大根の育て方

MENU
使い方 TOP

大根(ダイコン)

大根
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名アブラナ科
属名ダイコン属
学名Raphanus sativus var. longipinnatus
別名ダイコン
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
一般的には秋に撒いて冬に収穫
9月前後に種を撒きます。大根の生育温度は17度~20度。涼しい環境を好みます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
種は三センチ程度の深さの穴をあけて覆土する
大根の種は嫌光性発芽種子なので通常の種をまく深さよりも深く蒔く。そうしないと一本も出てこないこともある。
深い位置に種を蒔くため基本的に水やりは不要だが、日照りが長期間続いたなら水やりは必要。
いい大根を収穫するには間引きが重要で、本葉が2~3枚になったら三本まで間引き、本葉が5~6枚になったところで一本にする。
はつか大根は五センチくらい間をあけるだけでOK。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
直根性
大根や人参といった根菜類は苗から植えるということが、基本的に不可能で、種を撒いて育てていきます。そのために苗というものが流通していません。
まずは深く耕す
栽培に大事なのは深く耕すことです。深く丁寧に耕すことがよい大根を作る条件です。よく二股だとかクネクネ曲がった大根をテレビや雑誌で見かけますが、あれが土の中に石があったり、土が固いと発生しやすいです。酸性の土を嫌うので種を撒く一週間前までに苦土石灰を混ぜ込みます1平方メートルあたり100グラム程度です。また緩効性肥料を混ぜておきます。
種を撒く
指で穴を開けて、そこに種子を4粒ほど入れます。株と株の間は30センチは離して下さい。発芽率が良い種子(信頼できる会社の種子で新しいもの)ならば、1粒でもいいかも。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
アブラナ科の野菜の一種。一口に大根といっても二十日大根(ハツカダイコン・ラディッシュ)などや、桜島大根や聖護院大根といったカブのような形状(球に近い)の品種もあります。
春の七草のスズシロ(清白)は大根のこと。

エジプトのピラミッド労働者の食料として二十日大根に近いものが栽培されていたとされるほど、古くからある野菜。日本の生産・消費は世界で一位。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「大根」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

アブラナ科の仲間


アブラナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用