ガーデンシクラメンは庭植えすることが多いので、冬に日当たりのいい場所に植えて、夏は放置。秋に葉っぱが見えたらラッキー!という気持ちが気楽です。
●もしくは、地上部が枯れたら、梅雨までに掘り起こし、風通しの良い日陰で管理します。
●その後9月に植え付けすれば、翌年も楽しめますし、株も増えていきます。でも、面倒ですので、一般的にはしません。

雑学

この項目の修正・提案をする
葉一枚につき、花ひとつ
ガーデンシクラメンは葉っぱ一枚につき、花が一つ咲きます。購入する時は葉っぱが多いものを選ぶのがコツですが、まぁあまり気にしないでもいいでしょう。
●ガーデンシクラメンも球根上部に日光が当たらないとツボミが出ない。葉っぱが多いと日光が当たりにくくなりますので、葉っぱが多いなら葉組をする必要があります。葉組み(シクラメン)を参考にしてください。

花がしおれていたら、花を根本から捻じって引っこ抜いてください。ハサミなどで茎を切ると、取り残しが腐って病気の原因になります。

病害虫

この項目の修正・提案をする
アザミウマ(スリップス
小さな虫で葉っぱや花や茎にくっついて汁を吸う。春から秋に発生。一回の産卵で100個ほど産むから、アブラムシほどじゃないがすぐに増える。枯れることもあるので、早めに駆除する。ベニカ水溶剤などが効くが耐性がつきやすい。専用の薬剤が複数ある。アザミウマがウィルスをもっているとガーデンシクラメンがウィルス病に感染するので、駆除しないとダメ。
アブラムシ
小さな虫で、葉っぱや茎にくっついて汁を吸う。冬以外に発生。新芽の先の柔らかいところを好み、汁を吸われるとシクラメンの新芽が生育不良を起こしてしまう(そのまましぼむ)。早めに駆除しないと爆発的に増える。二、三種類の薬剤をローテーションで散布して駆除すると耐性が着く前に駆除できる。光るものを嫌うので、周囲にアルミ箔を置くと予防できるが、見た目がアレなのでやらない人が多数派。
汁を吸ったついでにウィルス病に感染させることがある。
ヨトウムシ
夜中に現れて、葉っぱやツボミを食べる芋虫。蛾の幼虫。昼間には出会わないために、いつのまにかガーデンシクラメンが丸坊主になっていることがある。黒い糞が落ちていたらヨトウムシを疑う。夕方以降に待機していると現れるので、割り箸などで摘んで駆除するというのもあり。秋と春に発生するので、3月と8月に前もって薬剤を散布しておくとよいが、8月の葉っぱが一枚もない状態で散布するのはモチベーションが湧かず、なかなかやらない。
ウィルス病
ウィルスが原因の病気で、ウィルスを持ったアブラムシなどが汁を吸うことで感染する。感染すると葉っぱが縮れたり、葉っぱが「非対称」に育ったり、花に変な模様が入ります。モザイク病とも言うんですが、他の植物のように「モザイク」っぽい模様が出ません。なんかよくわからないけど元気のない株があったら、掘り出して廃棄します。鉢植えなら隔離します。薬剤でも治療はできず、いずれは枯れてしまう上に、他の株(ガーデンシクラメン・シクラメンだけでなく他の植物も)にも感染するので、とにかくすぐに廃棄する。
病害虫と対応の農薬
萎ちょう病→ベンレート水和剤
はいかび病→トップジンM水和剤

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
葉っぱが小さく、花も小さいシクラメン。寒さに非常に強く、霜に当たっても枯れないです。ビオラに飽きた人は一度は挑戦します。育てるのは簡単です。

シクラメンを小さく仕立てた「ミニシクラメン」が流通しています。ミニシクラメンとガーデンシクラメンは違うもので、ミニシクラメンは霜に当たると枯れます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「ガーデンシクラメン」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

サクラソウ科の仲間


サクラソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用