ナデシコ(撫子)の育て方

TOP >ナデシコ科>>管理

ナデシコ(ダイアンサス)

ナデシコ
科名ナデシコ科
属名ナデシコ属
別名ダイアンサス
水やり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. ナデシコの育て方
  2. ナデシコの仲間
  3. ナデシコの管理場所・日当たり
  4. ナデシコの水やり
  5. 肥料
  6. ナデシコの植え付け・植えかえ
  7. 摘芯
  8. 切り戻し・夏越し対策
  9. 挿木で増やす
  10. 花ガラ摘み
  11. ナデシコの種の採取
  12. 病害虫
  13. 特徴・由来・伝承
  14. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ナデシコの育て方

文章の修正ナデシコ(撫子)はナデシコ科宿根草。基本的に開花は4月〜8月で夏の花四季咲き品種は11月まで開花します。非常に強い植物ですし、元々日本に自生しているものなので、水やり肥料以外は植えっぱなしで、充分元気に育ってくれます。
ただ、ナデシコにはいくつか種があり、日本古来のカワラナデシコ以外は夏の暑さに弱く、切り戻しなど対策をして夏越しするか、夏に枯れる一年草扱いにされることがあります。
カーネーションとは似ていますが性質が違います。
スポンサーリンク

ナデシコの仲間

文章の修正ナデシコ(撫子)はカーネーションを除いたナデシコ属(ダイアンサス属)の総称であることが多いです。いくつかの種があるので参考にしてください。

カワラナデシコ

文章の修正カワラナデシコ(河原撫子・Dianthus superbus L. var. longicalycinus)
日本に自生するナデシコで多年草で常緑。秋の七草の一つとされるのはこのカワラナデシコのこと。ヤマトナデシコ(大和撫子)もこちらの種のこと。日本で自生しているものなので、栽培は容易で夏越し・冬越しは問題なく可能。草丈は30cm〜80cmと高め。開花は7月〜10月とされるが、雪に埋もれなければ冬もポツポツと少しではあるが開花する。
花色、立ち姿などが日本人の感性に合っているので庭に植えるならカワラナデシコがいいと思います。手間もかからないし。
カワラナデシコ
ナデシコ科ナデシコ属Dianthus superbus L. var. longicalycinus
を参考に。
秋の七草
風習謂れ・由来・歴史

ビジョナデシコ

文章の修正ビジョナデシコ(美女撫子・Dianthus barbatus)
ビジョナデシコは別名に髭撫子アメリカナデシコなどあるナデシコ属の多年草。ただし夏に高温多湿で枯れるために一年草として扱われることが多い。でも、夏越しできなくもないし、冬越しして翌年も咲きます。草丈は矮性種は20cm、その他の種は50cm前後になる。在来種と四季咲き品種とがあり、在来種は寒さに当たって開花するが、四季咲き品種は低温に当たらなくても開花する。開花するといい香りがする。開花するとかなり派手。
美女撫子
ナデシコ科ナデシコ属Dianthus barbaltus
を参考に。

セキチク

文章の修正セキチク石竹・Dianthus chinensis)
中国原産ではないかとされるナデシコ属で平安時代には日本に渡来していたらしい。日本ではセキチクの品種改良がされていて、イセナデシコ・常夏などが生まれたとされます。常夏はカワラナデシコとも自然に交雑しているらしい。

ただ、常夏という名前は「まるでずっと夏であるかのように開花する」という四季咲き性質を漠然と表していて、一種を現した言葉ではないので、特定の種を指しているかどうかは結構怪しいと思います。
セキチク
ナデシコ科ナデシコ属Dianthus chinensis
西洋石竹
ナデシコ科ナデシコ属Dianthus chinensis

イセナデシコ

文章の修正イセナデシコ(伊勢撫子)
カワラナデシコとセキチクの交配品種とされる。花びらが垂れ下がり、インパクトがある。江戸時代に伊勢地域ではナデシコ栽培が盛んで、19世紀に現在のような花びらの長いものが作出されたとされる。

テルスター

文章の修正テルスター
セキチクとビジョナデシコの交配品種で、よく流通しているナデシコの一種。寒さに強く、夏の暑さにもそこそこ強いため、切り戻しなどすれば夏越しも可能。四季咲き品種は長期間開花する。
四季咲きナデシコ・テルスター
ナデシコ科ナデシコ属Dianthus hybridus
を参考に

タツタナデシコ

文章の修正タツタナデシコ(Dianthus plumarius)
ヨーロッパのナデシコ属の宿根草。日本の夏に弱く、夏越しできないことが多いため一年草扱いにされることもあるが、夏越しはできなくもない。草丈は30cmほど。花色は主にピンク。タツタは龍田香というお香の香りから来ている。香りがよいナデシコ。

ナデシコの管理場所・日当たり

文章の修正日当たりがよく、風通しが良い場所を好みます。春と秋は戸外の日当たりで管理。夏・梅雨の蒸れに弱いのでこの時期は特に風通しの良い場所に移動してください。冬は霜の当たらない軒下の日当たりで管理します。
西日は避ける。

霜には当てないほうが良い
ナデシコ属は寒さには強いのですが、品種によっては霜に当たると傷んでしまいます。枯れるわけではありませんが、何度か当たると本当に枯れます。そこで、霜よけをしてやります。もしくは軒下などに移動します。何かの木の下などであれば、大丈夫です。とにかく直に霜が何度も当たらなければ大丈夫です。
●関東では越冬と書いてある場合、そうは書いてなくても「軒下で霜に当たらなければ」という条件であることが多い。特に最近作られた園芸品種ではそういうのが多いので、当てないようにするといいです。

ナデシコの水やり

文章の修正乾燥気味に管理
土が乾いていたら、水をしっかりとやります。乾燥気味を好み、水をやりすぎると蒸れて葉っぱが傷んだり、根が腐ってしまします。庭植えの場合も水のやりすぎに気を付けてください。

根詰まり
根を張るスピードが速く、水をやってもやってもしおれる場合は、根が張って、根詰まりしていて保水力が落ちていますので、大きな鉢に植え替えてあげます。

肥料

文章の修正四季咲き以外は3月〜5月、9月〜10月に月に二回、液体肥料をあげるか、月に一回緩効性化成肥料をやってください。四季咲きナデシコの場合は、開花しているようならば年間を通じて肥料をあげてください。
●肥料はリン酸の多いものをやると花が咲きやすいです。

ナデシコの植え付け・植えかえ

時期

文章の修正春(3月〜5月)か秋(9月〜10月)に植え付け・植え替えをする。

種まき

文章の修正3月〜4月か9月〜10月に種まきします。ナデシコ属の種子はいくらか百均にも売っています。ポットに用土を入れ、種を3粒か4粒まいて、5mmほど土を被せて、水をやります。日陰で乾燥しないように管理していると発芽します。発芽したら間引き、葉っぱは4枚か5枚になる頃には一本立ちに仕立てます。これを庭か鉢に植え付けます。
摘芯(ピッチ)を施すと、脇芽が生えてきて、花芽が増えますので、ポット苗の新芽が少ないと感じた場合は早めに摘芯をしてください。

用土

文章の修正市販されている花と野菜の土でも大丈夫です。もしくは赤玉土腐葉土2川砂2を混ぜたもので植え付けをします。

鉢植え

文章の修正鉢は7号鉢に1苗を植える。根詰まりしているなら植え替えをします。春(3月〜5月)の植え替えなら、多少土を落として根を整理してもいいです。これは土を落として植え替えるダメージを春から夏の成長時期に簡単に取り返せるからです。秋の植え替えは土を落とさないで植える。鉢→庭植えも可能です。

鉢底の穴を網で塞いで、その上に水はけをよくするための軽石を2cmほど入れ、その上に用土を入れ、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をやって完成です。

庭植え

文章の修正基本的に庭植え推奨です。ナデシコは庭植えにすると株が大きくなり、生育も明らかに良いです。株間20cm以上を取ります。春〜夏によく生育して隙間を埋めるので、株間はちゃんと取りましょう。

植え付けの1週間前に深さ20cmを掘り返して、庭土に対して2割ほどの腐葉土か堆肥を足して、よく混ぜて用土とします。用土を半分戻して、苗を20cm間隔で植え付けていきます。最後にしっかりと水をやって完成です。
●春にポットの苗を植える場合に、ポットから苗を出してみたときに土が根で真っ白になっていたら、軽く根をほぐしてから植え付けます。こうしないと根付きが悪くなることがあります。

摘芯

摘芯
文章の修正成長点を切って脇芽を出させることを「摘芯」と言います。脇枝が少ないなら、頂点を切って、脇芽を出します。枝が増えると花が増えますので、摘芯するかしないかでは花の数が全然違います。

切り戻し・夏越し対策

文章の修正ナデシコ属の中でも外来種は日本の梅雨・夏の高温多湿が苦手なので、梅雨前か夏前に株全体を半分ほど切り戻し、傷んだ葉っぱを取り除き、葉っぱを間引いて風通しをよくします。また、夏はできれば風通しの良い半日陰に移動させます。
対策をすれば、大体は夏越し可能です。
●切り戻しには摘芯の効果もあります。

挿木で増やす

文章の修正挿木は5月か9月に行います。3節切って、赤玉土単用を入れたポットに挿します。開花した枝は失敗するので、咲いていない枝の脇芽が出ているものを使うといい。切り口はカミソリで斜めに切って、水揚げする。水揚げは切り口を水に30分ほど浸けること。水揚げは葉っぱの先まで水を行き渡らせて、発根するまでに水切れしないようにする作業です。あとは切り口にルートンをまぶすとなおいい。

節から発根するので節が土に埋まるようにしてください。斜めに節が土に埋まるように埋めて、乾燥しないよう水をやって日陰で管理していると2週間で発根する。発根して葉っぱが出てきたら植え付けます。
●赤玉土単用など、肥料も雑菌もないものを使うといいです。

花ガラ摘み

文章の修正花がしぼんだら、種子ができる前に摘む。これを花ガラ摘みといいます。種子を作ろうとすると次の花が咲きづらくなり、株も弱くなってしまう。手で花を摘んだら、根本から抜けることがあるのでハサミで切ったらいい。もしくは節で折りましょう。

ナデシコの種の採取

文章の修正花が終わった後、花ガラをそのまま放置しておくと、そのうちいくつかは種子ができます。花ガラのみならず花茎の部分まで枯れだしたら、種子が完熟して取りごろです。花びらの部分だけが枯れた時点ではまだ種はできていないので、花茎まで枯れが及ぶのを待ちます。

病害虫

文章の修正サビ病
サビ病が発生する。ナデシコ類は発生するが、カーネーションはあまり発生しない。カリグリーンで予防する。挿木をする時に使うといいです。

灰色かび病
花に灰色のカビが生える。風通しが悪い、水やりが多いなどが原因。

ウィルス病
葉っぱに模様が出て、徐々に弱って枯れていく。原因がウィルスで感染すると治療はできず、他のナデシコにも感染してしまう。感染した株の汁を吸ったアブラムシハダニが別の株の汁を吸うだけで感染するので、発症したらすぐに廃棄する。

ウドンコ病
葉っぱに粉を吹くカビの一種。株が健康で風通しがいいと発生しないし、発生してもいつのまにか治っている。発症した部分を取り除き、廃棄し必要ならば薬剤を散布する。

ハダニ
小さな虫で葉っぱの裏に潜んで汁を吸う。乾燥を嫌うので、葉っぱに水をかけることで予防ができます。アーリーセーフを散布するといいです。ウィルス病の原因になるので予防しておきたいです。

クロウリハムシ
黒い甲虫で、葉・花を食べる。前もってオルトランを撒いておくか、ベニカスプレーをかける。ダントツ水溶剤でも。ホタルのような見た目ですが蛍ではないです。

アブラムシ
葉や茎の汁を吸う。新芽にたかり、弱らせる。オルトランを前もってまいておくと予防できます。ウィルス病の原因になるので予防し、発生したら早く駆除しましょう。

ヨトウムシ
夕方以降に土中から出てきて、葉っぱを食べる。食害され、糞が落ちているのに、虫が見当たらない場合はヨトウムシ。土の浅いところに潜んでいるので、軽く掘り返すと発見できる。もしくは夕方に見張りする。
ヨトウムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

モグラ
庭に現れる害獣。土中に穴を掘ってしまう。本線にフルーツガムをまいておくとモグラは死ぬ。モグラはガムで消化不良を起こすため。

特徴・由来・伝承

文章の修正日本では万葉集に読まれたり、異名である「常夏」は源氏物語の巻名の1つとなっているように、昔から愛された植物です。特に平安時代には貴族に愛されました。ところで異名の常夏は、四季咲きに改良されて、夏のようにずっと咲くために名づけられました。

「大和撫子」という言い方は、日本古来のカワラナデシコのことを指し、「常夏」と区別する為に呼ばれ始めました。常夏という言葉が「床」…つまり寝床を連想させ、性的なイメージから女性に結びついたと言われています。現在の言葉で「ヤマトナデシコ」と言うとそれは「清楚でおしとやかな女性」を意味します。これは咲き姿が咲き乱れるというものではなく、凛としていることから来ています。

フランスで自生していたナデシコを改良したものがカーネーションと言われています。その後江戸時代にはカーネーションは日本に来ています。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

四季咲きナデシコ・テルスター
ナデシコ科ナデシコ属
ハマナデシコ
ナデシコ科ナデシコ属
美女撫子
ナデシコ科ナデシコ属
セキチク
ナデシコ科ナデシコ属
ダイアンサス・ブラックアダー
ナデシコ科ダイアンサス属
カワラナデシコ
ナデシコ科ナデシコ属

同じ科の植物

センノウ
ナデシコ科センノウ属
テマリソウ
ナデシコ科ナデシコ属
オノエマンテマ
ナデシコ科カソウミソウ属
シレネ
ナデシコ科
ムーンダスト
ナデシコ科
サギナ
ナデシコ科サギナ属
カーネーション
ナデシコ科ナデシコ属
アグロステンマ
ナデシコ科ムギセンノウ属
西洋石竹
ナデシコ科ナデシコ属
カスミソウ
ナデシコ科
スポンサーリンク