バーミキュライト

TOP >ガーデニング基礎知識(中級編)>>管理

目次

  1. バーミキュライトとは
  2. 性質
  3. バーミキュライトの使用目的
  4. 最後に
  5. SNSボタン・関連記事

バーミキュライトとは

文章の修正バーミキュライトは土壌改良剤として利用する園芸資材。
黒雲母や金雲母が風化した酸化珪素・酸化マグネシウム・酸化アルミニウムなどを含む鉱物。中国・南アフリカ・オーストラリアなどで算出される。この鉱物を700度〜800度で加熱処理すると、バーミキュライト内部の水分が膨張してアコーディオン状の形状に膨らませる。この膨らんだものが土壌改良剤として流通している「バーミキュライト」。キラキラとしていて、培養土をよくよく見ると入っています。
バーミキュライトの購入はこちらから
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

性質

文章の修正pH
pHは中性。

保水性
アコーディオンのような構造になっていて、隙間に水がたまるため、保水性がある。

通気性
小さな穴があり、通気性もある。

断熱性
バーミキュライト内部に小さな穴・隙間があるため、断熱効果もあります。主に種まき用土として利用される際に、種子の保温をします。

軽い
中に穴が空いているため、量のわりには軽い。土を軽く仕上げたいときはバーミキュライトを多めに入れることもあります。特にハンギングなどの軽さが必要なものに使いましょう。

価格
ちょっとお高い。メインで利用するものではないので、問題はないですが。

バーミキュライトの使用目的

土壌改良剤

文章の修正保水性・通気性があるので、土の保水・通気性を改善するために入れる。
カリウム・マグネシウム・鉄分といった植物に必要な栄養素が含まれていますが、肥料としては利用できないので、バーミキュライトは土壌改良材です。

挿木・種まきの用土として

文章の修正800度で加熱しているため、店頭で袋詰めしてあるものは無菌。また膨らんでいて、その隙間に水が入り、保水(水もち)がよいため、挿木・種まきによく利用される。また、水もちもいいですが、通気性もよい。ただ、軽いため、水やりでバーミキュライトが簡単に動くため、根が安定しない。

バーミキュライトの再利用
挿木・種まきなどで利用したバーミキュライト内部には雑菌が繁殖しているため、再利用するときは殺菌する必要がある。使用したバーミキュライトは鍋やフライパンで水を加えて10分以上沸騰させて殺菌してから、乾燥させて再利用します。

土の軽量化

文章の修正通気性・保水性・中性であることから赤玉土の代わりに利用することもある。特にマンションのベランダやハンギングなどでできるだけ軽く仕上げたいときはバーミキュライトがいいです。ただし、赤玉土より高価なので、赤玉土の全てをバーミキュライトにするのではなくて、半分とか一部だけ替える。

最後に

文章の修正バーミキュライトは土壌改良を第一の目的として、挿木・種まきの用土としてもよく利用されます。ガーデニングをするなら、とりあえず一袋購入していても損はないです。
バーミキュライトの購入はこちらから
Amazon
楽天市場
他の用土については以下のリンクを参考に。
用土
雑学
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じカテゴリの記事

こぼれダネ
ガーデニング基礎知識(中級編)
鹿沼土
ガーデニング基礎知識(中級編)
アシナガバチ
ガーデニング基礎知識(中級編)駆除する前に考えて
越冬できるハーブ
ガーデニング基礎知識(中級編)多年草・宿根草のハーブの一覧
フラワーギフト(花束・アレンジ・花鉢)のセロハンは外すべき?
ガーデニング基礎知識(中級編)
米糠
ガーデニング基礎知識(中級編)
グリーンカーテン
ガーデニング基礎知識(中級編)
ゼオライト
ガーデニング基礎知識(中級編)土壌改良・根腐れ防止
一年草のハーブ
ガーデニング基礎知識(中級編)
繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
スポンサーリンク