フミツブース

TOP > 園芸用語x最終更新画像投稿

フミツブースとは

害虫などをその場でフミツブすこと。決して、そういう薬品があるわけではない。ネットスラングのようなもの。

類義語)テデトール、ピンセットール、ハサミデキール
スポンサーリンク

フミツブースには達観が

小さい虫でも踏み潰すには勇気が必要。一寸の虫にも五分の魂。殺すのは気が引けます。大き目の虫だと足に感触がありますからね。コンプライアンス全盛で厳しい人も多いです。甲虫の感触はつらい。「フミツブース?? そんなの薬剤で殺すのと一緒じゃないか!!」と突っ込む人もいますが、薬剤を取りに行くのも面倒なんですよね。結果は同じですし。

ゴムの長靴、レインシューズならさほど気にならないので、フミツブースが多い方はそういうのもご検討を。
●フミツブース用のブーツがあったらいいなぁ。
●ガーデニング未経験者がフミツブースを見ると引く。が、仕方の無いこと。害虫の被害を一度でも経験すれば、かわいそうという気持ちはなくなる。
●幼虫・イモムシの類をフミツブースすると体液が飛び出してズボンのスソなどを汚すかも。
●踏み潰さなくても、鳥に見つかりやすいところに投げておくと、餌になる、という方法も。
●完全にぺたんこになるまで踏み潰す必要はなく、動けなくなれば、あとは蟻(あり)がどこかに連れて行く。
●猫も虫を食べる。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

園芸用語

スポンサーリンク