ハマナデシコ

MENU
使い方
TOP>ナデシコ科>ハマナデシコ
スポンサードリンク

ハマナデシコ(浜撫子・藤撫子・紅撫子・夏撫子)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ナデシコ科
属名ナデシコ属
学名Dianthus japonicus
別名浜撫子・藤撫子・紅撫子・夏撫子
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
耐寒性多年草・常緑。海岸の崖・砂地に自生。暑さ寒さに強い方。ただし大株になると夏の暑さで枯れやすい(株の寿命が短い)。庭植えにすると大株になり枯れるので、枯れる前に挿し木か採種して新しい株を作って保険をかけておく。こぼれダネで増えることもある。
大きさ・草丈・樹高
40cmから50cm
まとめ
●寒さに強い。暑さにもということも強いが、暖地では夏は半日陰に移動するか、最初から半日陰に植える。
水はけの良い土で植える。
水やりは普通。庭植えにしても水をやる。
●生育期に肥料を。
●大株になると夏に枯れる。保険のために挿し木して株を増やしておく。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
庭植えの場合も土が乾いていたら水をやります。
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。過湿に弱いので土が濡れている間は水やりをしないでください。受け皿の水は捨ててください。
肥料
鉢植えの場合だけ生育時期に薄い液体肥料を二週に一回やります。
庭植えしたら肥料はなくてもいい。あまりに生育が鈍い場合に液体肥料を。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
鉢の植え替えは毎年。植え替えは3月に行う。
用土
酸性を嫌うので庭植えする場合は石灰を撒いて中和する。
水はけの良い土を好む。
用土は一般的な花と野菜の培養土か、赤玉土腐葉土3を混ぜたものを使います。
植え付け方法
鉢植えの場合は、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。株間は25cm。プランターだと三株入れます。

庭植えの場合は、植え付ける一週間前に前に植える範囲深さ30cmほど掘り、石灰を撒きます。植え付ける直前に土に腐葉土を3割か4割混ぜて、株を植えて、最後に水をやって完成です。株と株の間は25cm。
種子
秋(9月10月)に種子をまいて冬を越させる。苗床を用意して、上記の用土を入れ種子をまいて土をかぶせて水をやっていると発芽する。発芽温度は20度。本場が4枚か5枚になったら庭植えや鉢植えにする。
挿し木
6月に10センチほどの枝を切って、水揚げして、土にさしていると発根する。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日光を好み、暑さ寒さに強いとされる。
耐寒温度はマイナス5度くらい。土が凍らないなら防寒は不要。霜に当たっても枯れない。冬は寒さで生育が悪い。
夏も日当たりで育つが、株が大きくなると暑さで枯れてしまう。これはもうしょうがないものとして諦める。株が小さい時でもできれば夏に半日陰になる場所が好ましい(特に暖地は夏に枯れやすい)。

その他

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
日本の本州から沖縄、中国の海岸部に自生する。浜辺に咲いているので「ハマナデシコ」。花色が藤色でフジナデシコ、赤いのもあるのでベニナデシコ、夏に咲くのでナツナデシコと色々と名前がある。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ナデシコ科の仲間


ナデシコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用