スーパーチュニア

MENU
使い方
TOP>ナス科>スーパーチュニア
スポンサードリンク

スーパーチュニア(ペチュニアハイブリッド)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ナス科
属名ペチュニア属
学名Petunia hybrid
別名ペチュニアハイブリッド
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
ペチュニアの新品種。夏の暑さに強く、よく開花する。寒さにも耐性があるらしいが、ペチュニア・カリブラコア連作障害を起こし、冬越ししても徐々にダメになるので、やはり一般的には一年草扱い。一株でかなり大きくなるので、とにかく植えるなら大きな鉢(直径30cm)に植えること。詳細な育て方はペチュニアに。ここでは簡単に書きます。
まとめ
初心者向け。冬越しを考えなければ「これで枯らしたらガーデニングなんて無理」ってレベルの簡単さ。
●土が乾いていたら水をやる。夏は朝と夕方の二回水をやる。
肥料をやる。肥料が切れると花が止まる。
●必ず日当たりで。

参考リンク
ペチュニア
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
鉢植え・プランターの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。若干、過湿に弱いので土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。
夏の水やり
夏は早朝か夕方に水やりをします。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めます。朝と夕方の二回、水をやることになります(高気温による蒸発と水を吸い上げる速度が速いので)。
肥料
春から秋まで一週間に一回液体肥料をやるか、一ヶ月に一回緩効性肥料をやります。肥料が不足すると開花が止まるので肥料は必須です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
春に植える。ただし4月はまだ霜が降りることがあり、霜に当たるとスーパーチュニアは一発で枯れる。軒下の霜の当たらないところで管理するか、5月に植えるようにする。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。
植え付け方法
鉢植えの場合は、かならず大きな鉢を用意する。直径30cmかそれに近いもの。小さな鉢に植えると夏までに根詰まりして水をやってもやっても水切れする。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を鉢の中央に入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。
●プランターに3株はやめる。必ず根詰まりする。それだけ根をはる速度が速い。

庭植えの場合は、植え付ける二週間前に苦土石灰をまいて中和させておく。掘り出した土に腐葉土を3割か4割混ぜて、株を入れて、最後に水をやって完成です。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。
●連作障害を起こすので、同じナス科植物を過去3年内に植えていない場所に植える。鉢やプランターの場合は必ず新しい土で植える。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
必ず、日当たりで管理する。半日陰でも育つが花が少なくなる。
霜に当てない
霜に当てると枯れる。4月中は霜が降りることがあるので、鉢植えにして軒下で管理するか、5月まで植えない方がいい。秋になり霜に当たるとおしまい!ってのが普通ですが、霜に当てないでいると関東以西なら越冬も可能。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
アブラムシなど。
剪定
梅雨前に全体を半分ほど切り戻すと脇芽が出て花が増えるし、蒸れの防止になる。ただし、頑健でよく分枝するので切り戻ししないでも問題はない。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
ペチュニアの新品種。割と温度の低い時から開花もする。小さめの花がワンサカ咲くので初心者向け。育て方はペチュニアと同じ。夏の高温多湿に強い。比較的寒さに強く越冬もするらしい。農林水産大臣賞受賞、日本フラワーオブザイヤー最優秀賞受賞(2017)。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用