秋の七草…覚え方は「おすきなふくは?」の7つの植物を紹介

TOP >風習>>管理

目次

  1. 秋の七草とは
  2. 春との違い
  3. 切り花で秋の七草をそろえる?
  4. SNSボタン・関連記事

秋の七草とは

秋の七草とは
文章の修正秋の七草は、正確には「秋の七種」と書きます。秋の七草は以下の7つを指します。

7草の最初の一文字を取って「おすきなふくは」→「お好きな服は?」と覚えると、名前が出てきやすくなる?とも。

オミナエシ

文章の修正オミナエシ(女郎花)
オミナエシはオミナエシ科宿根草多年草)。7月〜10月に開花する。鮮やかな黄色い花が咲く。黄色というよりは蛍光の黄色。花の終わりごろになると臭い。地下茎で増え、こぼれダネでも増えるので、庭植えにする場合は広がりすぎに注意する。
育て方はオミナエシを参考に。

ススキ

文章の修正ススキ(薄・芒)
ススキはイネ科の宿根草。9月〜10月に穂が出る。2mほどに育ち、毎年生えてきて、株が大きくなる。基本的に雑草で、駆除するのは大変です。引っこ抜こうとすると、葉っぱで指を切るので、必ず手袋をして作業しましょう。庭に植えるのであれば、矮性種や斑入り品種を植えるといいです。
育て方はススキを参考に。

キキョウ

文章の修正キキョウ(桔梗)
キキョウはキキョウ科の宿根草。開花は6月〜9月で花の最盛期は夏。愛らしい涼しげな青い花が咲きます。乾燥がちょっと苦手で、特に夏の開花時期の乾燥に注意しましょう。切り花としても流通していますが、夏によく流通していて、秋はあまり見かけません。
育て方はキキョウを参考に。

ナデシコ

文章の修正ナデシコ(撫子)
ナデシコはナデシコ科の宿根草。撫でたくなるほどに可愛らしいから名前がついたとされます。秋の七草のナデシコとはカワラナデシコのことです。日本原産のカワラナデシコと、その他のナデシコが一緒くたになっていますが、微妙に育て方が違います。開花はどちらかというと初夏です。
育て方はナデシコを参考に。

フジバカマ

文章の修正フジバカマ(藤袴)
フジバカマはキク科の宿根草。開花は8月〜9月。地下茎で横にガンガン広がるため、庭植えするときは土中に仕切りを入れましょう。花には青く綺麗なアサギマダラが飛来する。
育て方はフジバカマを参考に。
蝶が飛来する植物については蜜源植物を参考に。

クズ

文章の修正クズ(葛)
クズ(葛)はマメ科のツル性の宿根草で、環境を壊しかねない繁殖力を持つ。花は綺麗で、花には蝶・蜂・蛾、旺盛に広がる葉にはイモ虫・カメムシが集まり、それを食べる昆虫やトカゲや蛇が集まる。
育て方はクズ(葛)を参考に。

ハギ

文章の修正ハギ(萩)
ハギはマメ科の低木。春に枝を出して、秋になるとその枝先に花をつける。痩せ地でも育ち、大きくなりすぎず、頑健で育てやすいが、昔から見慣れたものなせいか、あんまり庭植えされなくなっている。
育て方はハギ(萩)を参考に。

春との違い

文章の修正春の七草が、七草粥にして食べていたのに対して、秋の七草は観賞用とされていますが、その一方で、秋の七草は漢方として利用されていたものが多いので、冬以降の健康を考えての選抜ではないかとする意見もあります。

切り花で秋の七草をそろえる?

文章の修正フジバカマ・キキョウ・ナデシコ・ススキ・オミナエシまでは花屋さんで切花で販売していますが、ハギとクズは見かけません。とは言っても自生の植物ですから、鉢植えでは見かけますし、田舎に行けば生えています。ただし、ハギは水下がりしますので切花には向いていません。

ところで秋の七草、なんて言っていますが、切り花としてはキキョウだけは夏の花というのが現実です。秋以降にはあまり見かけなくなります。キキョウはリンドウに代わりになってもらってください。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

クズ(葛)
マメ科クズ属
キキョウ
キキョウ科
オミナエシ
オミナエシ科オミナエシ属
ススキ
イネ科ススキ属
ミヤギハギ
マメ科ハギ属

同じカテゴリの記事

ハロウィン
風習歴史と起源
直葬
風習葬式
春の七草
風習春の七種
スポンサーリンク