ジャノヒゲの仲間の一覧まとめ

TOP > キジカクシ科 > リュウノヒゲ > 雑学 > 更新日

ジャノヒゲについての基礎知識

文章の修正育て方
以下のキジカクシ科のリュウノヒゲジャノヒゲノシランヤブランなどは育てやすいもので、基本的に育て方はそう変わらない。詳細は以下のリンクを参考にしてください。
混乱している
ホームセンターなどで売ってるジャノヒゲ系の植物の名前はかなり曖昧。そもそも植物は個体差が大きく、曖昧なのもあるんですが、園芸店やガーデナーにとって「見た目が同じで性質も似たようなもの」となると、正直、「どっちでもいい」となりがち。それに、農園でも育てているうちによく分からなくなるのでラベルも結構あてにならない。以下のリストもあくまで参考程度に。
●複数の名前がついていたり、性質が安定しないものに名前がついていて、混乱状態。

ミスカンサスとも
ミスカンサスは本来、イネ科ススキ属のことを指しているんですが、ノシラン・ヤブランはミスカンサスという名前で流通していることすらある。これは単に「見た目が似ている」から。
スポンサードリンク

ジャノヒゲ Ophiopogon japonicus

文章の修正
リュウノヒゲ(=ジャノヒゲ)
草丈の低い芝生がわりにも使われるグランドカバー。ジャノヒゲとリュウノヒゲは同じもの。オオバジャノヒゲの方が葉っぱが長い。

玉竜(タマリュウ・ギョクリュウ)
リュウノヒゲの葉っぱの小さいものを交配させて出来た品種。ホームセンターなどでは玉竜が実質「リュウノヒゲ・ジャノヒゲ」として売られていることもある。

福玉(姫竜)
玉竜よりもさらに葉っぱの小さい品種。

福竜
小型で白い斑入りの品種。

リュウノヒゲ白竜錦
シルバードラゴン(銀竜)とも呼ばれる品種。白い斑入り。

虎竜
黄色の斑入り品種。一般的なお店では見かけない。

星竜
葉っぱに霧吹きで散らしたような斑入りの品種。

オオバジャノヒゲ Ophiopogon planiscapus

文章の修正
オオバジャノヒゲ
葉っぱの長いジャノヒゲ。Ophiopogon planiscapusのこと。

黒竜(コクリュウ
黒い葉っぱの「オオバジャノヒゲ」。オオバジャノヒゲの品種。黒竜の斑入り品種もある。

オオバジャノヒゲ白竜
オオバジャノヒゲの斑入り品種。

オフィオポゴン・マラヤヌス

文章の修正
オフィオポゴン・マラヤヌス
現在は「オフィオポゴン・カウレスセンス(Ophiopogon caulescens)」と呼ばれているが、ネットでは混在している。

マラヤヌス白竜
マラヤヌスの白斑入り品種。現在はカウレスセンス白竜。

ヤブラン Liriope

文章の修正
ヤブラン白竜Liriope spicata Hakuryu
キジカクシ科ヤブラン属の斑入り品種の白竜。

フイリヤブランLiriope musucari Variegata
ヤブランの斑入り品種。

ノシランOphiopogon jaburan

文章の修正
ノシラン
キジカクシ科ジャノヒゲ属のこと。

フイリノシラン
斑入りのノシランのこと。これとは別にノシランの品種にも「ホワイトドラゴン」という品種があるので白竜が存在する。

関係記事・人気記事

星竜

星竜(ジャノヒゲ属)
[育て方の概要] リュウノヒゲ(ジャノヒゲ)の品種の一つ。葉っぱに霧吹きで白いインクを散らしたような斑が入る。それで星竜とか、散竜とか。育て方はリュウノヒゲと同じ。種子から発芽した株は斑が入っていない…

オオバジャノヒゲ

オオバジャノヒゲ(ジャノヒゲ属)
[育て方の概要] ジャノヒゲの仲間。ジャノヒゲより葉っぱが大きい(大きいというより長い)。グランドカバーに適しているけども、踏みつけに弱いので、頻繁に人が通る場所には植えないほうがいい。「オオバジャノ…

福玉

福玉(ジャノヒゲ属)
[育て方の概要] ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)の品種。玉竜よりさらに小さい。グランドカバーに適しているが、踏みつけには強くないため、人が通らない場所がいい。日当たりでも半日陰でも日陰でも育つ。植えっぱな…

ジャノヒゲ

ジャノヒゲ(ジャノヒゲ属)
[育て方の概要] 蛇の髭と竜の髭(リュウノヒゲ)は同じもの。元々は蛇の髭と呼ばれているものがイメージがいいから別名の竜の髭の名前が使われるようになって、流通では「竜の髭」が一般的になったよう。 草丈が…
管理用リンク
管理用