シクラメンが枯れた…葉が黄色くなったら

TOP >サクラソウ科>シクラメン>シクラメンの管理>>管理

目次

  1. シクラメンの葉っぱが黄色くなる理由
  2. 葉の黄変の原因
  3. それ本当に枯れてますか?
  4. 最後に
  5. SNSボタン・関連記事

シクラメンの葉っぱが黄色くなる理由

シクラメンの葉っぱが黄色くなる理由
文章の修正お歳暮に出回り、「春まで咲く」ということで人気のあるシクラメンですが、意外と枯らせる人が多いです。一番多いのが「暑さ」…実は人が生活するくらいの気温(15度以上)に置いているとすぐにグッタリとします。そのくせ霜に当たっても枯れる。面倒だなぁ、と思いますが、しかし、この条件さえクリアすれば、底面給水で水やりも楽、開花期間も長いといいことづくめ。人気があるのも納得です。
ここではシクラメンが枯れたり、葉っぱが黄色くなる原因と対処法をまとめています。
まとめ
●日光不足で葉っぱが黄色くなる。
●日光不足で黄色くなるのは、室内で管理していて、鑑賞する上ではある程度、しょうがないこと。日に当てれば復活する。
●気温(室温)が高い(20度以上だとしなびる)。
●寒すぎる(5度以下になると球根が枯死する)。
肥料不足。
●購入した鉢も一ヶ月か二ヶ月後には肥料が切れるので追肥が必要です。
●5月以降は自然と葉っぱが減る。その時、葉っぱが黄色くなる。シクラメンは気温が高くなると休眠しようとする。そのための健康的反応なので問題ない。夏越しを検討する。
スポンサーリンク

葉の黄変の原因

原因候補:日光不足

文章の修正日光不足はもう仕方が無い
冬に購入したシクラメンを管理する上で大事なのは「温度」です。気温が20度以上にならないようにすることです。人が生活する…暖房が効いている場所では、暑すぎてグッタリします。また、5度以下でも枯れます。霜に当たったら一発で枯れます。10度前後の場所を探して管理すれば長く楽しめます。それでいて日当たりがいいと完璧ですが、そんな都合のいい場所がある家はむしろ少数派。

シクラメンを楽しむにはまずは気温、次に日光。この優先順位は崩れません。となると長く管理しているとどうしても「日光不足」に陥ります。となると、徐々に葉っぱが黄色くなってくるのは必然です。この回復方法は日光に当てることしかありません。逆に言えば、日に当てれば済むことです。

一般に、花がたくさん咲いている間は、人が通る涼しい場所…玄関とか廊下とかで、鑑賞します。鑑賞しないと勿体ないですからね。どんなに元気に咲いても目にしないと損です。それで日光不足で花が少なくなってきたら、日当たりに移動させる。
解決方法
理想は室温が10度から15度の日の当たる場所で管理すること。花が咲いていないなら、人が通らない場所で管理してもいいでしょう?となると選択肢はあるはずです。5度以下にならないなら戸外でも構いません。

原因候補:20度以上の室温

文章の修正20度以上、5度以下でぐったりとします。15度を超えると黄色信号。
シクラメンは雨季と乾季のある地域の植物で、涼しくて雨の多い時期…雨季に開花するものです。そして乾季になると休眠します。よって20度を超えると球根は「眠ろう」とします。休眠する際に黄変して落葉します。

では、涼しい方がいいかというと、シクラメンが自生する地域の雨季が寒いといっても、氷点下になることはありません。5度以下になると球根が寒さで枯死します。
解決方法
5度〜15度の涼しいところに移動させる。

原因候補:肥料不足

文章の修正土が古くなったり、肥料が不足しても、元気がなくなります。購入直後の土には十分な肥料がありますが、それも二ヶ月もすれば肥料が不足しだして、肥料が不足すると葉っぱが黄色くなり、また開花も鈍くなります。二ヶ月経ったら、肥料を追加してあげてください。
解決方法
液体肥料を週に一回やる。液体肥料は即効性があり、固形肥料は効きが遅いので、液体肥料をやる。肥料は効き目が目に見えるまで時間がかかるので、効果を感じたら控えるようにする。肥料が多いと今度は球根が傷みやすくなるので注意する。

原因候補:萎凋病(フザリウム)

文章の修正萎凋病でも黄変します。フザリウムという菌に感染すると、維管束が詰まって葉っぱや花茎がしおれ、黄変することがあります。感染したものは消毒を繰り返していると回復することもありますが、大体は夏までに球根が腐ってしまい、廃棄することになります。他の植物にも感染するので、隔離するか、廃棄を早めにした方がよいです。

原因候補:ウィルス病

文章の修正ウィルス病に感染すると葉っぱに妙な模様が出て、徐々に弱って枯れます。感染しても即枯れないのがまた厄介。また、治療が不可能で、簡単に他の株に感染するので、廃棄するしかありません。
他の植物のウィルス病は別名「モザイク病」と呼ばれるように特徴的な模様が出るのですがシクラメンには出て来ず、よくわからないうちに弱っていきます。

アブラムシスリップスハダニといった害虫が他の植物から運んでくるし、他の植物にも感染させます。また、ハサミの使い回しなどでも感染する。とにかく疑わしいものは廃棄するのがいい。

それ本当に枯れてますか?

文章の修正シクラメンは気温の高い時期は葉っぱを落として休眠状態で過ごします。なので特に問題がなくても、気温が上昇して休眠時期になると、葉っぱは黄色くなって落ちていきます。5月以降は徐々に休眠します。その頃には葉っぱも少なくなるので、これは生理現象です。

夏越しに関しては以下を参考に。
シクラメンの休眠させない夏越し(ウェット法)
シクラメンの管理
シクラメンを休眠させる夏越し(ドライ法)
シクラメンの管理

最後に

文章の修正シクラメンは冬を彩る花として長く愛され、これからも重宝されると思われます。でも、ちょっと管理が繊細なんですよね。他にも栽培のコツはありますので、シクラメン栽培の概要は
シクラメン
サクラソウ科シクラメン属Cyclamen
を参考に。
また、その他のトラブルに関しては
シクラメン栽培のトラブルと対処法
シクラメンの管理
シクラメンがしおれたら
シクラメンの管理
シクラメンの球根の管理方法…球根は腐りやすいです。
シクラメンの管理
を参考に。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

11月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
シクラメンとガーデンシクラメンとミニシクラメンの違い
シクラメンの管理
ガーデンシクラメン
サクラソウ科シクラメン属
シクラメンの置き場所について
シクラメンの管理
葉組み(シクラメン)
シクラメンの管理
12月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
シクラメンの用土の配合についてまとめ
シクラメンの管理
寒冷地(北海道や東北)でのシクラメンの育て方
シクラメンの管理
シクラメンの植え替え
シクラメンの管理
10月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
スポンサーリンク