白竜の育て方

TOP >キジカクシ科>>管理

白竜(ハクリュウ・銀竜)

白竜
科名キジカクシ科
属名ジャノヒゲ属
学名Ophiopogon planiscapus
別名ハクリュウ・銀竜
みずやりたまにやる程度
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. 白竜の育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  4. 管理場所・日当たり
  5. その他
  6. 特徴・由来・伝承

白竜の育て方

文章の修正育て方の概要
耐寒性常緑。リュウノヒゲジャノヒゲ)の斑入り品種。正確には「オオバジャノヒゲ」の斑入り品種。育て方はリュウノヒゲと同じ。頑健。夏の暑さ・冬の寒さに強く、一度植えたら植えっぱなし。庭植えにするもので鉢植えにもするが一般的じゃない。夏・秋に花が咲いて冬に黒い実が結実する。
大きさ・草丈・樹高
草丈20cm
まとめ
●育て方はリュウノヒゲと同じなのでそちらを参考に。
●庭のグランドカバーに。
●ただし踏みつけには弱いので、人が歩くところには植えない。
●日向でも日陰でも育つ。
●庭植えすれば水やりはほぼ不要。雨だけで十分。
肥料は基本的に不要。

白竜にはいろいろとある
似たような見た目で同じ名前という面倒なことになってます。
●ジャノヒゲのシルバードラゴン
●オオバジャノヒゲの白竜
●オフィオポゴン・マレヤヌス(現在のカウレシス)の白竜
●コヤブランの白竜
などなど。ホームセンターや業者も見分けがつかないというか、誰にも分からないため、ごちゃ混ぜになって流通しています。この上にミスカンサスも一緒になっている。ちなみに、育て方はみんなほぼ同じなので全く気にしないでもいい。

スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水やりのコツ
雨に当たる場所であれば、水やりは、日照りでも無い限りは必要ありません。葉っぱが枯れているのは水不足です。
肥料
肥料はなくても育つ。ただしあまりに生育が悪い時は春か秋に油粕か緩効性肥料をやる。やっても控えめにする。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正植え替え・植え付け時期
真夏と真冬じゃなければ、いつ植えてもいいです。
用土
市販されている花と野菜の土を利用して植えてください。自作する場合は赤玉土6腐葉土4を混ぜたものを使うか、庭植えの場合は庭の土に3割か4割腐葉土か堆肥を追加して混ぜてから植えてください。株同士は10cmか15cm空けます。
植え付け方法
鉢植えの場合は、鉢底の穴を網で塞いで土が出ないようにしてから軽石を2cmから3cmほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。寄せ植えもできます。

庭植えの場合は、30cmの深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土を3割か4割混ぜて、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株同士は10cmか15cm空けます。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりから半日陰、明るい日陰でも育つ。夏の暑さ・冬の寒さにも強く、頑健。耐寒温度はマイナス10度から15度で、雪にも霜にも負けない。ただ、真夏の直射日光に当たると葉焼けするかも(もしくは夏の高温による水切れか??)。それでも水さえやっていれば枯れることはない。

その他

文章の修正病害虫
なし
剪定
春3月に新芽が出るので、その前に全体を短く刈り込んでやると、新芽ばかりになり綺麗。

特徴・由来・伝承

文章の修正リュウノヒゲの斑入り品種。ちなみに玉竜(タマリュウ)は、リュウノヒゲの葉っぱの小さいのを掛け合わせて作った品種。よって全て学名は「Ophiopogon japonicus」。白竜もスノードラゴンフイリヤブラン・ミスカンサスといった「斑入りの細いシュッとした葉っぱ」の植物と混同されやすい。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

リュウノヒゲ
キジカクシ科
スノードラゴン
キジカクシ科
フイリヤブラン
キジカクシ科
コクリュウ
キジカクシ科
タマリュウ
キジカクシ科
ノシラン
キジカクシ科
ヤブラン
キジカクシ科
オリヅルラン
キジカクシ科
ニューサイラン
キジカクシ科
ジャノヒゲ
キジカクシ科 リュウノヒゲ

人気記事

アキランサス
ヒユ科
植えてはいけない植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
9月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
カランコエ
ベンケイソウ科
スポンサーリンク