ススキの育て方

TOP > イネ科 > 更新日

ススキ(カヤ・尾花)

ススキ
科名イネ科
属名ススキ属
学名Miscanthus sinensis
別名カヤ・尾花
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

ススキの育て方

文章の修正色々と注意点
葉っぱの縁で指が切れます。触れる場合は必ず軍手をします。またススキは非常に大きく育ちます。二メートルにもなります。狭い庭には植えない方がいいです。それに頑健で種子でも広がってしまうので、広い場所では広がりすぎて困ります。
矮性品種が便利
タカノハススキやヤクシマススキといった小さめか小さい品種を鉢植えで管理するのが便利です。
斑入り品種も
葉っぱに模様が入る斑入り品種もあります。斑入り品種はカラーリーフとして長期間楽しめます。縦縞の入る「縞カヤ」、横縞の入る「タカノハススキ」は肥料バランスが悪くなると縞が消えます。窒素過多になると縞が消えるので、気をつけてください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正乾燥にも過湿にも強い
庭に植えた場合は、降雨だけで十分生育します。あまりに日照りが続く場合は水をやります。ほとんど雑草のようなものです。
鉢植えの場合は
鉢植えの場合は土が乾いていたら水をやるようにします。少々の乾燥・過湿には耐えられます。
肥料
肥料は不要です。ただし斑入り品種の場合、窒素過多になると縞が消えます。バランス良い液肥を上げることで予防できます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正種子から増やすのは難しい
秋に出る綿毛を採種して撒くと発芽することもありますが、発芽率が悪いですので、種子からでは無くて苗を植えます。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりのよいところで管理します。真夏の直射日光でも葉焼けを起こしません。冬の寒さにも強いです。防寒は不必要です。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承文章の修正イネ科の多年草。ススキという言い方もしますが、カヤ(萱)という言い方も。ススキの属するススキ属のラテン語の学名は「ミスカンサス」。
茅葺屋根(カヤブキヤネ)の材料。ススキの葉を家畜のエサにしていた。集落の近くにはこのススキを生やして定期的に刈り込む場所がありました。これを萱場(カヤバ)と呼ばれました。萱場という名前は地名や人名に残っています。

関係記事・人気記事

犬猫の食べる草

犬猫の食べる草(カラスムギ属)
犬猫が食べる草がプラスチックの鉢に植えたものがよく出回っています。猫草と呼んでみたり、キャットグラスと呼んでみたり流通名は様々ですが、その正体は燕麦(エンバク)の若い葉であることがほとんどです。これ…

黒竹

黒竹(マダケ属)
ハチク(淡竹)の変種。葉っぱの緑と茎の黒が鮮やかに映える。その上、モウソウダケやマダケのように太く、大きくならない。人気がある植物です。タケノコは食べられる。竹は最初は緑で徐々に2年かけて黒くなる。 …

ミスカンサス

ミスカンサス(ススキ属)
[ミスカンサス?] ミスカンサスは本来イネ科の植物ですが、似ている植物はミスカンサスとして流通しています。斑入りの龍の髭や斑入りヤブランが混同して流通します(実際、見分けがつかないくらいに似ています)…

アシ

アシ
和風が人気なので、アシがよく売れています。アシは本来、日本の川辺に生えている植物なので、外来種特有の根腐れが少なく来年も草が生えてきて楽しめる植物です。 水は毎日たっぷりと与えて、日光もしっかりと…
管理用リンク
管理用