テラコッタ

TOP > 雑学 > 更新日

テラコッタとは

文章の修正テラコッタはイタリア語の「焼いた土」が語源。本来は素焼と大差ない意味合いですが、ガーデニングでは、素焼鉢の中で、オレンジ色の素焼のことを漠然と「テラコッタ」と呼ぶようになっています。扱いは素焼の鉢と同じです。
スポンサードリンク

テラコッタ、転じて

テラコッタ、転じて
文章の修正テラコッタは本来は、様々な種類があるらしいです。というのも焼き上げる温度によって、色合いが変化するからです。なので本当は例のオレンジ色とも限らないわけです。

このサイトはガーデニングのサイトで、厳密な意味合いでの「テラコッタ」の詳細は、科学や焼き物の専門家に任せます。
テラコッタ風とかテラコッタ調
テラコッタというと、オーソドックスながらも他の雰囲気を壊さない定番の色合いと、デザインでガーデニングでは人気があります。しかし、とにかく重い。そこで最近では見た目はテラコッタで材質は軽いグラスファイバー樹脂という、テラコッタ風・テラコッタ調の鉢があります。
テラコッタ風グラスファイバーの鉢
見た目がテラコッタでありながら軽い。しかも強いといいこと尽くめ。しかしデメリットもありますので、詳細は「グラスファイバーの鉢」のページを参考に。

メリット・デメリット

文章の修正メリット
●デザインが定番で安定していて、何を植えても綺麗
●通気性が良い
●使い回しが出来る。
●経年劣化で外見がボロボロになっても、味に見える

デメリット
●重い――老人には致命的なほどに

デメリットは他にもあるでしょうが、この「重い」というのが、テラコッタの最大かつ致命的な欠点かと思われます。最大のメリットであるデザインや経年劣化すら味わいに変わるというのも、テラコッタの重さの前では意味が無い。観葉植物を植える大きな鉢だと、土の重さもあって、ピクリとも動かないかもしれません。
グラスファイバーの鉢を是非検討してください
グラスファイバー・樹脂の鉢は高いですが、どうしても楽しみたいのであれば、検討の価値があります。

関係記事・人気記事

良い香りがする花一覧

良い香りがする花一覧
オシロイバナやゼフィランサスなどは咲いても香りがするのは夜だけということもありますので、夜になってから匂いを嗅いでみましょう。 [においは色々] 甘い香りもありますが、「香り」に対する印象は個人にもよ…

トマトの連続摘芯栽培

トマトの連続摘芯栽培
トマトを育てるというと一般的には、脇芽をかいて(脇芽を取って)一本仕立てにしてしまいます。この方が管理が楽ですから、初心者は普通にこの一本仕立てをしたほうがよいです。 [でもベランダで一本仕立てじゃあ…

花茎

花茎
[+[まとめ] ●花茎は花が咲いている茎の、枝分かれしているところまでか、葉っぱまでの部分のこと。 ●一般的には花が終わったら、花と花茎を取り除く。花を放置していると種子が出来て株が弱ったり、しぼんだ花び…

グランドカバーの一覧(表)

グランドカバーの一覧(表)
[概要] このページはグランドカバーページにあった一覧を移設したものです。管理人の個人的な評価で星をつけています。 [-[参考リンク] ★グランドカバー-]
管理用リンク
管理用