蜜源植物…蝶や蜂を呼び寄せる植物の一覧。バタフライガーデンにどうぞ

TOP >ガーデニング知識(上級編)>>管理

蜜源植物でバタフライガーデンを

蜜源植物でバタフライガーデンを
文章の修正概要
蝶々・蛾・蜂・アブなどを寄せる蜜がたくさん出る「蜜源植物」についてまとめています。基本的には花が咲くのであれば花粉・蜜を求めて虫は寄ってくる。もしくは葉っぱに卵を生みつけるために寄ってくる(アゲハチョウなど)。卵を生みに来るのは「蜜源植物」とは違うのですが、蝶々が寄ってくるので含めて書いてます。
小さい花が集まったタイプの方が人気がある。例えば、ヘリオトロープブッドレアランタナ三尺バーベナなど。モンシロチョウは白・白紫を好む。アゲハチョウは赤・ピンクを好む。ただしこれは傾向であって絶対ではないです。品種改良が進んだ花は虫は好まない傾向がある。品種改良が進むと花粉と蜜が少なくなりやすいので(人間の鑑賞用に改良するため、色や病害虫耐性や生育速度に注力し、花粉や蜜はどうでもいいから)。ただしあくまで傾向。蜜が多く、花びらが一重の花が蝶などに好まれる(上に乗っかって蜜を吸いやすいため)。
蝶は夏に体温を下げるために水を欲しがるので水たまりを作っておくといいが、蚊が発生するのでボウフラ対策として睡蓮鉢などに水を張って水草を入れ、メダカを住まわせるといい。
まとめ
●蜜源植物で特別な存在はブッドレアくらい。花さえ咲いていれば、蝶々・蜂はやってくる。
●白い花にはモンシロチョウ。アゲハは赤・ピンクを好む傾向がある。
スポンサーリンク

蜜源植物一覧

ブッドレア

蜜源植物一覧
文章の修正ブッドレア
フジウツギ科の低木で初夏(6月)から秋(10月)まで開花する。シジミチョウなどいろんな蝶がたくさん来る。蜜源植物・バタフライガーデンの話題になるとまず上がる植物。最初の候補になる植物。樹高は最大で4m前後。半日陰でも結構よく咲くので人気。ただし根が太くて邪魔になるかもしれないので植える前によく考える。不安なら鉢植えにする。繁殖力が強い植物というよりは「植えた後に後悔した…」という人をチラホラ見かける植物。移植に弱いので根を傷つけるとよく枯れる。

品種によって蝶を寄せる力が違う…花の色が薄い方が蝶が来る?らしいが、本当かどうや怪しい。実際に育てた人が言うには「目に見える差は感じない」。ただ、色合いによって寄る蝶の種類が違う。濃いピンクにはアゲハ、薄いピンクにはシジミチョウ、白い花にはセセリチョウなど。
●ブッドレアが植えにくいなら次点にニンジンボク暖地であればデュランタをどうぞ。

ランタナ

文章の修正ランタナ
独特な花が5月から10月あたりまで開花し、アオスジアゲハなどが飛来する。肥料が切れると開花が鈍くなるので肥料切れしないようにする。春から秋の定番ガーデニング材。庭植えにして、越冬し低木化するとトゲが出てくるので、そうなる前に伐採する。トゲのないコバノランタナもある。

アスクレピアス

文章の修正アスクレピアス
ガガイモ科の植物で初夏(6月)から秋(9月)に開花する。蜜源植物で蝶・虫を寄せるが園芸植物としてあんまり人気がない。越冬すると低木化する。
●ガガイモ科(サクラランアスクレピアスハートカズラブルースターなど)は花にバニラの香りがしてアサギマダラを呼ぶらしい。

バーベナ・三尺バーベナ

文章の修正バーベナ三尺バーベナ
クマツヅラ科の春から秋に開花する植物。バーベナは園芸植物で、三尺バーベナは雑草。バーベナの方が見た目が良いが虫を寄せるのは三尺バーベナの方。三尺バーベナは土が凍結すると地上部が枯れるが、こぼれダネで春には芽吹くことがあるし、凍結しない地域では普通に越冬する。

ニンジンボク

文章の修正ニンジンボク(セイヨウニンジンボク
シソ科の低木。蝶・クマバチが来る。真夏の暑さに負けずに青い花を開花するので貴重…かも。非常に暑い時期でも開花するので以外の他の植物が開花しておらず、蜜源というよりは「他にいくところがなくて…」集まるって感じ。庭植え向き。樹木としては低いが庭木としては大きくりすぎて手に余るかもしれない(でも成長は遅い)。矮性種もあるので手に余る場合はそちらを。

サルビア

文章の修正サルビア
シソ科で学名サルビアスプレンデンスのこと。夏(7月)から秋(10月)にかけて真っ赤な花を咲かせる。蜜が多く、蜂が集まってくる。

フロックス

文章の修正フロックス
フロックスというとキキョウナデシコ(=フロックス・ドラモンディ)を指すが、シバザクラや、宿根フロックスでも。開花は4月から6月。よく開花し、ホームセンターで販売しているので手にも入りやすい。

ルドベキア

文章の修正ルドベキア
キク科で夏から秋にかけて開花する。一年草宿根草があり、ルドベキア・タカオは宿根草。一年草も宿根草もこぼれダネで翌年も出てくる。

コスモス

文章の修正コスモス
コスモスは秋に開花。キバナコスモスは初夏から夏にかけて開花する。草丈が高いが、線が細いのでうるさくない。環境が合うとこぼれダネで毎年出てくる。八重咲きのコスモスより一重咲きの方が蜂や蝶が止まりやすく寄ってくる。

百日草(ジニア)

文章の修正百日草(ジニア
キク科の一年草で7月から10月あたりに開花。一重咲のものの方が鉢を寄せる。セセリチョウ・シロチョウどが飛んでくる。

マリーゴールド

文章の修正マリーゴールド
キク科の一年草で6月から10月あたりに開花。八重咲きより一重咲のマリーゴールドの方が蜂を寄せる。

ヤグルマギク

文章の修正ヤグルマギク
キク科で秋に種をまいて春(4月5月)に開花する一年草。

ミカン科

文章の修正ミカン
アゲハはミカン科が食草。キアゲハはセリ科(ニンジンなど)が食草。対応していない植物に卵を生みつけることがあるので関係ない植物にウロウロすることもあるが、基本的に柑橘系(ユズスダチレモンなどなど)・山椒(サンショ)などのミカン科植物にはアゲハ蝶(ナミアゲハ・クロアゲハ・カラスアゲハ)が集まる。ただアゲハの幼虫はミカン科を専門に食べる代わりにすさまじい食欲で食い尽くすため、数匹で丸坊主になることすらある。丸坊主になるのは本意ではないので、生みつけた卵は取り除くのもあり。
●山椒のうちカラスザンショウは野鳥に人気があり、蜂・蝶(アゲハ)も寄せることから自然派には人気だが、トゲがあって庭に生えるのは困りがち。鉢植えにするならいい。

セリ科

文章の修正セリ科
アゲハチョウのうちキアゲハがセリ科植物を食草にしているので、飛んできて卵を生みつける。青虫が発生してムシャムシャと食べられる。青虫との戦いになるが、蝶々が飛んでくるのは飛んでくる。
●★ニンジン…キアゲハが来る
ミツバ…キアゲハが来る。いくら追い払ってもやってくる。
パセリ…キアゲハが来る。

キク科

文章の修正キク科
キク科はミツバチが来る。
フジバカマアスターセントーレアエキナセアユーパトリウム、アレチノギク(雑草)、タンポポ(雑草)、セイタカアワダチソウ(雑草)、ハルジョオン(雑草)、ハルジオン(雑草)などなど。
●雑草にキク科は多く、雑草が開花するとミツバチが来る。
庭に生える雑草駆除が難しい雑草の一覧をチェックしてください。

マメ科

文章の修正マメ科
マメ科は蜂が好む形状している。キチョウがくることが多い。おすすめはクローバー(=シロツメクサ)、ルピナスハーデンベルキアなど。
ミモザアカシア(銀葉アカシア)にキチョウが来る。
●萩(ハギ)でキチョウが来る。

シソ科(ハーブ)

文章の修正シソ科(ハーブ
シソ科・ハーブ植物は蝶・蜂を寄せる。シソ科の花が蜂が好む形状をしているから…とも言われる。サルビアラベンダーなど。
ラベンダーセージにホウジャクが来る。
モナルダは初夏から夏に開花し、蜂が集まってくる。
ローズマリー…ミツバチ・ヒラタアブが来る。
カラミンサカラミンサネペタ)はミントの香りがする。
ハナトラノオは繁殖力が強く、よく開花する→蜂を呼ぶ。
レモンバームは花が咲くと蜂が来るが、花が咲くと葉っぱが硬くなるので普通は花は摘んでしまう。蜂を呼ぶのであれば放置する。

アブラナ科

文章の修正アブラナ
アブラナ科(キャベツアブラナスーパーアリッサムなど)でモンシロチョウが卵を産みつけにやって来る。いくら追い払ってもやってくる。蝶も来るけど青虫が大発生する。青虫を目指して鳥や肉食蜂(アシナガバチなど)が飛んでくる。ヒラヒラと蝶々が飛んでいるのは愛らしいが、青虫を思うとちょっと腹が立つ。
アリッサム…ヒラタアブが飛んでくる。

雑草

文章の修正雑草
雑草でも蜜はあり、蝶・蜂を呼び寄せる。特にヤブガラシには蜜が多く、アオスジアゲハ・ジャコウアゲハや蜂類(ミツバチ・スズメバチ・クマバチ)がよく飛んでくる。ただし非常に強い雑草で駆除が難しいくらい。
カタバミ…ヤマトシジミが来る。ただしカタバミは強い雑草で駆除が難しい。
●ギシギシ(スイバ)…ベニシジミが来る。ギシギシも駆除の難しい雑草。
参考
庭に生える雑草
★駆除が難しい雑草

その他の植物

文章の修正ホウセンカ…スズメガが来る。
ヤツデ…蜜が多いがヤツデ自体の見た目が地味。ただ冬に開花する。
●鬼百合…黒アゲハが来る。スーパーで売ってるユリネを植えるとコオニユリが生えてきて、アゲハ蝶が来る。
ホトトギスでルリタテハがやって来る。ただしえげつないルックスの幼虫に食べられる。
パンジーでツマグロヒョウモンが来る。
アベリア…コエビガラスズメが食べる。オオスカシバがよく来る。
クチナシ…オオスカシバの幼虫が食べるし、オオスカシバもくる。オオスカシバはかわいい。
ブルーベリーツツジ科)…蜂が来る。
フウセンカズラ…クマバチが来る。
●ツツジ…クマバチが来る
●チトニア(=メキシコヒマワリ)、アスターセントーレアエキナセアユーパトリウムペンステモン、ソリダゴなど。
●アサギマダラは渡り蝶で2000キロを飛ぶ。フジバカマやヒヨドリバナ、アザミの仲間、ミズヒマワリ(雑草)を好む。フジバカマは平地では開花時期が早く、アサギマダラが山から降りるころには開花が終わっていることが多い。

文章の修正
蝶は水分を必要とするので、打ち水をすると蝶々が水を飲みに来る。とくに尿のアンモニアに引き寄せられる。これは蝶々が夏に体温を下げるのに水を使うのと、ミネラルを必要とするから。特にオスの精子を作るためにミネラルが必要でオスがアンモニアに引き寄せられやすい。
●アオスジアゲハはトベラライラック・ランタナにくる
●アオスジアゲハ以外のアゲハ蝶はツツジ・アザミ・ユリ・クサギ・ヒガンバナなどに寄る。赤い花を好むとされる。
●カラスアゲハは都市住宅には少ないが、例外として新宿御苑などには住んでいる。カラスアゲハはクサギ・サンショウ・カタラチなどにつく。若芽を食べるが硬い葉は苦手。卵は日陰に生みつける。卵は白い。他のアゲハの卵は黄色い。ミヤマシキミも食草(実が猛毒)。

その他
花の蜜を集める「花蜂」…クマバチ、コマルハナバチ、ミツバチ、オオハキリバチ、バラハキリバチ、 ルリモンハナバチ。ポリネータ(花粉を運ぶもの)となるので、ブルーベリーなどの果実を育てている人は重宝する。ブルーベリーは場合によっては蜂が来ず、来ないと受粉できないことがある。
●マルハナバチは植木鉢をひっくり返してちょっと埋めると巣を作る。竹を束にして、日陰に地面に平行して吊るしておくと葉蜂・土蜂が巣を作る。丸太に穴を開けておくと巣を作ることもある。
●ツチバチ(キオビツチバチ・ハラナガツチバチ)は土中のコガネムシの幼虫を食べる。竹を束にして吊るしておくと助かるかも。
●アブはハチより低温でも活動できるため、寒い時期でも見かける。
蜜を好む虫は黄色い花を好む。鳥は赤い花や実を好む。黄色い皿に蜂蜜+リンゴ酢を混ぜて置くと蜂が飛んでくる。

文章の修正ヒヨドリ・鳩(ハト)・スズメ・カラスは大きな声で鳴くしフンをする。種をほじったり果実を食べたり、鉢をひっくり返すこともある。家にやってくるのはこいつらばっかり。メジロ・ウグイスも長居して糞をする。糞は見た目も不愉快だが、ハーブや野菜に落とされると食べる気も失せる。野菜や花に被害がないのに土が荒らされているのは砂浴び場になっている。そういう害がなくて可愛いのはシジュウカラ・ジョウビタキ・モズくらい。ただ、こういった鳥が餌を置かないのに庭やベランダに来ることはほとんどない。シジュウカラはヒマワリの種を置いていると来る。
ピラカンサ…実を食べに鳥(ジョウビタキなど)が来る。ただし近所に他に美味しい実があると食べない。オレンジより赤が食べられる。また鳥が来ると糞をしていく。するとどこかで食べた果実の種子が、翌年に発芽して生えてくる。
センリョウマンリョウナンテンフユサンゴなど
●キイチゴ…ムクドリなど鳥が食べに来る
サザンカ…メジロが来る。ただしチャドクガが発生する。
●紅梅…メジロが来る
ソメイヨシノ…スズメが来る
●ブルーベリー…ヒヨドリが来る
スポンサードリンク

関連記事

枝の種類(剪定の基礎知識)
このページでは、樹木の剪定で重要な「枝の伸び方」の種類をまとめています。剪定の方法はそれぞれの植物で違いますので、詳細はそれぞれの剪定の解説をチェックしてください。例えばこのページでは「ひこばえ」は…
園芸品種
サイトでは●●の園芸品種という書き方をします。園芸品種というのは、特定の植物を交配したり選抜するなどして人が作り出した品種のことです。栽培品種と同じ意味で使われます。 [品種について] ●●科●●属と書いた…
コンパニオンプランツ
コンパニオンプランツとは、植えることで他の植物によい影響がある植物のこと。 例えばハーブを植えることで、ハーブから出る香りで虫が寄り付かなくなる。マリーゴールドを植えるとセンチュウ避けになる。トウ…
シジュウカラを呼ぼう
四十雀一匹が年間で食べるシャクトリムシが12万匹。別にシャクトリムシしか食べないのではなくて色んな虫を食べてくれます。このシジュウカラがいてくれると手間のかからない庭造りが出来ます。ありがたいことで…
花泥棒
うちは花屋さん、近くの街路樹にあまった苗を植えています。まぁ、それ自身があまり良いことではないので、大きな声で批判は出来ませんがよく盗まれます。本当に多いです。10年ほど前まではそこまでではありませ…
庭土はどのくらいの深さまで掘るか
[10mの庭木で深さは150cm必要] 庭に木を植えるとなると、そこまで掘り返す必要があるか? という問題が発生します。10mの樹高で150cm地下まで根が伸びるので理想としてはそこまで掘り返すべきですが…
ブランド苗
花屋さんやホームセンターは、花の市場から花や苗・花鉢を仕入れて店頭で販売します。その多くが農家が種苗会社から種を買って育てたものだったり、農家が独自に栽培して作ったものです。 ブランド苗は種苗会社…
寄せ植え
寄せ植えとはひとつの土に複数の植物を植えつけることです。似たようなものに「寄せ鉢」があります。寄せ鉢はカゴにポットを詰めているだけでそれぞれの植物が独立していて土を共有していません。だから寄せ鉢の場…
生ゴミを堆肥・肥料に出来るか?
[環境にもやさしいし、家計にもやさしい] 意外と金が掛かる「肥料」という問題を、家庭から出る生ゴミでまかなうので家計にやさしくて、しかも環境にもいい。そんな感じで、生ゴミを堆肥・肥料化しようと考えたこ…
観葉植物で加湿
[冬の乾燥は風邪の元] 室内の湿度が40%を切ると、インフルエンザのウィルスが活発になり、感染確率が高まってきます。そうでなくとも、乾燥は肌にも良くありませんし、喉にも良くない。とにかく冬場の乾燥はよ…

人気記事

ラベンダー
[概要] ラベンダーは寒さには耐性があり、0度まで耐えられます。0度以上あれば越冬が可能です。反対に高温多湿に弱いために夏越えが大事になります。ここで書かれているものはおおまかな性質です。なので各種類…
タマスダレ
[育て方の概要] ゼフィランサスの仲間。玉スダレは「ゼフィランサス・カンジダ」のことで、ゼフィランサスといったら実質、玉スダレのこと(本当は違うけど、一番流通しているのでイコールといっても過言じゃない…
シマトネリコ
[+[まとめ] ●鉢植えにした場合、乾燥しやすい。非常に乾燥に弱い。乾燥すると葉っぱが落ちる。土が乾いてから水やりをする。庭植えの場合はほぼ自然な雨だけで十分。 ●生育期に肥料をやる。 ●戸外で管理する場合…
ポポラス
ポポラスはオーストラリア出身の乾燥に強いユーカリの仲間。非常に生育が旺盛で、鉢植えには向かない。庭植えにしても、非常によく伸びるので、こまめに剪定しないと、邪魔になる。フラワーアレンジメントをやって…
ユーフォルビア・パイナップルコーン
[見た目がパイナップルにそっくりな多肉植物!] 比較的育てやすくおしゃれなインテリアとしてぴったりの多肉植物です。 茎や枝が多肉化したユーフォルビアは乾燥地帯が原産です。このパイナップルコーンはユニ…