ヤブランの育て方

MENU
TOP>ユリ科>ヤブラン
スポンサードリンク

ヤブラン(サマームスカリ・リリオペ)

ヤブラン
科名ユリ科
学名Liriope muscari
別名サマームスカリ・リリオペ
みずやり水を好む
場所外の日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


苗が出回るのは秋。春にもたまに見かけますが、花が咲いている秋が多いです。

冬を越して春になると新しい葉っぱが出てきます。それ以前の葉っぱは枯れてみっともなくなりますので、新芽が出る前の3月前後に、古い葉っぱをゴッソリ根本から切り戻してしまいます。こうしないと、春以降に古い葉っぱと新芽が混在して、汚くなります。

水やりと肥料

乾燥に強いですが、春~秋に掛けての生育期に乾燥しすぎると株が弱ってしまいます。地植えにした場合は、根付くまでしっかりと水をやった後は、日照りでもない限りは、降雨だけで十分生育します。

鉢植えにした場合は、年間を通して土が乾いたら水をやる程度にします。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植え付けをします。もしくは赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを使います。
庭植えする場合は、庭土に腐葉土を多めに混ぜておくと生育が良いです。

管理場所・日当たり

日陰に耐え、夏の直射日光によって葉焼けすることから、木の根元や他の植物が育たないような戸外の日陰を飾るために植えることが多いです。日当たりが悪いと花つきが悪くなるので、花を期待する場合は、半日陰に植えますが、花ではなく葉っぱをメインにするのであれば、戸外の日陰で構いません。

斑入りのヤブランは緑葉のヤブランよりも葉やけしやすいです。

寒さにも一定の耐性がありますが、霜が直撃すると徐々に痛んで枯れてしまいます。とはいえ、ヤブランを植えるのは大抵は木の根元など霜が直撃する場所ではないので、植えっぱなしで防寒しません。関東以西・以南であれば戸外で越冬します。

特徴・由来・伝承

サマームスカリという別名がありますが、もちろんムスカリとは無関係。背が低く、葉っぱに斑が入っている園芸品種が多く、花よりも葉っぱに価値を置くこともあります。
多年草で、夏から秋に掛けて咲きます。
花は穂状に小さな花が並び、一般的には紫色。
藪(ヤブ)など、日が差さない場所で育つことからヤブランと呼ばれるように。ランと名が付いていますが、ランではありません。
日陰でも育つため、木の根元などに植えられ、庭園では昔から見られる植物です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用