5月は夏越し突入か、継続栽培か(シクラメン)

MENU
TOP>シクラメンの管理>5月のシクラメンの管理・手入れ
スポンサードリンク

栽培の特徴

5月のシクラメンはまだ葉っぱがあり花がある株もあれば、ほとんど球根だけになっている株もあります。花がある場合は、その花が終わるまでは水をやり、普通に管理してあげましょう。多少の葉っぱがあってもほぼ球根だけになっている場合は、夏越しのための管理をしてやりましょう。
夏越しを
シクラメンは雨季と乾季のある地域の植物で、気温が上がると休眠します。なので5月ごろになると、葉っぱが黄色くなり、休眠し始めます。夏(乾季)を越すと秋にはまた葉っぱが出て花が咲きます。なので夏越しに挑戦して毎年楽しみましょう。
●もう夏越しさせないで廃棄するというのも手です。
●夏越しに一回成功したシクラメンの球根は来年以降は夏越ししやすくなります。

夏越しには二種類ある
シクラメンの夏越しは二種類あります。一つは水を切って休眠させる方法。もう一つは栽培を継続させる方法です。詳細はまとめのリンクを参考にしてください。
まとめ
●シクラメンの開花は終わる。
●夏越しをどうするか決めておく。
●夏越しは一度成功すると来年以降、夏越ししやすくなる。
●夏越しの方法次第で作業が違う。以下のリンクを参考に。

休眠させて夏越しする方法
シクラメンの休眠のやり方
●休眠させた方が夏越しの成功の確率が高い。

栽培を継続させて夏越しする方法
シクラメンの夏越し、来年も咲かせるコツ
●栽培を継続すると夏の間も多少なりとも生育するので、開花期に花が多くなりやすい。

スポンサードリンク

水やりと肥料

株の状態によって水やりは変わる
葉っぱがあり花も咲いているようならば、通常通り、水をやります。土が濡れているなら水をやらないようにして、土が乾いてから水をやります。すでに高温時期でシクラメンとしてはかなり厳しい環境なので、活動は低調です。水を吸い上げる力は落ちているので、水をジャブジャブとやると腐りやすいので注意してください。

葉っぱがわずかで球根だけになっている場合は、夏越しさせるように水やりをします。どういう夏越しにするか決めておきましょう。休眠する場合は、水は一切やりません。水をやると休眠しないからです。

栽培を継続する場合は、水をやり、半日陰くらいの日に当ててやります。
●5月でも水をやる場合は、球根に水がかからないようにします。
●底面給水はもう利用しない方がいいでしょう。

肥料
休眠する場合…5月は肥料をやらないでください。肥料をやると土に肥料が残って、休眠後に球根が肥料焼けして場合によっては腐って枯れるかもしれません。
まだ葉と花が残っている場合・栽培を継続する場合…5月も二週に一回程度の肥料をやります。栽培を継続させるので肥料が必要です。肥料をやらないと球根が太りません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えはありません。
植え替えは8月下旬から9月です。それまでは現状がベター。

管理場所・日当たり

半日陰か、遮光して、風通しのよい場所で管理します。
●半日陰とは1日のうち午前中だけ日が当たる場所か、50%ほど遮光した場所のことを指します。

その他


球根腐敗病
細菌性の球根腐敗病が発生します。ベンレート水和剤(ベノミル剤)を散布しておくと予防できます。
痛んだ葉や花は捻って取る
ここまで育てている人はずっとやっているでしょうが、痛んだ葉や花はハサミで切らずに、指でつまんで捻って取ってください。ハサミなどで切ると、根元が球根に残ってそれが腐って病気の元になります。5月はもう、そんなに葉や花がなくなっているので、この作業は少ないですが、やっぱり大事な作業です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シクラメンの管理の仲間


シクラメンの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用