サフィニアの育て方

MENU
使い方 TOP

サフィニア

サフィニア
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ナス科
属名ペチュニア属
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
初心者向けのガーデニング植物
サフィニアはペチュニアカリブラコアと同じく春から秋のガーデニング植物の定番にして大人気品種。ペチュニアの園芸品種にも関わらず、別個の植物であるかのように、サフィニアという名前が独り歩きしている状態です。
ペチュニアよりも暑さに強い
ペチュニアよりも暑さに耐性がありますので、真夏の直射日光もなんのその。秋には寒さで枯れてしまう一年草ですが、水を切らしさえしなければ、長い間咲いてくれて枯れません(最近は温暖化で夏の猛暑で枯れることもある…暑さというよりは水切れで)。まぁ最近は各ペチュニアの園芸品種が改良されていてサフィニアだけが抜きんでている状況では無くなりました。
まとめ
摘芯切り戻し)をすること。
●日当たりで管理。
●必ず新しい土で植える。
●気温が上がるまでは水をやりすぎないようにする。
●必ず肥料を追加する。開花している間は肥料をやる。
●花が終わったら摘む。
●育てるのは簡単。初心者向け。
●サフィニアには種はないです。
●春から秋にかけて開花する。夏に35度以上になると生育が止まるが、秋になり涼しくなるとまた開花し始める。

スポンサードリンク

鉢植えの水やり

鉢植えの水やり
この項目の修正・提案をする
土が乾いたら水をやります。
土が乾いて居たら水をシッカリとやります。自信がないならば、土に触ってみて乾燥しているかどうかチェックしてから水をやります。鉢植えにしている場合であれば、鉢底から水が染み出すくらいに水をやります。水をやるときは鉢底から水が染み出して流れ出るくらいにたっぷりとやります。大きな鉢だと相当な量の水をやらないといけないです。受け皿をしている場合は、受け皿に溜まった水は捨ててください。水が腐って根腐れの原因になります。
●気温が上がるまでは水をやりすぎないように気をつけます。
●サフィニアはどちらかというと、蒸れに弱い植物なのですが、品種改良でかなり耐性がついていることと、生育する時期が春から夏で蒸発の激しいこと、あと温暖化の影響で、とても水を欲しがります。
●気温が上がってきたら、日当たりで管理することが多いので、水切れを起こしやすくなります。夏は朝と夕方の二回、毎日、水をやります。
●朝と夕方の水やりをしても、水切れをするようならば、半日陰に移動して水の蒸発・鉢の温度上昇を防ぎます。また二重鉢という手もあります。

花には水を掛けないようにします
水をやる際にサフィニアの花に水が掛かると花が傷んですぐにしぼんでしまいます。水は出来るだけ土に注ぐようにやってください。ですが、カリブラコアやペチュニアといった植物は元々1つの花が永く咲くタイプではない上に、次の花がドンドンと咲くので、気にしない人は全く気にしないで上から水をジャンジャンと掛けます。
●葉っぱに水をかけると、ハダニ予防になります。

庭植えの水やり

この項目の修正・提案をする
庭植えでも水やりは必須
降雨だけでは足りないので、庭植えにしている場合でも、土が乾いているならば水をやってください。特に夏になると高温で水切れを起こします。サフィニアは日当たりの良いところで植えるものなので、夏の水切れは起きるものだと考えてください。特に温暖化による夏の猛暑で水切れは非常に起きやすい。
早朝と夕方の二回水をやります。昼間に水をやると水が沸騰して根を痛めます。
水やりが追いつかない朝と夕方の水をやりをしても間に合わない場合は、ヨシズをかけてやって日陰を作ってやるか、自動水やり(タイマー+ホース)を検討します。環境が可能ならば自動水やり(タイマー+ホース)が現実的です。蛇口に直接タイマーをセットしてホースで水を引きます。時間になれば自動的に水をやるので、「やり忘れ」もなくなり、小旅行なら十分行けます。なにより熱中症対策になる。

肥料

肥料
この項目の修正・提案をする
肥料を必ず追加しましょう
肥料をやらなくても枯れることはありませんが、肥料が切れると花が止まります。植え付けのときに化成肥料をやったり、市販の培養土には最初から肥料が入っているんですが、それもサフィニアが一ヶ月ほどで消費してしまい、その後は肥料を追加しないと開花が鈍くなります。
肥料をやるとテキメンに花つきが良くなりますので、是非肥料をやってください。生育期間には一週間に1回か、10日に1回、液肥をあたえます。できれば液体肥料とは別に一ヶ月に一回緩効性化成肥料を株元にやります。咲かないサフィニアなんて植えてる意味がありません。肥料は追加してください。
●ペチュニア・サフィニア・カリブラコア専用の肥料というのがありますので、これを利用すると便利です。
●肥料はリンの多いものを施してください。液体肥料や専用の肥料ならば当たり前のように入っています。
●真夏に高温で開花が止まるようならば、肥料はストップします。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
この項目の修正・提案をする
植え付けの時期
4月から7月辺りまで植え付けます。4月はまだ涼しく、サフィニアにとってはちょっと活動が鈍い時期です。また4月は地域によっては霜がおります。霜に当たると一発で枯れます。霜に当たらなくても霜が降りる温度は厳しい温度です。特にこの時期の苗は温室で育てられていて、寒さにあまり耐性がないです。ホームセンターでは販売しているので購入前によく考えてください。5月以降に植えるのが無難です。
6月7月あたりに植えても一ヶ月ほどで生育して繁茂しますので、間に合います。ただ近年の温暖化による猛暑で7月下旬と8月はサフィニアにとっても厳しい暑さになってきています(35度以上で生育が止まる)。のであまり遅くに植えないようにしましょう。
●4月に植えてしまって、寒波が来たら、室内に取り込むか、戸外の軒下で管理します。できれば室内がいいです。
●夏を越えれば秋以降はまた開花し始めるので、夏さえ越えられるなら7月に植えてもいい。

用土
市販されている土(花と野菜に培養土など)で植え付けします。サフィニア・ペチュニアの土というものも売られています。自作する場合は赤玉土腐葉土4に緩効性化成肥料を混ぜたものを使います。
●植えるときに苗の土をほぐすと良いです。

連作障害が起きます。新しい土で植えましょう
サフィニアはナス科植物でナス科の植物は連作障害が出ますので、過去三年の間にナス科の植物が植わっていた土に植えないでください。プランターであっても同じ土にそのまま植えると成長しませんので、新しい土で植え替えるか、別の植物を植えてから、サフィニアを植えてください。
この項目の修正・提案をする
できれば直径30センチの鉢に1個
理想は直径30センチの鉢(=尺鉢0に苗を1個。ちゃんと新しい培養土で、日当たりで管理して、肥料を追加して、摘芯(切り戻し)をすれば、溢れるように花が咲きます。種苗会社のサンプルのようにするには特に肥料をやらないと駄目。
プランターは横長なので苗を二つか三つ植えます。しかし、サフィニアの成長速度ではプランターに三つ植えると、根がびっしり広がって、夏までには根詰まりを起こして、水をやってもやっても水切れを起こします。土が足りないのでプランターには植えない方がいいです。プランターに植えるのであれば、できるだけ大きな、深いものを使い、苗は二つにします。
●直径30cmの鉢は尺鉢(=観葉植物が植えてある鉢は大抵はコレ)といって、基本的にこれが一番大きな鉢です。

鉢への植え付け方
鉢底に穴が空いているので、これを網で塞ぎます。鉢底を塞ぐ網はホームセンターで売っています。これで水は流れ出ても、土は流れ出ません。その上に水はけを良くするために軽石を2センチから3センチほど入れ、その上に用土を入れます。そして苗を置き、隙間に用土を入れていきます。鉢を叩いて振動させると隙間が出来るようなら、隙間に用土を詰めて、隙間ができなくなるまで繰り返します。隙間ができなくなったら、最後に水をやって完成。鉢底から水が出るのを確認してください。
●サフィニアの苗は土を少しほぐすと根が広がりやすい。土は落とさない程度にほぐす。
●苗の土と用土があまりに違うと根が広がりにくい。
●最後に水をやるのは、水をやり、土と根をなじませることで根が広がりやすくするため。

庭植えの植え付け

庭植えの植え付け
この項目の修正・提案をする
植え付け時期
4月から苗は販売されているが、4月には地域によっては霜が降りる。関東でも4月下旬には霜が降りることはそう珍しいことじゃない。サフィニアは霜に当たると枯れる。なので4月に庭植えすると最悪全滅ということがある。植え付けは霜が降りなくなる5月以降が無難。
●4月に植えてしまって寒波が来たら霜よけをする。

用土
もともとの庭の土に腐葉土か堆肥のどちらかを3割ほど混ぜ、緩効性化成肥料を足して、苦土石灰で中和します。苦土石灰の「苦土」はマグネシウムのこと。マグネシウムは葉緑素生成に必要で、マグネシウムが不足すると葉っぱが黄色くなります。よくゴーヤアサガオの下葉が黄色くなっているのはマグネシウム不足。
もしくは一般的な培養土や専用の土で植え付けをします。
庭への植え付け
深さ30センチの穴を掘ります。株間は30cm空けます。掘り出した土に苦土石灰を混ぜます。苦土石灰で中和するのですが、反応するときに熱を持ちますので、混ぜて二週間後に掘り返して腐葉土か堆肥のどちらかを混ぜます。
その土に苗を植え付けていきます。株同士は30cm空けます。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
日当たりで育てる!
日の当たる場所で管理してください。日光が当たらないと花つきが悪くなります。多少の半日陰でも生育するし花も咲くが、十分には咲かない(思ったようにはね)。日当たりが悪いとサフィニアの能力を十分に発揮できないのでとにかく日当たりで育てる。
●風に弱い。ツル性で伸びるので、高層マンションのベランダの強風にポキポキ折れる。
●日当たりが好ましいが、1日に午前中だけ日が当たるような半日陰でも十分育ちます。花はちょっと少ないけど。
●南向きのベランダなら十分開花する。

プランター・鉢ならば梅雨時期は軒下へ
サフィニアは梅雨の長雨に晒されると、蒸れて葉っぱが傷み、腐ってしまいますので、梅雨の時期だけは軒下に移動するのが好ましいです。よほど長梅雨じゃない限り、梅雨で痛むことはあっても枯れることはないですが、やっぱり見てて気持ちのよいものではないので、できれば移動させましょう。

越冬と挿し芽

越冬と挿し芽
この項目の修正・提案をする
越冬も出来なくもない
実はサフィニアは暖地では戸外で越冬する。関西以西の平地でもどうも越冬するケースが多くなっている。ただ、サフィニアは連作障害を起こし、翌年の春以降の生育が悪くなる。この生育不良は植え替えによってある程度は回避できるが、完全に回避するためには半年に一回、土を入れ替えるくらいのことをしないといけない。面倒だし、そこまでするより新しいサフィニアの苗を買い替えたほうがいい(楽だし安上がり)。
●越冬したら春に植え替えをする。土を三分の一ほど落として、新しい土で植え替えをする。

挿し芽で株を増やす
切り戻し・剪定・摘芯などで出たサフィニアの切れ端は挿し芽で増やすことが出来ます。挿し芽で増やしたものは親株と完全に同じ「性質」を持っているので、頑健でよく繁茂するサフィニアを庭中に広げることも出来ます。また冬越しの保険・夏の水切れの保険などでしますが、一番の目的は良い株を増やせることと、ガーデナーなら一度は挑戦してみたいという本能のようなもの。詳細は以下のリンクを参考に。

●サフィニアは種苗会社の品種ですから、挿し芽で増やすのは問題ないですが、譲渡したり、誰かに販売したら違法です。自宅で楽しむだけにしておきましょう。

摘芯

摘芯
この項目の修正・提案をする
摘芯をしましょう。株が大きくなります
植え付けて二週間か三週間経ってサフィニアのツルが30cmから40cmほど成長して、ツルの先の芽を少し切ってやると、葉っぱの根元から脇芽が旺盛に出てきて株が非常に大きくなります。これを摘芯と言います。摘芯をするかしないかによって、夏の終わりに見る株の大きさが全く違います。サフィニアは摘芯は必須作業です。
サフィニアブーケは摘芯がなくてもコンモリと仕上がりやすい。摘芯は不要です。
●摘芯はツル一本一本を切り戻すのでもいいですが、株全体を半分か三分の一に切り戻すことで、脇芽を出させることが多いです。

切り戻し・剪定

切り戻し・剪定
この項目の修正・提案をする
切り戻し
切り戻しというのは株全体をバッサリと半分から三分の一ほどに切ってしまうことです。摘芯を兼ねています。サフィニアはある程度、開花するとツルの先にしか花が咲かなくなってきて、全体的に花が減ります。そこで切り戻しをして脇芽を出させて、花を増やします。また、ムレを避ける意味もあります。サフィニアはよく繁茂するのですが、そのせいで内部が蒸れて枯れ込みます。梅雨時期と夏は危険です。そこで梅雨前に株全体を切り戻しをすることで、株の更新と蒸れ対策をします。
●切り戻し・摘芯で切った枝は挿し木で増やすことも出来ます。挿し芽で増やすと同じ性質のものが大量に作れます。一株が結構高価なサフィニアでも無限増殖できます。これで庭中をサフィニアにする人もいます。ちなみに挿し芽で増やしたものを売ったり贈与したら犯罪になります。個人的にするものなら今のところは問題ないですが。
●サフィニアは品種改良されていて、梅雨の蒸れや暑さには強い方ではあるんですが、それでも危険。切り戻しは必須の作業です。

花ガラ摘み

この項目の修正・提案をする
花がらを摘む
花ガラというのは花が終わって萎んでしまったもの。花が終わると、植物はそこにエネルギーを注いで、種子を作ろうとします。サフィニアは種子を作らない(作りづらい・出来づらい)のですが、それでもエネルギーを注ごうとします。そこで花が終わったら、摘んでやることで次の蕾が咲きやすくなります。
それに花が落ちて、その花が葉っぱなどにこびりつくと見た目も悪いし、そこから病気が発生することもありますので、花ガラは摘んだ方が良いです。気にならないならしないでもいいです。病気の原因になると書いたんですが、株が弱ってない限りは病気にはならないです。
●花がら摘みをするときは手袋をしましょう。サフィニアはベトベトしています。
●指で花ガラ摘みをしようとすると花ガラだけじゃなくて、サフィニアは意外と頑丈でツルごとゴソっと切れてしまうことがある。ハサミで切るようにします。
●ペチュニアの小輪品種には花ガラ摘み不要という品種も多い。カリブラコアは花ガラ摘み不要品種がもっと多い。
●花ガラ摘みはサフィニア・ペチュニアを楽しむためにはした方がいい作業ですが、開花が非常に多いために、結構負担になります。まして温暖化で夏の気温が情報している現在では、年齢や人によっては体の負担が大きいので、花ガラ摘み不要の品種を春に植えるようにしたほうがいい。
●カリブラコアには花ガラ摘み不要の品種が多いのでそちらでも。

病害虫

この項目の修正・提案をする
ベトベトしてるのはサフィニアの自衛
サフィニアはペチュニア同様にベトベトしています。剪定のときに手がベトベトして嫌な感じがしますが、このベトベトで害虫を避けています。ちなみにカリブラコアにはこの機能がないのでハダニが発生しやすいです。
ハダニ
ハダニは非常に小さくて見えない虫。クモの仲間でお尻から白い糸を出します。サフィニアに白い糸が絡んでいたら、ハダニが発生しています。ハダニは葉っぱの裏から葉っぱの汁を吸い、葉っぱが白くかすれてしまいます。このまま放置していると株が弱って枯れてしまいます。発生したら薬剤を散布します。ハダニは乾燥すると発生しやすいので、葉っぱに水をかけるように水をやりをしているとかなり予防できます。

アブラムシ
アブラムシは茎や葉っぱにくっついて汁を吸う。一度発生すると爆発的に増えるため、見つけ次第、テデトールして殺すか、水やりのときに吹き飛ばすか、薬剤を散布して駆除する。放置していると他の株に発生する。オルトランを前もってやることで予防できるが、アブラムシは薬剤耐性がつくので、二種か三種の薬剤を併用・ローテーションすることで薬剤耐性を回避する。

ウドンコ病
ウドンコ病は葉っぱが白く粉がふく病気。原因はカビ。ウドンコ病の原因菌はそこいらへんの土などに紛れているので予防措置はほぼない。乾燥すると発生しやすい。株を健康に保つことが一番の予防法。一発で枯れるわけではないし、株が健康だと発生しても回復する。株が弱ると発生しやすくなる。梅雨時期に日光が減り、雨の当たらないところで管理していると発生しやすい。真っ白になることもある。被害が少ない場合は対応薬剤をささっとスプレーするだけでいずれ回復するが、病変箇所が多い場合は、その部分を切除して廃棄して薬剤を散布する。

エカキムシ
葉っぱに線がのたうちまわっていたらエカキムシ。エカキムシは「ハモグリバエ」というハエの幼虫。葉っぱに卵を生み、卵からかえった幼虫が葉っぱの中を食べる。その食べた後が「線」となって見える。ある程度は発生する。近くに雑草が生えているとそこから移ってくるが、基本的に「ハエ」なので完全な予防法はない。発生したら、線の先に幼虫がいるので指で潰す。もしくは薬剤を散布する。枯れるほどに被害が大きくなることは少ないが、食べられた部分は光合成しないので、株が弱ってしまう。

ウィルス病
葉っぱや花にモザイク状の模様が現れ、葉っぱや新芽が縮れて、次第に弱って枯れてしまう病気。ウィルスが原因でウィルス病と呼ばれる。もしくは症状から「モザイク病」と言われる。完治・予防する薬剤はなく、発症したら他の株に移らないように即廃棄する。ハダニやアブラムシがウィルス病に感染した株で汁を吸った後に、他の株で汁を吸うと感染する。なので近くに雑草を生やさせないことが予防になる。また感染した株を切ったハサミで別の株を切っても感染する。

コナジラミ
株をはたいたり、揺らすと白い虫がフワーと飛んだらオンシツコナジラミ。温室とついていますが戸外でも発生します。葉っぱの裏に住んで、葉っぱの汁を吸います。葉っぱには白い斑点が現れます。対応する薬剤を散布します。薬剤は幼虫と成虫には聞きますが、卵とサナギには効かず、一度では駆除できないので数度に分けて散布します。

病害虫と対応の農薬
アブラムシ→ サンヨール液剤AL・モスビラン液剤・オルトラン
ハダニ→ サンヨール液剤AL
うどんこ病→ サンヨール液剤AL

トラブル・FAQ

この項目の修正・提案をする
花が咲かない
サフィニアの花が一切咲かないってことはほぼない。根詰まり・肥料不足でも量は少なくても多少は開花はする。花が一切咲かないのはよほど日当たりが悪いか、アブラムシなどにツボミ・新芽がやられているか、水切れを何度も繰り返して株が悪化している。
花が咲きづらい原因は日光不足・肥料不足・根詰まり・病害虫など。特に肥料不足を疑う。これらの原因が見当たらないのに花が咲かないならば、切り戻し・摘芯をして脇芽を出させれば開花します。
葉っぱが黄色くなる
日光が当たらないと葉っぱが黄色くなり、株元の葉っぱは落ちるのが普通。古い葉っぱは落ちるもので、これは「生理現象」で避けられない。株元がハゲてしまうが、これは切り戻しをして脇芽を出させて回避する。それでも限界はある。
葉っぱが黄色くなる原因は別にあって、それがマグネシウム。マグネシウムは葉緑素の材料で、マグネシウムが不足すると下葉から黄色くなる。下葉が黄色く、つる先に行くほど青いのは、株元の葉っぱのマグネシウムをツル先に流用しているから。これは苦土石灰をやることで回復する。苦土石灰は一握りほどでいい。
株元がハゲる
株元がハゲているならば、切り戻しをして脇芽を出させてハゲを隠す。株元のハゲはある程度は起きる。サフィニアでも品種改良された「サフィニアブーケ」は脇芽が出やすくてハゲにくい。
水切れ
水をやっても水をやっても水切れするのは土が不足しているのが普通ですが、昨今の夏の猛暑では水切れはどうにもならないかも。水切れする場合は、鉢植えであれば半日陰・日陰に移動させるか、ヨシズや寒冷紗などで影を作る。庭植えの場合もヨシズや寒冷紗で影を作るか、自動水やり(タイマー+ホース)をする。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
ブラジルのパンパよりペチュニアの原種を持ち帰り、それをサントリーと京成バラ園芸が共同で作り出したのが「サフィニア」です。サフィニアはサントリーフラワーズ株式会社の登録商標で、分かりやすく言うと「商品名」です。育て方は「ペチュニア」も参考にしてください。ちなみにサフィニアの名前は匍匐を意味する「サーフィン」とペチュニアの造語です。サフィニアは派生した品種がいろいろとあります。例えば「サフィニアサマー」「サフィニアブーケ」「サフィニアマックス」など。
●サフィニアは欧米でも評価の高い品種です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用