カリウム(ガーデニングの肥料の基礎知識)

MENU
使い方
TOP>雑学>カリ
スポンサードリンク

カリウムのまとめ


この項目の修正・提案をする
まとめ
●カリウムが不足すると株が弱り、病害虫・暑さ・寒さに弱くなる。
●カリウムは根を強くして、病害虫・暑さ寒さに強くなる。
●カリウムを含む肥料は草木灰。
●カリウムそのものの肥料としては硫酸カリウム・塩化カリウムがある。
●よく「カリウムを多く含む肥料」をやるといい!と解説文に書いてあるんですが、実際にはそんな肥料はないし、硫酸カリウム・塩化カリウムを施肥するのは面倒なので、カリを含む液体肥料をやればいいです。
スポンサードリンク

カリウム


この項目の修正・提案をする
根を育てる栄養素
カリウム、もしくはカリ、Kとも書く。実はカリが何を育てるのか、効果・メカニズムは分かっていないんですが一般的には「根を育てる栄養素」と言われています。カリウムが不足すると、タンパク質代謝がうまくいかなくなり、デンプン生成がうまくいかなくなり、酵素がうまく活動できなくなったり、まぁ、ややこしいことをすっ飛ばせば、カリが不足すると株が弱くなって、病気や暑さ・寒さに弱くなったり、病害虫に弱くなってしまいます。
●肥料にはよくいう「三大栄養素」のカリ・窒素・リンと、そこにマグネシウムとカルシウムを含めた「五大栄養素」とも言います。
●カリウム不足になると下葉から黄色くなる(傾向がある)。ただ、一般家庭でのガーデニングで実際にカリウム不足が起きるなんて、本当にあるのか疑問。
●多分不足して問題になるのは「リン(P)」くらいのものです。リンが不足すると開花が鈍くなる。

カリウムを多く含む肥料

この項目の修正・提案をする
草木灰
ワラや落ち葉、枯れ草などを燃やしてできるのが「草木灰」です。成分としては石灰、リン酸、ケイ酸、カリウム。問題は石灰で、石灰を土に混ぜると中和し、ひどいとアルカリ性になってしまう。場合によっては草木灰をやりすぎるとカリウム追加の効果よりも、アルカリ性になって植物にとって悪い環境になるかもしれません。草木灰は使用済みの土にやるといいです。
●昔は野焼きをして、上記成分を土に混ぜ込んでいたわけです。
●ネットやホームセンターで売っています。

硫酸加里(硫酸カリ)
カリウムは鉱山から掘り出されたものを精製して、肥料として流通しています。塩化カリと硫酸カリがよく流通しています。塩化カリの方は芋(ジャガイモサツマイモ)に使うと、繊維質になるからです。
●硫酸カリ(カリウム)・硫安(=硫酸アンモニウム=窒素)・過リン酸石灰(リン)を組み合わせて、一般家庭で肥料を作って元肥として使うことがありますが、まーよっぽどのマニアです。ほぼ農家です。
●硫酸カリは非常に「速効性」でちょっと施肥するだけで過剰になる。

塩化カリウム
硫酸カリウムは塩化カリウムをさらに精製したもの。塩化カリがカリウムを約60%、硫酸カリがカリウムを約50%を含んでいます。塩化カリウムを使うと芋類は繊維質が多くなるので使わない。
琉化カリウム
名前がよく似ているけど、硫酸カリウムとは別物。体に悪いので、仕様のためには防護服のようなものを着ないとダメ。よって普通は使わないし売ってない。

ガーデナーのためのカリウムの知識

この項目の修正・提案をする
肥料は植物が生育するために必要なものなんですが、それは極端に生育のいい植物に限った話です。ガーデニングで肥料不足ってのは「よほど」です。品種にもよりますけどね。よくカリウムが不足するとキャベツの外側の葉っぱが黄色くなる!なんて話があるんですが、キャベツなんてのは極端に育ちの早い植物ですから、このサイトで一般的なガーデナーではなかなかお目にかからない現象です。
カリウムの多い肥料?
カリウムは植物を強くする性質があるとされ、カリウムを多く含んだ肥料をやることで、植物が病害虫に強くなり、寒さ暑さに強くなるとされます。特に、冬・夏を越したいときに「カリウムの多い肥料を」という記述をすることがあります。うちのサイトでもそうです。しかし、「カリの多い肥料」なんてものはない。なので、無理にカリウムが多いものを入れなくても(草木灰や硫酸カリを使わなくても)、カリ成分が入っているのであればそれでいいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

カリの日記

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用