庭の害虫リスト

MENU
使い方 TOP
病害虫>庭の害虫リスト

害虫の一覧

害虫の一覧
この項目の修正・提案をする
ナメクジ
葉っぱがラメラメと光っていたら、見当たらなくてもナメクジはいると思いましょう。インクや糊が好きなので値段のシールをよく食べます。鉢の裏など日陰に居ることが多いです。

毛虫(チャドクガ
毛虫が発生するようなヒメシャラナツツバキといったツバキ科の植物は植えないが吉。
葉っぱの裏にいます。

アオムシ
アブラナ科の植物や、野菜類やバラなどを植えると食べられます。薬殺と補殺で対応します。
テングイラガのようにトゲのあるアオムシを捕殺する場合は直接手で触らずに割りばしでつまむと安心です。

アブラムシ
薬殺・補殺で対応します。野菜の場合はシャワーの水の勢いで吹き飛ばすという方法もあります。
スポンサードリンク

害虫の一覧その2

この項目の修正・提案をする
アリ
植物に直接の悪影響はありませんが、見た目が悪い。
また、鉢の中に巣を作られると鉢の中の土が持ち出されてスカスカになってしまいます。
なお、花の蜜や甘い果実があるようなところにアリが来るのは自然なことです。ですが、硬い茎や緑の葉しかない部分にアリが行き来していたら大抵、アブラムシやカイガラムシなど他の害虫がいるサインです。

カイガラムシ
どんな植物でも発生すると考えてください。幼虫は薬が効きますが、成虫になると薬が効かない。成虫は歯ブラシでこそぎ落とす。動くものもいるので落とした後に潰しておくと確実。

コナジラミ
室内でも乾燥すると発生しやすい。葉水をやることでかなり発生を抑えられます。鉢をゆすると白い虫が飛ぶならコレ。

ハダニ
クモの仲間。植物の汁を吸う。植物に細い糸が撒きついていたらハダニです。

バッタ
一匹二匹程度なら…とそのままにしているとドンドン増えます。なぜでしょう。見つけ次第補殺しますが、好んで食べる植物を別の場所移動させることで被害を減らせます。

ヨトウムシ
夜に活動する芋虫の総称で特定の虫のことではありません。鉢にもぐりこんで根を切ってしまいます。夜に補殺するか、薬を撒きます。

ネキリムシ
ヨトウムシと似ていますが、苗の根本付近の茎をバッサリ切って切り倒してしまいます。日中は土の中に潜み夜に活動します。薬(毒餌のようなもの)で退治します。

エカキムシ(ハモグリバエ)
葉っぱに針金で引っ掻いたような模様がついていたらコレです。
捕殺するか、薬で対応します。
ウニョウニョとねじれた白っぽい筋状の跡は、幼虫が葉っぱの内部を食害しながら掘り進みトンネル状に空洞になったものです。
トンネルの先端部に幼虫がいるので、その部分の葉っぱの表皮を少しはがして幼虫をむき出しにした後潰せば捕殺できます。

コバエ
水をやりすぎると発生しますが、油粕が腐って発生することもあります。完熟していない肥料を使うと発生しやすいので、安い肥料を買わないようにするとかなり防げます。

ダンゴムシ
薬を撒くと翌日にダンゴムシの死体が庭に転がります。これを箸でつまんで回収して捨てないと別の虫が来たり病気が発生します。

コガネムシ
コガネムシもまた多くの植物につく害虫です。捕殺か薬剤で対応します。

アザミウマ(スリップス
とても小さい虫で、これにかじられた跡は粉状にしか見えないことも。お花の葉っぱに粉状の白っぽい又は黄色っぽい跡が広がっていたり、ナスの実に茶色いギザギザの傷跡をつけたり、ネギに白いかすり状の跡を残したりするのはアザミウマです。お花の場合、花ガラを摘むのはアザミウマの予防のためにもなります。植物によっては薬剤が使えます。
ごくごく小さな、黒っぽい虫です。ゴマ粒より細い黒い小さい虫が動いていたらこれです。
食害された痕跡は植物によって様々な見た目があり、ナスに茶色い傷がついていたりネギに白いかすり状の跡がついていたり、葉っぱに無数の細かな白または黄色の点(さらにはその上に黒い点も)ができていたら、アザミウマかもしれません。防除は難しいですがとりあえず花ガラはこまめに摘みましょう。

総論

この項目の修正・提案をする
ガーデニングをするのに虫と出会わないわけが無い。植物を育てる以上は覚悟が必要です。パニックにならないように前もって知っておくと気が楽です。
室内で管理していても、虫は発生します。進入経路はわかりません。もしかすると元々植物の中に居たのかもしれませんし、別の鉢植えから移動したのかもしれません。窓から入ってきたということもあります。でも予防は可能です。
参考:虫が減る意外な方法
参考:ストチュウ

一番ショックなのがコバエ
アブラムシやカイガラムシはある程度は仕方がありません。ハダニやコナジラミは葉水をすれば予防出来ます。他の虫には薬剤が効きます。
しかしコバエは……コバエが発生するのは肥料が腐ったり水のやりすぎが原因です。コバエのタマゴは幾らでも何処からでもやってくるので予防は水をやり過ぎないこと。しかしコバエが出た時点でかなりの確率で根腐れが始まっています。またコバエ撲滅のためには鉢を中性洗剤を入れた水をはったバケツにドボンとつけるくらいのもので、非常に面倒。コバエが出た時点で愛着もさめていることが多く、そのまま廃棄になりやすい。

予防の基本は毎日観察

この項目の修正・提案をする
予防の基本は毎日観察して、虫や病気は見つけ次第捕殺、病気部分は切除します。病気の葉っぱはその場に捨てるのではなく、別の場所で捨てるか焼却処分します。これで大抵の病気は予防できます。
室内での管理は水やり+霧吹きで葉水
鉢の土部分への水やりはほどほどにしておいて、葉っぱへ霧吹きで水をやりましょう。これでさまざまな問題に対処しやすくなります。詳細は水やりのページを参考にしてください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

病害虫の仲間


病害虫の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用