中国由来という意味をもつ学名「シネンシス」

TOP >雑学>>管理

目次

  1. シネンシスってよく聞きますね。
  2. 中国で発見
  3. SNSボタン・関連記事

シネンシスってよく聞きますね。

文章の修正プリムラ・シネンシスとかデルフィニウム・シネンシスとかサンタンカ・シネンシス、カメリア・シネンシス、スターチス・シネンシスなどなど。よく聞きませんか??わたしもこれがどういう意味なのかよく分かっていませんでした。

シネンシスは綴りで言うと、「sinensis」。学名はラテン語で書かれていますが、これを英語で書くと「chinese」です。日本語で書くならば「中国産の」ということです。
スポンサーリンク

中国で発見

中国で発見
文章の修正シネンセスとは中国から来たという意味なのです。プリムラシネンセスは「中国産のサクラソウ」という意味です。特に性質を表したものではありません。これは18世紀から19世紀にかけて、ヨーロッパの強国がアジアに植物収集に来た結果として「シネンセス」という名前が増えた理由。

学名を付けるルール
学名は一度付けられると、その植物が「中国産」で無かったとしても変更されません。一度つけた学名はその植物の科属が変わらない限りは変更されないようになっています。これは分類の混乱を防ぐためです。
というわけで「シネンセス」と名がついていても中国原産で無いこともあります。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じカテゴリの記事

ニホンミツバチの週末養蜂のまとめ
雑学
ミミズ
雑学
キョウチクトウの剪定枝のゴミ処理について
雑学
霜に当たると植物が枯れる理由
雑学
ナチュラルガーデンの主木候補の一覧
雑学
カリウム
雑学
100均で人気の観葉植物・サボテン・多肉系を8選
雑学
メタアルデヒド系と燐酸第二鉄系
雑学
花茎
雑学
二重鉢
雑学
スポンサーリンク