スノードラゴンの育て方

TOP >キジカクシ科>>管理

スノードラゴン(白竜晃・フイリオオバジャノヒゲ)

スノードラゴン
科名キジカクシ科
属名ジャノヒゲ属
学名Ophiopogon caulescens variegata
別名白竜晃・フイリオオバジャノヒゲ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. スノードラゴンの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ
  4. 管理場所・日当たり
  5. その他
  6. 特徴・由来・伝承

スノードラゴンの育て方

スノードラゴンの育て方
文章の修正育て方の概要
常緑多年草ジャノヒゲリュウノヒゲ)の仲間で学名の「オフィオポゴン」はジャノヒゲ属のこと。たまにオフィオポゴンで流通していることがある。フイリヤブランミスカンサス(ミスキャンタス)などとほとんど見分けがつかず、全部一緒くたにしてとして売っていることがある。業者も区別がついていない(いや、これは仕方ないと思う)。秋に開花して冬に黒い(というか濃い藍色)の実をつける。リュウノヒゲよりもずっと葉っぱが長く、グランドカバーというよりは下草。育てるのは簡単。明るい日陰から半日陰で育てれば手間いらず。鉢植え・寄せ鉢にすることも多い。
育て方はリュウノヒゲと同じでいいです。
大きさ・草丈・樹高
草丈30cm
まとめ
●乾燥に強いが、あまりに乾燥すると先から枯れこむ。
●庭植えにすればほぼ雨だけでいい。
肥料はほぼ不要。
●暑さ・寒さに強い。
初心者向け。


参考②簡単なまとめ
ジャノヒゲとリュウノヒゲは同じもの。
玉竜(タマリュウ)…リュウノヒゲの小型の園芸品種
白竜(ハクリュウ)…リュウノヒゲの斑入り品種。
星竜…霧吹きで吹いたような斑入り品種。
黒竜(コクリュウ)…リュウノヒゲと黒葉の品種。
スノードラゴン…ジャノヒゲ属の斑入り品種。
スポンサーリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
文章の修正水やりのコツ
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。葉先が枯れ込んでいたら水が不足しているので水やりの頻度を調整してください。
肥料
肥料は不要。どうにも生育が鈍い場合は春と秋に油粕などの有機肥料をやる。

植え付け・植えかえ

植え付け時期・用土

文章の修正植え替え・植え付け時期
春先に植えてもいいですが、極端に寒かったり極端に暑かったりしなければ、いつ植えても大差ありません。地面に広がったら掘り出して株分けすることもできます。掘り上げて切り分ければ株分けできます。鉢植えにした場合は2年に1回植え替えをする。
用土
用土はこれといって選びません。市販されている花と野菜の土を利用して植えてください。自作する場合は赤玉土6腐葉土4を混ぜたものを使うか、庭植えの場合は庭の土に3割か4割腐葉土か堆肥を追加して混ぜてから植えてください。

植え付け手順

文章の修正植え付け方法
鉢植えの場合は、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意します。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。

庭植えの場合は、30cm(もっと浅くてもいいです。15cmくらいで)の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土を3割か4割混ぜて、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株同士は10cmか15cm空けます。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。
寄せ植えにもよくする。

管理場所・日当たり

文章の修正日向でも明るい日陰でも育つ。夏の暑さ、冬の寒さに強い。問題なし。
●真夏の直射日光で葉焼けすることがあるが、それで枯れることはない。でも、できれば半日陰(木漏れ日)の場所が好ましい。何かの木の下など。
●耐寒温度はマイナス10度か15度で、雪も霜も問題なし。

その他

文章の修正病害虫
なし
剪定
邪魔なら適当に切る。
新芽が出る前(3月)に全体を刈り込んでやると新葉だけになって綺麗。

特徴・由来・伝承

文章の修正斑入りの葉っぱがサラサラとして涼しげ。学名は「オフィオポゴン・マレヤヌス・バリエガータ」。バリエガータというのは「斑入り」という意味なので、斑入り品種の「オフィオポゴン・マレヤヌス」という意味。じゃあ、斑入りじゃないオフィオポゴン・マレヤヌスがあるのか? あるんでしょうね。
細かいことを言うとリュウノヒゲとは属違い。白竜と言う品種はリュウノヒゲの園芸品種で細かいことを言えば、スノードラゴンとは別物。でも、見た目が同じなので業者もごっちゃになってる。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

リュウノヒゲ
キジカクシ科
オリヅルラン
キジカクシ科
ニューサイラン
キジカクシ科
リュウノヒゲ・白竜錦
キジカクシ科 リュウノヒゲ
タマリュウ
キジカクシ科

人気記事

ヘデラ
ウコギ科
アメリカンブルー
ヒルガオ科
ユーカリの病気まとめ…斑点病・うどんこ病など
雑記
植えてはいけない植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
低木
園芸用語

10月に開花する植物

ササゲ
マメ科
ユーカリ
フトモモ科
花手毬
クマツヅラ科
ピーチネックレス
キク科
金魚の木
イワタバコ科

10月に植え付け・植え替えする植物

シルバーレース
キク科
カーネーション
ナデシコ科
アロマティコ
シソ科 イングリッシュラベンダー
ブルーエルフィン
クマツヅラ科
八重咲きペチュニア
ナス科 ペチュニア
スポンサーリンク