シャクナゲ(石楠花)の育て方

TOP >ツツジ科>>管理

シャクナゲ(石楠花・石南花・ロードデンドロン)

シャクナゲ
科名ツツジ科
属名ツツジ属
学名Rhododendron
別名石楠花・石南花・ロードデンドロン
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. シャクナゲの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 花ガラを摘む
  7. 芽かき
  8. 剪定
  9. 病害虫
  10. 品種について
  11. 特徴・由来・伝承

シャクナゲの育て方

シャクナゲの育て方
文章の修正シャクナゲはツツジ科ツツジ属の常緑広葉樹。花木の女王とも呼ばれるだけに大きな花を咲かせる。ツツジ科なので酸性度の高い土を好み、根が浅いために水切れに弱い面もあります。また移植を嫌いますので、一旦植えたら移動させないください。
まとめ
●成木より苗木から育ててください。移植を嫌いますので、ある程度育ったものではなく苗木を植えましょう。
●酸性の土じゃないと育たない。
●鉢に植える場合は小さめの鉢に植えてください。
●鉢植えの場合は土が乾いたら水をやる。
●夏と冬に水を切らせないように。特に夏に乾燥し根を傷めると枯死することもあります。冬は乾いた風に晒されますので根元に腐葉土や敷き藁をしてください。
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正シャクナゲは根が浅く、乾燥しやすいです。土が乾いていたら水をやります。根が乾燥に弱いために、真夏は水をやり、根元に乾燥を防ぐために腐葉土を被せてください。

かといって、水のやり過ぎにも根腐れを起こしますので、一旦たっぷりと水をやったら、土の状態を見てから水をやってください。指で土に触ってみて、濡れているようならば水はやらないようにします。

地植えの場合は一旦根付いてしまえば、あとは水やりは自然に降る雨だけでもいいです。ただ、シャクナゲは普通の花木より根が浅いので、夏と冬の乾燥時期は様子をみつつ水やりをしましょう。
●株下にマルチングをして乾燥を防ぐといいです。
●夏に日陰になったら、葉っぱに水をかけてやることで病気はかなり抑えられる。日当たりで水をやると水滴がレンズになって葉焼けを起こしやすいため日陰でやる。

肥料

文章の修正肥料
一般的に3月と9月に緩効性固形肥料を数個根元に置きます。11月~2月までは肥料は与えないで下さい。3月につぼみが既についている場合は春(三月)の置き肥はせず、開花まで置かないでください。開花が終わる6月にお礼肥をやるといいです。
●若木の場合は置き肥ではなく、薄い液肥を与えてください。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
文章の修正酸性の土を!
ツツジ科で酸性の土を好み、酸性の土でないと枯れてしまいます。植えつける場合は、ツツジの専用土・シャクナゲの専用土か、鹿沼土10で植え付けします。
植え付けは新芽が出る前の2月〜3月か、活動が収まった10月か11月です。花が咲いている時期はシャクナゲに限らず他の庭木も植え替え・植え付けは避けるべきです。

植え替えを嫌います。大きく育ってから植え替えるのは難しいと考えてください。庭植えにする場合は、幼木の方が根付き易いです。
鉢植え
鉢植えの場合は、鉢底の穴を網で塞いで、その上に軽石を2cm〜3cmほど入れます。その上に用土を入れ、株を入れて、隙間に用土を入れていきます。最後に水をやって完成です。シャクナゲは根を傷つけると、生育不良を起こして枯れることもあるので、株の土は落とさず、根をほぐさないで植えてください。

管理場所・日当たり

文章の修正日当りのいい場所で管理してください。ただし、真夏の直射日光を浴びると葉焼けやツボミ焼けを起こしますので、寒冷紗などで50%ほどの日除けが必要になります。もしくは最初から半日陰で管理してください。
日陰でも枯れはしませんが花がつかなくなります。

寒さには強いですが、寒風に当たると傷みます。鉢なら冬は風の通らない場所で管理します。庭植えにした場合は風除けをします。寒さで葉色が悪くなりますが、枯れてはいないので諦めずに水やりを継続しましょう。

冬は乾燥した風にさらされるので、これが根を傷めることがあります。そこで根元に腐葉土(もしくはワラ)をおくことでこれを防ぎます。
腐葉土はコガネムシの幼虫が寄ってくるかもしれない。

花ガラを摘む

文章の修正花が終わったら、花を摘みます。植物は花が終わると、今度は種子を作ろうとして栄養を回して、次の花の開花…シャクナゲの場合、翌年の開花や枝の成長が鈍くなります。なので、花ガラを摘んで次の成長を促します。

芽かき

文章の修正春に新芽が出てくる頃、枝一本に対して新芽が一個しかないものはこの新芽が柔らかいうちにを取り除くことで、脇芽が出て枝が増えます。これは品種によってはほとんど不要な作業ですし、やらなかったからといって枯れるわけじゃないです。また、脇芽がたくさんあると花が増えすぎて、花が小さくなります。

剪定

文章の修正シャクナゲはほとんど剪定する必要がないです。樹形が乱れたら開花が終わった5月〜7月に行います。

病害虫

文章の修正葉っぱの縁・先が枯れてきたら病気の可能性があり、薬剤(トップジンなど)の散布で止められる。枝の葉っぱが一度に枯れ込んできたら、その枝は回復不能。その枝は切除した方がいいです。

シャクナゲの葉っぱが枯れ込む病気には葉枯病・炭疽病・褐斑病・葉班病がある。トップジンはこの4つの病気の全てに効果がある。ダコニールは葉枯病・炭疽病・褐斑病に効果がある。ただしダコニールはシャクナゲの適用外になっているし、25度を超えると薬害が出る。
●株全体の葉が巻いているようなら根腐れ。ほぼ回復は不能。

品種について

文章の修正
●プレジデントルーズベルトなどの斑入り品種は葉焼けしやすいし、霜焼けもしやすい。寒風で葉が痛みやすい。
●斑入りでも五頭錦などの散り斑入りタイプは葉焼け・霜焼けになりにくい。
●台木はアカボシシャクナゲ。アカボシは非常に頑健で、初心者は赤星が栽培するといいかもしれない
●海外品種は入手しにくい。
●斑入り品種は夏は半日陰か日陰が好ましい。

特徴・由来・伝承

文章の修正野生にも変種が多く、園芸品種とあわせると数百種にも上るといわれています。
葉っぱにロードトキシンなどの成分を含んでいるために、大量に葉を摂取すると吐き気や下痢、呼吸困難を引き起こします。絶対食べないでしょうけどペットは間違えて靴にすることがあるかも(ペットに危険な観葉植物たち)。シャクナゲの漢字に石南という字が当てられていることがあるが、この石南というのは漢方薬の名前だが、全く無関係で薬効はないです。
シャクナゲは常緑広葉樹にも関わらずかなり寒い地域でも自生します。
●奈良の飛鳥村の岡寺では3000本のシャクナゲが植えられている。4月からGWまで開花しています。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

ヤマツツジ
ツツジ科 ツツジ
ペルネチア
ツツジ科
ヒメシャクナゲ
ツツジ科
ヒラドツツジ
ツツジ科 ツツジ
クルメツツジ
ツツジ科 ツツジ

人気記事

10月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
ホワイトソルトブッシュ
ヒユ科
10月の胡蝶蘭の管理のコツ
胡蝶蘭の管理
モミジバゼラニウム
フウロソウ科
クリスマスローズ
キンポウゲ科

10月に開花する植物

カラミンサ
シソ科
レッドフラッシュ
ヒユ科
カリブラコアの育て方(簡略版)
ナス科
ゼフィランサス
ヒガンバナ科
よく咲くポーチュ
スベリヒユ科 ポーチュラカ

10月に植え付け・植え替えする植物

オリビアローズオースチン
バラ科 薔薇
デージー
キク科
カロライナジャスミン
マチン科
アリウム
ユリ科
タマイブキ
ヒノキ科 コニファー
スポンサーリンク