ミニとガーデンとの違い(シクラメン)

MENU
TOP>シクラメンの管理>シクラメンとガーデンシクラメンとミニシクラメンの違い
スポンサードリンク

シクラメンとガーデンシクラメンとミニシクラメンの違い


まとめ
シクラメンは大きくて、霜に当たると枯れる。花がよく咲く。
ガーデンシクラメンは小さくて霜に当たっても枯れない。花はチョロチョロ。
●ミニシクラメンはシクラメンを小さく仕立てただけで、霜に当たると枯れる。花は良く咲く方。

シクラメンとガーデンシクラメンとミニシクラメン

シクラメン
シクラメンは冬の女王といわれる花鉢の定番。価格は1000くらいから5000円以上のものありますが、おすすめは3000円前後。2000円と3000円では見た目に違いが無いように思えますが、葉っぱの数と花の数がぜんぜん違います。このバランスがもっともよいのが3000円です。あくまで花屋の一般論で。

ガーデンシクラメン
シクラメンの寒さに強いものを交配して作った品種。霜にあたってもかれませんので冬のガーデニングの定番。ただしマイナス5度以下になると枯れます。

ミニシクラメン
シクラメンを小さく仕立てたもので、見た目がガーデンシクラメンと同じなのですが、霜に当たると枯れます。
スポンサードリンク

シクラメン>ガーデン≠ミニ

シクラメンは大株ですから、一目で分かりますが、ガーデンとミニは見た目には一緒。タグがあって、それを見て「あぁガーデンだな」と分かる程度。

ガーデンのタグが無いならミニと思うべき
ガーデンシクラメンは、その名がいわばブランドのようなもの。霜に当たっても枯れないことが、メリットであり、主張したい点です。農家はガーデンには必ずガーデンシクラメンのタグをつけます。つまりタグが無ければ「霜に当たったら枯れる」と考えましょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シクラメンの管理の仲間


シクラメンの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用