ペチュニア・カリブラコアを挿し芽で増やす

MENU
使い方
TOP>雑記>ペチュニア・カリブラコアを挿し芽で増やす
スポンサードリンク

ペチュニア・カリブラコアを挿し芽で増やす

ペチュニア・カリブラコアを挿し芽で増やす
この項目の修正・提案をする
春から夏のガーデニングの定番ペチュニアカリブラコアを挿し芽で簡単に増やすことができます。ワンワン増えるこれらの株を増やすことにさほど価値があるとは思えないが、例えば冬を越したカリブラコアの保険というか株の更新に挿し芽とか、逆にペチュニアの冬越しをするに当たって保険を作っておくための挿し芽とか、そういう目的でやる人もいるし、単に増やすのが楽しいって人も多い。多分、みんな、増やすのが楽しいだけだと思う。
まとめ
●挿し芽の適した時期は5月から7月。
●5センチから10センチくらいに切って、下の葉っぱは取り除き、赤玉土単用の苗床に挿すと二週間から一ヶ月で発根する。
●発根促進剤を使うと成功率アップ。

挿し芽の取り方

挿し芽の取り方
この項目の修正・提案をする
5センチから10センチの脇芽のついた新芽を切る。手で摘まず、必ずハサミで切り、切り口は斜めに切る。できれば切れ味のいいハサミで切り、切り取った後に改めて切れ味のいいカッター・ナイフで切り口を綺麗に切り直す。下の方の葉っぱは落とし、ツボミ・花は取り除く。
●切り口に発根剤を塗ると成功率がアップ。※塗るタイプの場合。
●花があると花に栄養を取られて発根しづらい。それに、挿し芽のツボミが開花してもこぶりな花になりがち。しかし、ペチュニアの場合ツボミや花があっても根付かないということではないです。
●切れ味の悪いハサミは植物を「切って」いるのではなく、「挟んでちぎっている」のに近いため、細胞が死んで発根しづらい。
●どこで切ったらいいかわからない!⇒葉っぱが何枚か残って、差し込む分の茎の長さが確保できれば、適当なところで切ってOK。

水揚げ
切り口を水につけて30分から1時間放置していると、水を吸い上げて葉っぱの先まで水が行き渡ります。こうしてから土に刺したほうが発根しやすい。ただ、ペチュニアはそこまでしなくても発根する。カリブラコアは水揚げした方がいい。なお、水揚げの際にメネデールを薄めた水で水揚げすると発根率がぐんとあがる。
切り花として楽しんだ後に挿す
あまりペチュニアを切り花として楽しむ方は少ないかもしれませんが、一応こんな方法ですら挿し芽できますよというご紹介です。まず、挿し芽同様ある程度の長さのところで切ったペチュニアを数日、切り花として楽しみます。咲いていた花があらかた終わり、ツボミが開花してこぶりに咲いた頃、挿し芽に切り替えます。切り口が傷んで黒くなっているので鋭利な刃物で切り直し、メネデールを薄めた水で水揚げ。その後挿します。ただし、こんな方法もあるよというだけで、素直に挿した場合と比べてやはり若干衰弱していますので、やや発根しづらい感じです。

挿し方など

挿し方など
この項目の修正・提案をする
用土
用土は赤玉土小粒単用(単用ってのは赤玉土だけって意味ね)。肥料分があると雑菌が繁殖して腐ってしまうので、無難に成功させたいなら、おすすめは肥料分のない清潔な赤玉土。赤玉土だけだとあまりに水はけが良すぎるので腐葉土を混ぜる人もいるが基本は「赤玉土単用」。
●(慣れて要領をつかんできたら…あるいは挿し穂が余り過ぎてダメモトで良いなら)普通の培養土や他の花が終わって空地になった鉢にそのまま挿すのでも、ペチュニアの場合は案外根付きます。挿し芽・挿し木のときは清潔な土を使うのが苗の安全のためには最良には違いないですが、ペチュニアの場合、他の土では根付かないということではありません。

容器
ビニールポットでも、プランターでも余った鉢でもいいです。
挿し方
挿し芽の切り口を土に入れて、動かないように少し土を抑えます。挿し芽が簡単には抜けないようにします。挿し芽がグラグラすると発根しづらいです。ペチュニアの場合、すこし深めにブスッと差し込んでおけば大丈夫です。
適した時期
時期は5月から7月。ペチュニア・カリブラコアが最高に生育する時期。この時期なら多少挿し芽のために切っても痛くも痒くもない。花が一段落した時に剪定時にやる人が多い。
●秋でもいい。秋に発根させるのは冬越しに挑戦するためって人が多い。

挿してからの管理

この項目の修正・提案をする
水やり
あとは乾ききらないように管理する。最初の一日二日だけでも、発根を促す「メネデール」を薄めたものを水やり代わりにやるといい。ペチュニアは二週間から一ヶ月で発根する。カリブラコアも同様ですが発根率が悪い。
●やっぱりメネデールや発根促進剤を使うと率は高くなる。ただ、品種にもよるし、元株の栄養状態にもよる。発根剤なんかいらねー!って人も多い。

管理場所
発根するまでは日陰か、木陰。挿し芽がグラグラすると根が出にくい(出ても切れる)ので、風の当たらない場所で管理すること。また、動かさないこと。気になってつまんだりしないようにする。
発根までは二週間とも一ヶ月とも(種類にもよる)。発根すれば鉢に植え替え、一般的なペチュニア・カリブラコアと同じように管理します。
発根したのかどうやってわかるの?
気になってつまんだり掘ったりしたらいけないのに、どうやって土中で発根しているかわかるのか。ニ、三週間経過してもしおれずに緑の葉っぱで直立したままだったら、だいたいは成功している。新しい葉っぱが生えてきたら安全圏に入ったと思っていい。新しく葉っぱが生えてきた箇所に花が咲いたら、もう完璧。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

雑記の仲間


雑記の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用