8月は休眠から植え替えへ(シクラメン)

MENU
TOP>シクラメンの管理>8月のシクラメンの管理・手入れ
スポンサードリンク

栽培の特徴

8月は気温が1年で最も高い時期で、シクラメンには厳しい時期ではあるんですが、栽培する立場としては一番厳しいのは梅雨(6月7月)ですから、すでに山は超えています。あとは涼しくなるのを待つばかり。この時点で夏越えが出来たのならば、現在の管理を続けていけばいいです。
まとめ
●8月まで生き残っていたらもう大丈夫。
●一番の問題は梅雨ですから。
●管理方法はこれまでと同様。
●8月下旬から植え替えも可能。でも無理に植え替えない。

水やりと肥料

休眠させる場合
休眠させている場合は、水はやりません。もしも下旬に植え替えをした場合は、水やりを少しづつですが再開します。少しづつというのは頻度です。水をやるときは鉢底から水が出てくるくらいにしっかりとやり、その後は土が乾くまで水をやらないようにしてください。受け皿の水は捨ててください。
栽培を継続させる場合
今まで通り、水やりをします。土が乾いてから数日経って水をやります。受け皿に水が溜まっていたら水を捨てます。水が腐って病気の元になりますので。
肥料
栽培を継続させる場合は、生育を継続しているので肥料をやってください。二週間に一回液体肥料をやります。

植え付け・植えかえ・種蒔き


8月下旬…8月25日以降あたりから植え替えが可能です。無理に8月に植え替えをする必要はありません。夏は気温が高いので、作業すると熱射病になりかねませんから、無理に植え替えをするくらいなら9月に涼しくなってから植え替えをしましょう。
球根に触って見てブヨブヨしていたら腐ってます。腐っていたら今年はダメです。
●カチカチならば大丈夫。

植え替えは以下を参考に

植え替えを簡単に説明
球根が三分の一ほど埋まるように植えます。普通の鉢ならば、鉢底には軽石を入れ、水はけを良くします。底面給水の鉢の場合は、用土だけで植えつけて、不識布が鉢底から伸びるようにします。不識布を伝って水が登ってくるので、ちゃんとしましょう。不識布が切れている場合は、ペーパータオルやキッチンタオルで代用します。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

風通しの良いところで
風通しの良い場所が基本。
休眠させた場合は、とにかく風通しが良い場所。日陰でいいです。

栽培を続けた場合は、半日陰か、遮光した場所で管理。また蒸れない風通しをよい場所で管理してください。

その他

もうここまで来たら腐ることもないです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シクラメンの管理の仲間


シクラメンの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用