シャルウィダンスの育て方

TOP >ナス科>カリブラコア>>管理

シャルウィダンス(カリブラコア)

シャルウィダンス
科名ナス科
属名カリブラコア属
学名Calibrachoa hybrids
別名カリブラコア
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. シャルウィダンスとは?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定・切り戻し
  7. 花ガラを摘む
  8. 病気・害虫
  9. 特徴・由来・伝承
  10. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

シャルウィダンスとは?

シャルウィダンスとは?
文章の修正カリブラコア・シャルウィダンスはナス科カリブラコア属の多年草カリブラコアの園芸品種の一つです。育て方はペチュニアとカリブラコアを参考にしてください。
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正鉢植えの場合は土が乾いたら水をやってください。気温が20度以下ならまだ生育が鈍いので、土が乾いたら水をやる程度ですが、日中の気温が25度を超えたあたりから生育が加速して水切れを起こしやすくなります。春と秋は晴れたら水やり、夏は毎日朝夕の2回、鉢底から水が出るくらいにしっかりとやります。

庭植えの場合は土の様子を見て水やりをします。庭植えでも夏は毎日水をやってください。
カリブラコアの水やり
ペチュニア・カリブラコアの管理

肥料

肥料
文章の修正カリブラコア・シャルウィダンスはよく開花するため肥料の消費が速く、肥料が切れると開花が止まります。春〜秋の開花時期は1週間に一回液体肥料をやってください。7月〜8月はあまりの暑さで生育が止まり、開花が鈍くなるので、この時期だけは肥料はストップします。
液体肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え付け・植えかえ

時期

文章の修正4月〜6月に苗が流通するのでこれを植えます。
越冬した場合は毎年4月に土を半分落として植え替えをしましょう。

用土

文章の修正市販の土に植えてください。自作する場合は赤玉土6腐葉土4に化成肥料を規定量入れてよく混ぜて用土とします。ペチュニア・カリブラコアに適した配合の培養土もありますので、少し高いですがそちらが便利です。
培養土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
カリブラコアの土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

鉢植えの植え付け・植え替えの手順

文章の修正直径30cmの鉢(尺鉢)か最低でも8号鉢以上の大きさの鉢に苗を1個植えます。鉢底の水が抜ける穴を鉢底網で塞いで、その上に2センチか3センチほど鉢底石軽石)をしいて、その上に用土を入れて、苗を置いて、隙間に用土を入れて、最後に水をやって出来上がり。

苗の根は少しほぐすと植え付け後に馴染んで広がりやすいです。

冬越しした場合は、春に古い鉢から株を取り出し、土を半分落として新しい土で植え替えましょう。植え替えないと連作障害を起こして生育が悪かったり、病害虫に弱くなります。

庭植えの手順

文章の修正植え付ける2週間前に深さ30cmほど掘り出して、苦土石灰をまいて1週間寝かせて中和させます。1週間たって中和が終わったら、その土に腐葉土か堆肥を3割か4割と化成肥料を入れてよく混ぜて用土とします。

用土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株間は30cm〜40cm空けます。苗の土は軽くほぐすと根が広がりやすいです。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正日の当たる場所で管理してください。日光が少ないと花つきが悪くなります。半日陰でも枯れることはありませんが、花の数が少なくなってしまいます。

梅雨は蒸れて葉っぱが腐ったり根腐れすることもありますので、軒下など雨の当たらないところで管理した方が良いです。夏もあまりに高温多湿で調子が悪かったり、逆に乾燥で水切れするようなら半日陰で管理します。

カリブラコアはペチュニア系にしては寒さに耐性があり、霜が避けられる場所であれば越冬も可能です。翌年春に新芽が出ます。
ただし連作障害を起こしますので、同じ場所(同じ土)で育てていると徐々に株が弱まり、2年か3年で消えてしまいます。

剪定・切り戻し

剪定・切り戻し
文章の修正カリブラコア・シャルウィダンスは若干蒸れに弱いので、梅雨時期に蒸れて葉っぱが腐ることがあります。蒸れそうであれば、間引きして風通しを良くしてください。梅雨前に一旦地上10センチ~15センチくらいで切り戻してしまうと、その後、脇芽が出て株が大きくなります。

切った枝は挿し芽で増やすこともできます。詳細は以下のページを参考に。
ペチュニア・カリブラコアを挿し芽で増やす
ペチュニア・カリブラコアの管理

花ガラを摘む

花ガラを摘む
文章の修正花が終わってしぼんだものを「花ガラ」と呼びます。この花ガラをマメに摘むと花つきがよくなります。花ガラを放置しておくと、種を作ろうと栄養が回り次のツボミが作られにくくなります。

カリブラコア・シャルウィダンスは花ガラを摘まなくても、花ガラが汚くなったり、病気の元になったり、気になるほどに開花が鈍くなるわけじゃないですが、それでも摘んだ方が次の花が咲きやすく、きれいにまとまりますので、できれば摘みましょう。

病気・害虫

文章の修正ウドンコ病ハダニアブラムシ灰色カビ病ウィルス病など発生する。
病気・害虫についての詳細は以下のページを参考にしてください。
ペチュニア・カリブラコアの病害虫
ペチュニア・カリブラコアの管理

特徴・由来・伝承

文章の修正カリブラコアの園芸品種の1つ。小さな花が好く咲きます。早春から晩秋まで咲くので初心者向き。花の大きさが揃いやすく、分岐が良く株が大きくなります。

ペチュニア・カリブラコアでありがちな、中心部分がハゲにくく、こんもりと立派な株に育ちやすいのが特徴です。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

ペチュニア・カリブラコアを挿し芽で増やす
ペチュニア・カリブラコアの管理
カリブラコアのトラブルのまとめ
ペチュニア・カリブラコアの管理
スーパーベル
ナス科カリブラコア属
レモンスライス
ナス科カリブラコア属
ティフォシー
ナス科カリブラコア属
カリブラコア
ナス科カリブラコア属
ミリオンベル
ナス科カリブラコア属
ペチュニア・カリブラコアの病害虫
ペチュニア・カリブラコアの管理
ペチュニアとカリブラコアの違いまとめ
ペチュニア・カリブラコアの管理
ペチュニア・カリブラコアの栽培の注意点
ペチュニア・カリブラコアの管理
ストロベリースライス
ナス科カリブラコア属
カリプッチ
ナス科カリブラコア属
ペチュニア・カリブラコアの水やりのまとめ
ペチュニア・カリブラコアの管理
カリブラコアの品種のまとめ
雑学
ホーリーモーリー
ナス科カリブラコア属
カプリッチオネオ
ナス科カリブラコア属
リリカシャワー
ナス科カリブラコア属
スーパーカル
ナス科カリブラコア属
ペティ
ナス科カリブラコア属
ラブリカ
ナス科カリブラコア属
スポンサーリンク