春の七草

TOP > 風習 > 更新日

春の七草とは

春の七草とは
文章の修正セリ
ナズナ(ぺんぺん草)
ゴギョウ
ハコベ(ハコベラ)
ホトケノザ
スズナ(カブ)
スズシロ(大根

を春の七草としています。

元々は人日(ジンジツ・一月七日)に七種の野菜が入った汁を食べる中国の風習が日本に伝わったもの。

正月の一日が鶏、二日が犬、三日が猪、四日が羊、五日が牛、六日が馬の日として、七日目は「人日(ジンジツ)」として、人を殺さない…つまり死刑執行を行わない日としていました。この日は同時に一年で最初に占いをする日であり、七種の野菜が入った汁…厳密に言うと現在の七草粥とは違うものを食すことで邪気をはらい無病息災を祈願していました。

この中国の風習が平安時代に日本に伝わりました。ですが、現在のようなセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロといった初春の野菜を食べる風習が広まったのは江戸時代です。江戸幕府は一月七日に七草粥を食べることを公式行事として毎年行っていました。

中国の風習を元にしていますが、趣旨はずいぶんと違います。
スポンサードリンク

ナズナ売り

文章の修正現在では七草粥を自力で集める人はほとんど居なくなりましたが、昔は自力で集める人もいました。

「ナズナ売り 元はタダだと 値切られる」という川柳があります。
江戸時代にはナズナ売りという職業があったそうです。

職業といっても、老人か子供がこずかい稼ぎにやる程度のもので、ナズナで財を成すというものではないですが、金銭でやり取りしていました。ナズナは七草粥でだけで食べられるのではなく、江戸時代では一般的な野菜で日常的に食べられ、しかも非常に安価だったそうです。

セリと毒ゼリ

文章の修正セリの仲間で、毒ゼリがあります。もちろん毒があり、食すと嘔吐、下痢、呼吸困難などの症状を起こし、死ぬこともあります。
セリは背が低いですが毒ゼリは1メートルほどに成長する。
毒ゼリには独特の香りがある。
毒ゼリの根本にはタケノコのような根塊がある。
など見分けは付きますが、素人判断は危険なので、やめておきましょう。

関係記事・人気記事

秋の七草

秋の七草(謂れ・由来・歴史)
秋の七草は、正確には「秋の七種」と書きます。 秋の七草は以下の7つを指します。 オミナエシ(女郎花) ススキ キキョウ(桔梗) ナデシコ(撫子) フジバカマ(藤袴) クズ(葛) ハギ(萩) 7草…

ハロウィン

ハロウィン(歴史)
そもそもはケルト人がこの時期にサムハインだとかサウィンとかいう死者と火の祭りを行っていたことがハロウィーンの始まりらしい。このお祭りはケルト人の「大晦日とお盆」のようなもので、自然崇拝のドルイド教は…

披露宴

披露宴
平安時代は、男性が女性の家に通う「通い婚」でした。男性と女性は恋愛関係になり、男性が女性の家に通い、それが露見する。その露見するという部分が披露宴でした。 通い婚では男性が女性の家に通っていること…

区民葬

区民葬
区民葬とは。故人が東京都23区に住んでいた、もしくは遺族が23区内に住んでいる場合に、受けられる葬儀セットのことです。 [それで安いのか] 結論から言うと、安くないです。 区民葬だけでなく市民葬とい…
管理用リンク
管理用