ベニモンアオリンガ

TOP >病害虫>>管理

ベニモンアオリンガ

文章の修正幼虫がツツジサツキシャクナゲのツボミと新芽を食べる。ツツジ類は夏に翌年開花する花芽をつけるが、この花芽を主に食べる。幼虫が穴を開けて入って、内部を食べて、花芽が枯死して、翌年ほとんど咲かなくなる。ツツジ・サツキの天敵。シンクイムシとも呼ばれる。
ちなみに「紅紋」というのは成虫の羽についている紋様のこと。ただし個体によっては紋様がない。
対応する薬剤と散布方法
GFオルトラン液剤(ツツジ)・カルホス乳剤(ツツジ)・チューリサイド水和剤(ツツジ・サツキ)・オルトラン(ツツジ・サツキ)など。ただし毎年同じ薬剤を散布していると耐性がついて効かなくなるので、複数の薬剤を交代で使用する。
ツツジ・サツキ類の花芽ができる7月から、ベニモンアオリンガが蛹(サナギ)になって活動を停止する10月まで、二週間おきに薬剤を散布する。
●ツボミの中に入っている虫には薬剤の効果がない(というか薄い)。なので何度も薬剤を散布することで防除するしか無い。
スポンサーリンク

生態を知って防除

生態を知って防除
文章の修正冬を蛹(サナギ)で越して、春になると成虫となる。成虫が卵を生んで、幼虫がかえり、その幼虫がツツジ・サツキの新芽と花芽を食べる。新芽・花芽を食べるのは柔らかくて美味しいから。
4月に成虫がかえって、そこから大体二ヶ月のスパンで卵→幼虫→成虫→産卵を繰り返すことになる。ちなみに成虫は卵を生むと死ぬ。よって4月・6月・8月あたりにベニモンアオリンガの幼虫が発生する。ツツジ・サツキにとって一番やっかいなのは8月に花芽を食べられることだが、その前の4月6月の時点で(発生しているなら)新芽を食べているはずなので、4月以降はツツジ・サツキ・シャクナゲの類は新芽を観察して、見つけ次第、捕殺・薬剤を散布することで、かなり軽減できる。また、7月以降の心づもりもできる。さっさと薬剤を買って散布しよう。
一度発生すると、毎年発生する。ツツジ・サツキを育てるということはベニモンアオリンガとの戦いだ!という人もいる。根絶はほぼ無理。一つの株に発生しているならば、すべての株に発生していると考えないといけない。大量にツツジ・サツキを育てている人にとって頭が重い。

防除方法

文章の修正薬剤散布
薬剤散布は上記の通り。長期間、薬剤を撒く必要がある。やらないわけにはいかない。これが王道にして鉄板。
傷んだ新芽は取り除く
新芽を食べる。穴を開けて内部に入っている。もしも穴が空いていたり、様子のおかしい新芽があれば速攻で取り除く(フミツブース)。少なくとも中の幼虫は駆除できて、その幼虫から生まれる予定だった次世代の幼虫を防除したことになる。
冬にサナギを取り除く
冬になると枝に白い繭を作って越冬するので、これを取り除くことで防除ができます。
スポンサードリンク

関連記事

カイガラムシ
[+[まとめ] ●幼虫のうちは薬剤が効くので薬剤を散布する。 ●成虫は薬剤が効かない。 ●ラン以外は歯ブラシでこそぎ落とす。 ●ランの類は傷をつけると病気になりやすいので、歯ブラシでこすらない。 ●ラン類は濡…
ハダニ
ナミハダニ・カンザワハダニ・ミカンハダニ・リンゴハダニなど、多種います。葉っぱの裏などにくっついて、植物の汁を吸います。一匹が非常に小さいので吸うといっても少量なのですが、天敵の居ない環境だと爆発的…
ミノムシ
ミノムシはミノガ科の「蛾」の幼虫のこと。幼虫が作る巣が「蓑(ミノ)」に似ているからミノムシと呼ばれる。ミノムシの方が一般的な呼び名。被害がある樹木はスギ、ヒノキ、イヌマキ、クスノキ、カシ類、サクラ、…
チャドクガ
[+[まとめ] ●ツバキを専門に食害する毛虫。 ●毛に毒があり、触れると痒い。痒みが一ヶ月続く。 ●見た目もエグイ上に毒があり、さらに食害の勢いがすごい。農薬を散布しないと木が丸裸になる。 ●一番の予防は「…
シンクイムシ
[概要] シンクイムシとは、特定の種類の虫ではなく、果実の内部を食害したり、植物の新芽・茎を食害する虫のこと。多くは「蛾」の芋虫だが、シンクイムシと呼ばれる虫は他にもいる。幹の内部を食べるテッポウムシ…
コガネムシ
[概要] コガネムシは狭い意味ではコガネムシ科の「Mimela splendens」を指すが、うちはガーデニングサイトなので、[[植物に害をなすコガネムシ科の昆虫の総称]]として扱います。成虫は葉っぱを食べ、幼虫は土の中…
病気
虫が付いていると、これを補殺するか薬殺するかすればいいのですが、病気に掛っている場合は、ただ病気の部分を取り除けばいいとは限りません。ここでは代表的な園芸で発生する病気をまとめています。
庭の害虫リスト
[ナメクジ] 葉っぱがラメラメと光っていたら、見当たらなくてもナメクジはいると思いましょう。インクや糊が好きなので値段のシールをよく食べます。鉢の裏など日陰に居ることが多いです。 [毛虫(チャドクガ)…
アブラムシ
カメムシ目のアブラムシ上科に属する虫の総称。アリマキという呼び名もあります。地域によってはゴキブリのことをアブラムシと呼ぶことがありますが、無関係です。 [移動能力が低く、天敵にやられやすい] アブラ…
ウドンコ病
[乾燥すると発生しやすい] うどんこ病はカビの一種。乾燥すると発生しやすいので、葉っぱにも水を掛けるようにする。あとは風通しよくなるように葉っぱを間引くなどします。 [発見次第焼却] 葉っぱが白く粉を吹…

人気記事

矮性サルスベリ・ペチートプラム
[育て方の概要] 矮性サルスベリ・ペチートプラムはミソハギ科の落葉低木。サルスベリの仲間で樹高が低く抑えられる。夏に開花し、秋には紅葉、その上、小さくまとまるといいことづくめ。目の高さで開花するのもい…
イチジクの品種について
[評価の高い品種] [ヌアール・ド・カロン] 夏秋果兼用。糖度30度のジャムのような甘さを持つイチジク。現在のところ最高品種とされる。果実が流通していないために食べるには家庭菜園しかない。 [バナーネ]…
コリウス
[概要] コリウスはシソ科の一年草。本来は多年草ですが日本の冬に枯れるために一年草扱い。冬も暖かい場所に置いておけば翌年も茂ってくれます。霜に当たったら一発でダメになります。真夏の直射日光に当たると葉…
9月のシクラメンの管理・手入れ
[9月は植え替えの季節] 9月はシクラメンを植え替える時期です。シクラメンは気温が下がると、活動を開始します。根が本格的に活動してから植え替えをすると球根を傷めることになるので、9月の上旬までには植え替え…
カリブラコア
カリブラコアは水を切らさず、日当りのいい場所に植えていれば、夏中キレイに咲いてくれる初心者向けガーデニング材です。[[ペチュニアに比べると夏の暑さに弱く、高温時期に花の色が落ちやすい。]]花が大きいのが…