7月のシクラメンの管理・手入れ

MENU
TOP>シクラメンの管理>7月のシクラメンの管理・手入れ
スポンサードリンク

7月のシクラメンの管理・手入れ

7月の上旬はまだ梅雨です。6月と同じように雨に当たらないように管理してください。梅雨が終わると、あとは「休眠させて夏越し」の場合は、一切水をやらずに風通しのよいところで管理。「栽培を継続して夏越し」の場合は、水をほどほどにやって、多少は日に当てて、雨には当てないようにして管理します。
まとめ
●7月上旬はまだ梅雨なので、雨に当たらないように。
●これまでやっていることと同じで、新しい作業はない。

休眠させて夏越しする方法
シクラメンの休眠のやり方
●休眠させた方が夏越しの成功の確率が高い。成功率は半々。

栽培を継続させて夏越しする方法
シクラメンの夏越し、来年も咲かせるコツ
●栽培を継続すると夏の間も多少なりとも生育するので、開花期に花が多くなりやすい。

水やりと肥料

休眠させる場合
水はやりません。水をやると腐ります。肥料もやりません。
栽培を継続させる場合
土が乾いていたら水をやります。土が乾いてから数日経って水をやる程度にします。気温が高い時期は生育が鈍くなっていて、水を吸い上げる力が落ちていますから、水はほどほどに。水が不足すると葉っぱが黄色くなって落ちます、水をやりすぎると球根が腐ります。
球根が腐るとダメになっちゃいますが、葉っぱが黄色くなって落ちるのは枯れるわけではないので、まだ水切れの方がマシです。当然、丁度よく夏越しした方がいいですよ。
栽培を継続する場合の肥料
一ヶ月に一回程度、液体肥料をやります。たくさんやると球根が腐りやすいですので気をつけてください。肥料をやることで、夏でも多少なりとも株が成長して、冬に開花が増えますから、肥料はちゃんとやりましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えはしません。
植え替えは8月下旬から9月下旬にやりますので、準備はしておくといいかも。

管理場所・日当たり

休眠させる場合は風通しがよいところ
休眠させている場合は、日光は当てなくていいですが、とにかく風通しがよいことが大事です。なんなら掘り上げてもいいです。
栽培を継続する場合は半日陰
栽培を継続する場合は、日に当てて肥料をやって水をやらないといけません。日差しが強いと葉焼けをしますので、ヨシズやカーテンなどで遮光します。戸外ならとにかく風通しのよいところ。
室内で管理する場合は、冷房の風に注意してください。冷房の風は乾燥していて、直接当たると葉っぱがカリカリになります。直接当たっていなければ大丈夫なので、避けましょう。

その他

栽培を継続する場合は、葉っぱが出ていますので、葉や花が萎れたら指でつまんで捻って、取り除いてください。ハサミで切らないでください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シクラメンの管理の仲間


シクラメンの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用