コバエ

MENU
TOP>病害虫>コバエ
スポンサードリンク

コバエ

コバエは通称で、本名は「ショウジョウバエ」。コバエが発生する過程は、まずは成虫のコバエがやってきて、卵を産み付ける。四日後に卵から返った幼虫は有機物や酵母などを食べて、成長して二週間後には蛹になり、一週間後には成虫になります。成虫になってから一週間で卵を産んで死んでしまいます。合計で一ヶ月で一サイクルになります。
ところが実害が無い
コバエはうっとおしいですし、嫌なもの。ですが、食べているのは有機物とかカビなどで、植物を食い荒らす害虫とは違うのですね。ただし、あまりに大量発生すると幼虫が根を食べることはあるようです。

コバエ予防方法

コバエは酵母に集まる
酵母の匂いに誘われてやってきます。ややこしい言い方ですが、ようは「腐ったものに集まる」ということです。コバエが集まる根本原因は「完熟腐葉土」を使っていないことがあります。安い腐葉土はコバエを呼びやすいです。でも、完熟腐葉土だったらコバエが来ないかというと、そういうわけでもありません。コバエはガーデニングをする上で避けられない「虫」です。
乾燥させること
コバエはサイクルが早い昆虫で、一旦発生するとどんどんと増えて行く恐ろしい虫ではありますが、土が乾燥してしまうと幼虫は生きていけず、このサイクルが絶えてしまいます。
常時じめじめしている状態を作らないようにすれば、コバエは発生しずらくなります。もし庭でコバエがやたらと発生するのであれば、「水はけ」が悪いのでしょう。腐葉土を混ぜるとコバエが発生するので、水はけアップのためにバーミキュライトやパーライトを混ぜます。
スポンサードリンク

もう発生しちゃったら

薬剤を散布して薬殺します。これが一番です。

木酢液を薄めたものを周囲に撒く方法もあります。木酢液は匂いがしますし、その匂いを猫は嫌がりますので事情によります。

鉢植えに発生したら
中性洗剤を入れた水をバケツに張り、そこに鉢植えを沈めると幼虫が死んでしまいます。冬は植物の根をいためないようにぬるま湯にします。一番の解決方法は「水を控えて乾燥させる」ことです。冬は水遣りが微妙ですからバケツにつける方法は根腐れを起こす結果になることもあります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

コバエの日記

病害虫の仲間


病害虫の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用