置き場所について(シクラメン)

TOP > サクラソウ科 > シクラメン > シクラメンの管理 > 更新日

シクラメンは暑さにも寒さにも弱い

シクラメンは暑さにも寒さにも弱い
文章の修正冬の適した気温は15度以下、5度以上。理想では10度前後。20度以上の場所では暑さでしなびてしまいます。
人が生活する場所では20度前後になり、シクラメンには暖かすぎて駄目。リビングではなく、別の場所になります。例えば玄関とか廊下とか。ちなみに5度以下というのは霜が降りる温度。霜に当たればシクラメンは一発で枯れます。
まとめ
●霜に当たると枯れる。戸外はダメ。
●20度前後になるとしなびる。昼間に人が生活しているような場所…リビングはダメ。
●日光に当てた方がいいが、花が咲いている間は玄関や廊下など、涼しくて人が通る場所で鑑賞するようにする。せっかく咲いているんだから。
●日光に当てられるなら当てる。日光に当てれば次が咲く。
●3月以降、霜がおりないならば戸外で管理する。

スポンサードリンク

シクラメンの置き場所

文章の修正人が生活する場所は暑すぎる
リビングなどの気温が15度以上になる場所は暑すぎです。花首がダラリと垂れてしまいます。
霜に当たると枯れます
シクラメンが涼しいところを好むといっても、霜に当たると傷んでしまいます。軒下でも霜が降りるくらいの低温になると傷みます。霜が降りるようであれば室内に取り込んでください。花がキレイな間は玄関のような少し涼しい場所で観賞するのがオススメです。
花が咲いている間は日光は当たらなくても
花が咲いている間は日光が当たらなくてもいいです。もちろん当たったほうがいいですが、花が咲いている間は玄関など、人が通る場所に置いて、せっかくなので花を楽しみましょう。日光不足で葉っぱが黄色くなってきたら、日当たりへ移動します。

冷暖房の風に当てないで
暖房やクーラーの風が直接当たるような場所は避けてください。冷暖房の風は乾燥していて、これが当たると乾燥しすぎて枯れてしまいます。暖房のきいた部屋には置かないでください。

3月以降、霜が降りないようになったら室外で管理してください。

具体的な置き場所

文章の修正冬と春のシクラメンの置き場所は
玄関がよくある場所。ただし玄関は地域や時期によっては5度以下になりがち。あとは廊下など。本当は冬も日光に当たっているほうが良いですが、観賞目的ならば、まずは温度。
春以降は日光も
花がなくなるまでは、気温(10度前後)を優先。花が無くなったら、日光を優先。

関係記事・人気記事

シクラメンの休眠のやり方

シクラメンの休眠のやり方
[+[まとめ] ●シクラメンは雨季と乾季のある地域に自生する植物で、寒い雨季に花を咲かせて、暑い乾季には休眠する。 ●日本は冬が乾燥していて、夏が湿度が高い。シクラメンの自生地とは真逆の環境になる。 ●シク…

シクラメンの夏越し、来年も咲かせるコツ

シクラメンの夏越し、来年も咲かせるコツ
[+[まとめ] ●夏越しには休眠させる方法と、休眠させない方法がある。 ●このページには休眠させない方法を中心に書いてあります。 ●休眠させる方が簡単です。休眠させる方のやり方は「★休眠のやり方」を参考に。 …

5月のシクラメンの管理・手入れ

5月のシクラメンの管理・手入れ
5月のシクラメンはまだ葉っぱがあり花がある株もあれば、ほとんど球根だけになっている株もあります。花がある場合は、その花が終わるまでは水をやり、普通に管理してあげましょう。多少の葉っぱがあってもほぼ球根…

ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメン(シクラメン属)
[+[まとめ] ●ガーデンシクラメンは霜に当たっても枯れない小型のシクラメン。 ●霜に当たっても枯れない。ただしマイナス5度くらいの強い寒波に当たると枯れる。 ●育て方は他の通常のシクラメンと同じ。 ●通常の…
管理用リンク
管理用