プランターの植え付けの基礎

MENU
使い方 TOP
ガーデニング基礎知識・雑学>プランターの植え付けの基礎

プランターの植え付けの基礎

プランターの植え付けの基礎
この項目の修正・提案をする
まとめ
●横長65cmのプランターで苗は普通3つ。
●植物によってはプランターでは土が不足する。
●プランターの底にアミがあっても水はけを良くする軽石は敷く。
西日が苦手。
●まっ平らな場所に置くと、プランターの排水が出来ない場合がある。そういう場合はレンガやスノコで浮かせてやる。
スポンサードリンク

プランターに植えるときの注意点

プランターに植えるときの注意点
この項目の修正・提案をする
用意するモノ
●プランター
●苗
用土(新しいもの)
●軽石

鉢へ植えつけと同様に、鉢底にアミ、軽石を二センチほど入れて、その上に土、苗を置いて、隙間に土を流し込んで、水をやっておしまい。
詳細は下記も参考に。

苗を植えるときの注意点はまず、新しい土で植えることです。以前植えた苗が枯れて土が余ってるからってそれを詰め込んではいけません。そういう古い土には雑菌が繁殖し、目に見えない虫や虫の卵が住んでいるんです。また、肥料が偏っていて、成長不良を起こしやすくなっています。

プランターに植えていて前の花が枯れたから、そこに穴を掘って新しい苗を入れてしまうのもNG。とにかく新しい土で植えてください。
新しい土で植えないといけない理由…
必ず新しい土で植えましょう(初心者向け)

プランターいろいろ

この項目の修正・提案をする
プランターって便利。デザイン色々、軽い、何度でも利用可能。でも…安っぽく見える!と見た目に難があるという人もいますが、前にあげたメリットはそのデメリットを確実に上回ります。特に「軽い」。陶器の鉢に土を入れると、まぁーーー重い。腰抜かすほどです。これは実際に陶器の重さで苦労しないとわかりませんけどね。
見た目のデメリットを克服し、なおかつ軽いという利点をそのままにしたものもあります。樹脂製のプランターです。しかしまだお高いし、強度に疑問符も。それに若干プロ仕様の感もあり、一般的ではありません。でもいずれは、ガーデニングのメインステージに上がるかも。

西日に弱い

西日に弱い
この項目の修正・提案をする
プランターは通気性が悪いために、西日を浴びると土内の温度が急上昇して植物の根を傷めることがあります。西日って怖い。真夏の西日は特にヤバイ。この点素焼きの鉢ならば、通気性もありますので、若干緩和されます。それでも暑いものは暑いので、西日そのものが、そもそもヤバイのですね。

そこで鉢ならば、二重鉢というテクニックを使うのです。鉢を一回り大きな鉢に入れて西日を防ぎ、熱上昇を防ぐ……これがプランターに使えないのですね。プランターは西日から逃げるしかないです。

何個植えたらいいか?

この項目の修正・提案をする
普通、3個です。横幅60センチ~80センチのプランターに3個。隙間が空くようであれば4個入れてもいいです。

ですが例外として、野菜があります。ゴーヤトマトキュウリなどなど、そういったものは65センチのプランターに二個以下にとどめておいたほうがいいです。植物に対して土が少ない為に、水切れが起きやすくなります。
●鉢の場合は直径に合わせて、数を調整します。苗の土がくっつかない程度に詰めます。成長する隙間を作っておきます。
●近年開発された園芸品種は非常に大株になる傾向があります。サンパチェンスサフィニアの園芸品種は直径35センチくらいの鉢の真ん中に一個植えるだけで、覆い尽くすほどに成長します。ラベルを見て植えつける間隔を判断しましょう。

底にアミがあるから軽石は不要?

この項目の修正・提案をする
プランターの底にアミがあるから軽石(鉢底石)は入れないでいい・・・ってことはありません。アミの上に軽石を入れて、その上から土を入れてください。理由は、アミだけだと土の重みでアミが潰れたり細かな土が網目を通過したりして底まで土が目いっぱい埋まってしまい、プランター底の排水用の空間が確保できず無意味になってしまうからです。
●あと、軽石を網目状のミカンの入れ物のようなものに入れて底に敷けば、再利用の際の手間が省けるというテクニックがあります。ですが、プランターの場合だと角の部分に軽石が回りにくくなりますので、やめたほうがいいです。
●軽石は少し大粒のものを使ったほうが再利用の際の分別が簡単になります。

また、大きなプランターではその分入れる土の量も多くなり、土の量が多いほど排水確保の難易度は上がります。排水用の穴が少ないタイプのプランターですとなおさら難しいです。穴の付近の土は水が抜けても、それ以外の大半の部分は常に水浸し状態かもしれません。排水の概念に慣れないうちは、「ほどほどの大きさ」「排水用の穴が複数箇所ある」プランターを用いると根腐れの不安が減ります。中に入れる土の量に比例して中に注ぐ水の量は増えますので、その土と水の量に比例して排水できる量も確保していくのがポイントです。

軽石入れたのに水はけが悪い
一口にプランターといってもその形状は様々。中には、排水用の穴が底面にあるといっても中庭のごとく内側にしかないタイプもあります。そういうタイプでも、下が砂利や格子の上なら水が内側の穴から下に抜けるだけできちんと排水され問題はありません(なので粗悪品というわけではない)。問題なのは、テラスやベランダや受け皿などまったいらな場所にそういうタイプのプランターを設置するとき。プランターの底の周囲の部分が地面側のまったいらな面とぴったり密着し、横への水の通り道が塞がれてしまいます。そんな場合は、プランターの下に何か高さ調節用の素材を挟み、プランターを少し宙に浮いた状態にしてやるとうまく排水されます。挟むのは、とりあえずは割りばしでもいいです。レンガやコンクリートブロックで下駄の足のように足を付けてあげたり、すのこ状のものの上に載せてもよいです。
●注意として、割りばし一本分だと水の表面張力で水がピッタリくっついて抜けていかないことがあります。割りばしを割らずに二組重ねたものをプランターの底の両側に設置して足にしてやり、二本分の高さを確保すると水が抜けていくようになります。
●植木鉢の場合、きちんとした見栄えのいい植木鉢載せ台や植木鉢を宙に浮かせる金属製の足などが売られていたりします。
●下に挟む素材として木材を使う場合は、大きさや風通しにもよりますが念のためシロアリに注意すること。時々点検したほうがよいでしょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ガーデニング基礎知識・雑学の仲間


ガーデニング基礎知識・雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用