サフィニアサマーの育て方

MENU
TOP>ナス科>サフィニアサマー
スポンサードリンク

サフィニアサマー

サフィニアサマー
科名ナス科
属名ペチュニア属
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

初心者向けの人気ガーデニング材です。初めてガーデニングをする人におすすめです。
生育サイクル
春に植え付けをして春から夏にかけて花が咲き続けます。秋以降は生育が衰えて霜に当たって枯れてしまいます。挿木して室内で管理するなどすれば越冬も可能ですが、連作障害を起こしますので一般的にはそこまでせず、翌年にまた苗を購入します。
40度以上の猛暑日にも元気
春から秋のガーデニング材として絶大な人気のあるサフィニアですが、そうはいっても本当に暑い夏には枯れることは無いものの花が休みます。サフィニアサマーは夏の暑さに強くなり、35度以上の猛暑日でも花が止まらず咲きます。

水やりと肥料

猛暑日にも花が休まないといっても水は
真夏に花が休まず咲いてくれるので、嬉しいですがその代わり、暑さで水が切れやすいです。毎日朝と夕方に水をやりますが、あまりに水が切れるようならば、半日陰に移動させることも考えましょう。
肥料が切れると花が止まります
花が長期間、大量に咲きますので、肥料を必要とします。肥料が切れると花が止まります。一週間に一回、液肥をあげてください。サフィニアサマーは真夏でも花が咲きますので、真夏も肥料をあげてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

霜が降りなくなってから
店頭には早めに出回りますが、あまり早く植えると地域によっては急に寒の戻りにあってサフィニアサマーが枯れることも。十分暖かくなってから植えるようにしましょう。
必ず新しい土で
庭植えする場合は過去二年か三年はナス科の植物を植えていた場所には植えないようにしてください。ナス科は連作障害を起こします。連作障害を起こすと生育不良が起こします。
また鉢植えする場合も、昨年と同じ土を使わずに必ず新しい土で植えるようにしてください。
用土は市販の培養土
市販している花と野菜の土(培養土)で植えます。サフィニア・ペチュニアの専用土も販売しているのでそれで植えた方が尚いいです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

とにかく日当たりで管理します。半日陰でも育ちますが、花つきが悪くなります。

特徴・由来・伝承


サントリーが開発したペチュニアの園芸品種。夏のガーデニングを変えたと言われるサフィニアの数少ない弱点である、雨と暑さに強くなっています。雨に当たってもサフィニアのようにグチャグチャになりにくく、夏の暑さにも休まずに開花します。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用