しおれたら……シクラメン編

MENU
TOP>シクラメンの管理>シクラメンがしおれたら
スポンサードリンク

シクラメンがしおれたら


このページのまとめ
●20度以上の部屋だとしおれる。
●0度になるとやっぱりしおれる。
●水が切れるとしおれる。
●霜に当たるとしおれる(霜の場合はほぼ一発で枯れる)。
●うまく乗り越えると五月まで咲く。
●萎れた場合は、水をやって、新聞紙で巻いて、日陰に置いておくと復活する、かもしれない。

シクラメンがしおれる理由について

シクラメンは暑い場所が苦手
シクラメンがしおれる原因はいくつかありますが、一番は暑さ。次に水切れ。シクラメンの適した温度は10度前後。人が生活する15度くらいに暖められた場所ではグッタリとしおれてしまいます。
なのでシクラメンの置き場所は必ず、人が生活するリビングなどの場所ではなく、人にとって寒いくらいの場所にしてください。具体的には玄関や廊下(通路)などです。
でも寒さにも弱い
暑いところが苦手なのですが、冬の強い寒波によって0度以下になるようならば、今度は寒さでしおれてしまいます。つまり霜に当たっても枯れます。日頃は玄関など涼しいところで管理するのですが、寒くなって0度あたりまで下がるようなら、もう少し暖かい場所で管理します。
長期間咲くよい鉢植えなのですが…
丁度良い温度の場所が室内に無い場合は、何度買っても失敗するのです。しかしこれほど長期間咲く花鉢は存在しない!と言い切れます。
スポンサードリンク

水切れに注意

通常、冬は水遣りを控えるものです。気温が低いので水の蒸発が遅く、水を春や夏のようにやると、水が腐ったり根が窒息して枯れてしまうものです。でもシクラメンは冬もしっかりと生育する植物で、水を欲しがります。
底面給水にいつも水を
流通しているシクラメンのほとんどが底面給水という鉢底に水を溜める部分がついているものです。この部分に水が絶えずあるようにしておけば水切れはありません。

対処法


原因が暑さであっても水切れであっても、対処方法は同じです。お花屋さんもやる方法ですからやってみてください。
●たっぷりと水をやる。(底面給水ではなくて、土から水をたっぷりとやる)
●しおれた花の茎を紐で束ねる。
●新聞紙などで、葉っぱごとグルリと巻き上げる。ダレた葉っぱを持ち上げるように。
●この状態で日陰に一日放置。


必ず直るわけではないですが、やってみる価値はあります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シクラメンの管理の仲間


シクラメンの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用