オルトラン

TOP > 園芸用語 > 更新日

オルトランのまとめ

文章の修正
まとめ
●株元に撒くと殺虫成分を植物が吸い上げて、葉っぱを食べたり汁を吸った害虫を駆除する。
●効果が長期間続く。
●粒とスプレーと水和剤(水に溶かす)がある。
●野菜にも使えるが制限がある(回数と収穫何日前まで使用可能っての)。
●昔からよく使われる農薬。
●害虫が発生してから散布するのではなくて、前もって散布することで害虫を見ないで済む。ほぼ間違いなく発生する植物は撒くべき。
スポンサードリンク

オルトランとは

文章の修正アブラムシ・アオムシ・ヨコバイ・カイガラムシなどの葉っぱの汁を吸うタイプの害虫や、アザミウマ・コガネムシの幼虫・ハモグリバエなどのように葉っぱや根を食べるものを駆除します。オルトランは主に粒のものを土に撒いて、土に成分が溶けて、その成分を植物が吸い上げて、その植物を食べたり汁を吸う害虫を殺してしまいます(浸透移行性)。
非常に良く効きますが、ミツバチなど花の蜜を吸う益虫にも影響を及ぼし、駆除してしまいます。
GFオルトランにはアセフェート。オルトランDXにはアセフェートとクロチアニジンの二種の農薬が入っている。オルトランのスプレータイプにはアセフェート・MEP・トリホリンの三種の農薬が入っていて、害虫だけでなくウドンコ病・黒星病予防にも効果がある。
植物の内部から効いてくるものなので、害虫に直接かける必要もないです。発生してから散布するというよりは、予防的に発生する前に散布するもの。粒・水和剤は株元に撒いてから一週間から二週間で効果が現れる。スプレータイプは害虫に対してはすぐに効果が出る。
他の薬剤と併用
オルトランは効果的な薬剤ですが、害虫の中には耐性を持つものが一定の割合で出てきますので、徐々に効きづらくなります。そこで他の農薬と併用したり、ローテーションで使います。

雑記・リンク

文章の修正野菜にも使えるが
野菜にも使えるが、使用回数と使用は収穫前の何日まで!という制限がある。逆に言えば制限を守れば使えるということです。詳細は以下のリンクを参考にしてください。
GFオルトラン粒剤
https://www.sc-engei.co.jp/guide/detail/1402.html
オルトランDX粒剤
https://www.sc-engei.co.jp/guide/detail/1400.html
GFオルトランC(スプレー)
https://www.sc-engei.co.jp/guide/detail/1390.html
家庭園芸用GFオルトラン水和剤
https://www.sc-engei.co.jp/guide/detail/1403.html

関係記事・人気記事

摘芯

摘芯(ガーデニングテクニック)
一定の大きさに成長した植物の芽の先を切り落とすことで、わき芽を増やし、結果大きな株に成長します。アサガオやニチニチソウなど、非常に多くの植物で有効な方法です。 [脇芽が出にくいものもありますから] 中…

剪定

剪定
剪定は樹木の枝を切ることで全体を整えたり、風通しをよくしたり、成長を促したりと樹木の健康には必要なものです。その樹木や季節によって意味合いは異なります。 [人と自然との付き合い] よく「自然にあって…

グランドカバー

グランドカバー(ガーデニング用語)
[概要] ガーデニングする上で、地面を覆い隠すために植える、草丈が低いか、匍匐(ホフク)する性質の植物のこと。 フェンスに這わせるものもグランドカバーと分類することがあります。一般的に性質は頑健なもの…

半日陰

半日陰
半日陰は一日のうちで数時間だけ日が当たるような場所のことを指します。 例えば、午前中だけ日が当たり、午後以降は建物の影になるような場所。具体的には家の東側などがこれにあたります。 [西日に注意しましょ…
管理用リンク
管理用