ススキ(薄・芒・カヤ)の育て方

TOP >風習>秋の七草>>管理

ススキ(茅・尾花)

ススキ
科名イネ科
属名ススキ属
学名Miscanthus sinensis
別名茅・尾花
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ススキの育て方
  2. 管理場所
  3. 水やり
  4. 肥料
  5. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  6. 剪定・切り戻し
  7. 特徴・由来・伝承
  8. SNSボタン・関連記事

ススキの育て方

ススキの育て方
文章の修正ススキはイネ科宿根草秋の七草の一つ。春から秋にかけて繁茂し、秋に穂を出す。冬になり寒さに当たると地上部が枯れます。寒さにも暑さにも強く、雑草です。葉っぱの縁で指が切れますので、触れる場合は必ず軍手をします。またススキは非常に大きく育ち、二メートルにもなります。なので、狭い庭には植えない方がいいです。それに頑健で種子でも広がってしまうので、広い場所では広がりすぎて困ります。

タカノハススキやヤクシマススキといった小さめか小さい品種を鉢植えで管理するのが便利です。葉っぱに模様が入る斑入り品種もあります。斑入り品種はカラーリーフとして長期間楽しめます。縦縞の入る「縞カヤ」、横縞の入る「タカノハススキ」は肥料バランスが悪くなると縞が消えます。窒素過多になると縞が消えるので、気をつけてください。
草丈1m〜2m
まとめ
●頑健な植物で雑草扱い。植えるなら矮性種や斑入り品種を植えましょう。
●庭植えなら植えっぱなしでほったらかし。ただし広がりすぎないように土中に仕切りを。
●鉢植えなら水やりを。夏は朝夕2回。
●鉢植えなら肥料を少量。庭植えなら肥料は不要。
●日当たりで栽培する。暑さも寒さにも強い。

スポンサーリンク

管理場所

文章の修正日当たりのよいところで管理します。真夏の直射日光でも葉焼けを起こしません。冬の寒さにも強いです。防寒は不必要です。

水やり

文章の修正乾燥にも過湿にも強い
庭に植えた場合は、降雨だけで十分生育します。あまりに日照りが続く場合は水をやります。ほとんど雑草のようなものです。夏の水切れでススキ(カヤ)が枯れるのは滅多にないです。

鉢植えの場合は土が乾いていたら水をやるようにします。少々の乾燥・過湿には耐えられます。あんまりにビチャビチャになると根腐れすることもありますが、滅多にありません。夏は水切れしますので朝と夕方の2回、しっかりと水をやります。鉢が小さかったり、根詰まりしていると2回しても水切れすることがあります。その場合は、半日陰に移動させましょう。
水をやる時は鉢底から水が出てくるくらいにしっかりとやります。冬は地上部がなくなりますが、水やりは控えますが、継続させてください。完全に水を切ると枯れてしまいます。

肥料

文章の修正肥料は不要です。肥料はやらないか、やっても少量、控えめにしましょう。斑入り品種の場合、窒素過多になると縞が消えます。バランス良い液肥を上げることで予防できます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

時期

文章の修正植え替えは地上部がない2月〜3月に行います。植え替えの時に株分けをします。苗の植え付けは基本的にいつやってもそう変わりません。そんくらいに頑健なので。できれば苗は春に植え付けましょう。

用土

文章の修正土質は選びません。一般的な培養土で植え付けます。盆栽にする場合は赤玉土単用にします。赤玉土単用には有機質や肥料をいれないでそのまま植えます。一般的な培養土は有機質・肥料が入っているので、大きく育ちやすくて困るかもしれない。

庭植え

文章の修正庭植えにする場合は、深さ20cmほど掘って、植え付けます。有機質(腐葉土堆肥)を混ぜ込んでもいいですが、有機質があると大きくなるので、無理に入れなくてもいいです。
根が広がるので、仕切りを周囲に入れて、予定以上に広がらないように制限しましょう。

鉢植え

文章の修正鉢底の穴を網で塞いで、軽石を少量入れて、その上に用土を入れ、苗を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をやって完成です。

株を増やす

文章の修正種子から増やすのは難しい
秋に出る綿毛を採種して撒くと発芽することもありますが、発芽率が悪いですので、種子からでは無くて苗を植えます。増やすのは株分けです。植え替えのときに、適当にさっくりと割って…手で割れないから刃物で切る。ノコギリが必要なこともあります…それぞれを植え替えます。庭植えでも4年に一回程度は掘り返して株分けした方が風通しよく健康に育ちます。

剪定・切り戻し

文章の修正5月〜6月に葉っぱを根本から30cm〜50cmほど残して刈り取ります。これは大きくなりすぎるのを防ぐ作業で、やらなかったからといって枯れるわけではないです。矮性種は切り戻さないでいいです。

11月に地上部が枯れたら葉っぱを刈り取ります。そのままでもいいですが、春に枯れた葉っぱと混在するので取り除いておいた方がいいです。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正イネ科の多年草。ススキという言い方もしますが、カヤ(萱)という言い方も。ススキの属するススキ属のラテン語の学名は「ミスカンサス」。
茅葺屋根(カヤブキヤネ)の材料。大昔はススキの葉を家畜のエサ(飼料)にしていた。集落の近くにはこのススキを生やして定期的に刈り込む場所がありました。これを萱場(カヤバ)と呼ばれました。萱場という名前は地名や人名に残っています。
ススキ(カヤ)は頑健な植物で、毎年生えてくるので、「霊的に強い」植物とされ、神社の夏越の祓いではススキ(カヤ)の葉っぱで大きな輪っかをつくり、その中を通ることで穢れを払う儀式をします。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

クズ(葛)
マメ科クズ属
キキョウ
キキョウ科
オミナエシ
オミナエシ科オミナエシ属
ミヤギハギ
マメ科ハギ属
秋の七草
風習謂れ・由来・歴史

同じ科の植物

グラスエリムス
イネ科エリムス属
イタリアングラス
イネ科ドクムギ属
エノコログサ
イネ科エノコログサ属
犬猫の食べる草
イネ科カラスムギ属
ミスカンサス
イネ科ススキ属

1月に開花する植物

洋ラン
ラン科
シクラメン(簡略版)
サクラソウ科シクラメン属
モクビャッコウ
キク科アルテミシア属
カネノナルキ
ベンケイソウ科クラッスラ属
カランコエ
ベンケイソウ科

1月に植え付け・植え替えする植物

キリシマツツジ
ツツジ科ツツジ属
オリビアローズオースチン
バラ科バラ属
ボスコベル
バラ科バラ属
ブナ
ブナ科ブナ属
マルバノキ
マンサク科マルバノキ属
スポンサーリンク