シクラメンの球根の管理方法…球根は腐りやすいです。

MENU
TOP>シクラメンの管理>シクラメンの球根の管理方法…球根は腐りやすいです。
スポンサードリンク

栽培の特徴

まとめ
シクラメン球根は過湿に弱い
●水をやるときは球根に掛からないようにする。上からジャバーっと掛けてはいけない。
●ところが冬は水を欲しがる。水をやるときは底面給水が便利。底面給水ではないときは鉢の縁で水をやるようにする。
夏越しさせる方法は2種類あります。一つは休眠する方法。もう一つは休眠しない方法。休眠する方が初心者向き。どちらにもメリット・デメリットがある。
●来年咲かせるためには、無理やり休眠させることも考える。
●夏は鉢に植えたままで普通は掘り起こさない。

参考
休眠させない夏越しは
シクラメンの夏越し、来年も咲かせるコツ」を参考に
休眠させる夏越しは
シクラメンの休眠のやり方」を参考に。
スポンサードリンク

シクラメンの水やりに注意


シクラメンは球根というか根茎(コンカイ)の植物です。ここに栄養を貯め、休眠期にあたる乾季…日本では夏を越します。球根植物は栄養を貯めこみ、水を貯めこむ性質があるので、基本的に乾燥に強く、過湿に弱いものです(全部じゃないですよ)。
球根に水が掛からないように
シクラメンも同じく過湿に弱く、水やりの際に球根に上部に水が掛かっていると、腐りやすくなります。一回水を掛けたくらいでは枯れませんが、毎回球根に水を掛けていると腐りやすくなります。水やりは首の長いジョウロで土に注ぐようにしてください。もしくは底面吸水で水をやってください。これは夏の管理だけではなく、冬も同様です。
●球根の一番上部分は水がたまりやすいです。ここに冬場に水がたまると腐ってしまいます。水は底面給水がある場合は、そこへ。ない場合は鉢の縁に水を注ぐようにします。
●冬場のシクラメンは他の冬の植物に比べると明らかに水分を好んでいます。むしろ冬は水切れしやすいです。そこで冬に出回るシクラメンは底面給水で水を供給するようになっています。
●底面給水は鉢の底に水をためる部分があり、そこに水が切れないように貯めておくことで水切れを防ぎます。
スポンサードリンク

シクラメンの球根の休眠について


シクラメンは雨季と乾季のある地域の植物で、日本では夏になると休眠します。日本の夏が「乾季」にあたるわけです。
●雨季が日本の「冬」にあたる。シクラメンが冬場の植物としては水を欲するのはそういうことです。逆に乾季は休眠しますし、休眠しなくても葉っぱが少なくなり活動・発育が非常に鈍くなるので水やりは控えることになります。

参考
シクラメンの球根が休眠する様子
http://www.toida.co.jp/kyumin/
シクラメンの球根は暑さに弱い
夏は休眠する。ですが、日本の暑さは「ムシムシ」していて、気温以上に体感では「暑い」もので、自生地の「乾季」とは湿度が違います夏場はエアコンでドライ(除湿)をするだけで涼しく感じますよね。それは植物も同じです。湿度が高いのはシクラメンにとっては辛いです。

そこで夏場は風通しのよい日陰で管理するようにします。葉っぱも無くなっている場合は日光に当てる必要はありません。葉っぱがある場合も直射日光が当たると葉っぱが葉焼けを起こしてしまい、よくありませんし、暑さに株が参ってしまいますから、風通しがよく涼しいところに移動させましょう。
夏の管理方法は以下のリンクを
休眠させない夏越しは
シクラメンの夏越し、来年も咲かせるコツ」を参考に
休眠させる夏越しは
シクラメンの休眠のやり方」を参考に。
スポンサードリンク

強制休眠方法

無理やりに休眠させる
ネットや本では春以降徐々に葉っぱが無くなっていって、休眠するよーと書いてあります。気温の上昇で休眠することはするんですが、何度も書いているように日本の夏は湿度が高いし雨も降るので、意図的に水をやらないようにしないと休眠状態になかなか入らなかったり、中途半端な休眠状態を続けて、腐りやすかったりします。
途中で枯れることもありますし、手間が掛かって面倒なんです。休眠させる方が簡単で初心者向きです。

そこで無理やりに水を絶って休眠させるという手法も。
方法
●4月か5月になったら、水を一切やらないようにします。
●すると地上部が枯れます。無残な光景ですが球根は枯れていません。
●地上部が無くなったら、風通しのよい日陰に移動させます。
●9月まで一切水をやりません。
●9月以降に水をやります。
●芽が出てきます。

詳細はシクラメンの休眠のやり方」を参考に。

ただしデメリットも
本来4月以降も葉っぱを伸ばして、光合成して株を太らせます。これをショートカットしてしまうわけですから、秋以降の花つきは鈍いです(花が咲き始めるのが1月以降と遅い)。そこは諦めます。ただ、休眠させた方が、通常管理よりずっと簡単です。もちろん100%成功するわけでありませんから、大きな気持ちで取り組みましょう。
スポンサードリンク

休眠させない方法

休眠させない場合、春以降も少ないですが葉っぱが残ります。葉っぱが残り、その葉っぱが光合成をして、球根を太らせます。なので秋以降の花の量は増えますし、開花時期も休眠させるパターンよりも早くて、期間も長いです。

ただデメリットもあります。
とにかく管理が面倒です。水をやりますから、風通しが悪いと球根が腐ってしまいやすいです。なのに生育するので「日光」も必要です、明るい日陰か半日陰か、カーテンやヨシズで遮光しては焼けしない程度に抑えます。また肥料をやらなくちゃいけません。
この条件を満たした管理はできる人はできるけど、家の敷地内に必ずしもあるとは限らないですから、できない時はできないですね。やっぱり「休眠させる」方が無難です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シクラメンの管理の仲間


シクラメンの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用