サフィニアの育て方

MENU
TOP>ナス科>サフィニア
スポンサードリンク

サフィニア

サフィニア
科名ナス科
属名ペチュニア属
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


初心者向けのガーデニング植物
サフィニアはペチュニアカリブラコアと同じく春から秋のガーデニング植物の定番にして大人気品種。ペチュニアの園芸品種にも関わらず、別個の植物であるかのように、サフィニアという名前が独り歩きしている状態です。
ペチュニアよりも暑さに強い
ペチュニアよりも暑さに耐性がありますので、真夏の直射日光もなんのその。秋には寒さで枯れてしまう一年草ですが、水を切らしさえしなければ、長い間咲いてくれて、枯れません。まぁ最近は各ペチュニアの園芸品種が改良されていてサフィニアだけが抜きんでている状況ではな無くなりました。
まとめ
摘芯切り戻し)をすること。
●日当たりで管理。
●新しい土で植える。
●気温が上がるまでは水をやりすぎないようにする。
●必ず肥料を追加する。
●花が終わったら摘む。
●育てるのは簡単。
スポンサードリンク

水やりと肥料


土が乾いたら水をやります。
サフィニアはどちらかというと、蒸れに弱い植物なのですが、品種改良でかなり耐性がついていることと、生育する時期が春から夏で蒸発の激しいこと、あと温暖化の影響で、とても水を欲しがります。

土が乾いて居たら水をシッカリとやります。鉢植えにしている場合であれば、鉢底から水が染み出すくらいです。庭植えにしている場合でも、降雨だけでは足りないので、土が乾いているようであれば水をやってください。
●気温が上がるまでは水をやりすぎないように気をつけます。
●気温が上がってきたら、日当たりで管理することが多いので、水切れを起こしやすくなります。夏は朝と夕方の二回、毎日、水をやります。
●朝と夕方の水やりをしても、水切れをするようならば、半日陰に移動して水の蒸発・鉢の温度上昇を防ぎます。また二重鉢という手もあります。

花には水を掛けないようにします
水をやる際にサフィニアの花に水が掛かると花が傷んですぐにしぼんでしまいます。水は出来るだけ土に注ぐようにやってください。ですが、カリブラコアやペチュニアといった植物は元々1つの花が永く咲くタイプではない上に、次の花がドンドンと咲くので、気にしない人は全く気にしないで上から水をジャンジャンと掛けます。
肥料を必ず追加しましょう
肥料をやらなくても枯れることはありませんが、肥料が切れると花が止まります。咲かないサフィニアなんて植えてる意味がありません。肥料は追加してください。
肥料をやるとテキメンに花つきが良くなりますので、是非肥料をやってください。生育期間に一週間に1回液肥をあたえます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き



市販されている土で植え付けします。サフィニア・ペチュニアの土というものも売られています。自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。
●植えるときに苗の土をほぐすと良いです。

連作障害が起きます。新しい土で植えましょう
ナス科の植物は連作障害が出ますので、過去三年の間にナス科の植物が植わっていたに植えないでください。プランターであっても同じ土にそのまま植えると成長しませんので、新しい土で植え替えるか、別の植物を植えてから、サフィニアを植えてください。
プランターなら三つ・できれば尺鉢に1個
プランターは横長なので苗を三つ植えます。しかし、サフィニアの成長速度ではプランターに三つ植えると、根がびっしり広がって、夏ごろまでには根詰まりを起こして、水をやってもやっても水切れを起こしてやすいです。
理想は直径30センチの鉢に苗を1個。ちゃんと新しい培養土で、日当たりで管理して、肥料を追加して、摘芯(切り戻し)をすれば、溢れるように花が咲きます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりで育てる!
日の当たる場所で管理してください。日光が当たらないと花つきが悪くなります。
●風に弱い。高層マンションのベランダの強風にポキポキ折れる。
●日当たりが好ましいが、1日に午前中だけ日が当たるような半日陰でも十分育ちます。花はちょっと少ないけど。

プランター・鉢ならば梅雨時期は軒下へ
梅雨の長雨に晒されると、蒸れて葉っぱが傷み腐ってしまいますので、梅雨の時期だけは軒下に移動するのが好ましいです。よほど長梅雨じゃない限り、梅雨で痛むことはあっても枯れることはないですが、やっぱり見てて気持ちのよいものではないので、できれば移動させましょう。

その他


摘芯をしましょう。株が大きくなります
サフィニアのツルが40センチほど成長したら、ツルの先の芽を少し切ってやると、脇芽が旺盛に出てきて株が非常に大きくなります。これを摘芯と言います。
摘芯をするかしないかによって、夏の終わりに見る株の大きさが全く違います。
花がらを摘む
花ガラというのは花が萎んでしまったもの。花が終わると、植物はそこにエネルギーを注いで、種子を作ろうとします。サフィニアは種子を作らないのですが、それでもエネルギーを注ごうとします。そこで花が終わったら、摘んでやることで次の蕾が咲きやすくなります。
それに花が落ちて、その花が葉っぱなどにこびりつくと見た目も悪いし、そこから病気が発生することもありますので、花ガラは摘んだ方が良いです。
病害虫と対応の農薬
アブラムシ→ サンヨール液剤AL・モスビラン液剤
ハダニ→ サンヨール液剤AL
うどんこ病→ サンヨール液剤AL
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ブラジルのパンパよりペチュニアの原種を持ち帰り、それをサントリーと京成バラ園芸が共同で作り出したのが「サフィニア」です。サフィニアはサントリーフラワーズ株式会社の登録商標で、分かりやすく言うと「商品名」です。育て方は「ペチュニア」を参考にしてください。

ちなみにサフィニアの名前は匍匐を意味する「サーフィン」とペチュニアの造語です。
●サフィニアは欧米でも評価の高い品種です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

サフィニアの関連記事

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用