パセリの育て方

TOP > セリ科 > 更新日

パセリ

パセリ
科名セリ科
学名Petroselium
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

パセリの育て方

パセリの育て方
文章の修正概要
パセリはセリ科の2年草です。大切に育てても、種を蒔いてから1年ほど経つと寿命で枯れてしまう場合もあります。薹(トウ=花茎)が立つと固く味がまずくなりますし、開花後に種をつけると枯れますので花芽をまめに摘みましょう。 また、陽に当たり過ぎると、葉が固くなります。 柔らかい葉にするためには半日陰くらいで育てる方が良いです。
植え付けまでにおよそ70日程度かかります。苗を買うと値段も150円~200円でお得で楽です。
下の方の外側の葉から順に収穫して常に10枚くらい葉を残しておきましょう。
まとめ
●収穫が長い間楽しめます。
●成長が早くそのため適度に間引いて(=収穫して)風通しを良くしましょう。
●タネから育てると収穫まで時間がかかるので苗を買いましょう。
●陽に当たり過ぎるとよくありません。
●花がつくと葉が固くなるので速攻摘みましょう。
アブラムシが付きやすいです。
●成長が早く密集しやすくムレやすい。害虫、病気予防のため収穫しましょう。
スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

パセリの水やり

文章の修正意外に乾燥に弱いです
乾燥に弱いので、春~秋に掛けては、土が湿っているくらいが丁度いいです。水が切れるとすぐにグッタリしてきます。冬は生育しないので水を控えてください。

パセリの肥料

文章の修正肥料は切らさないように
春~秋に掛けては肥料を切らさないようにしましょう。一週間に一回程度液体肥料を与えてください。冬は肥料をやらないでください。

パセリの植えかえ・種蒔き

種子から育てる

文章の修正種子から育てる
苗をつくるポットに野菜の土をいれましょう。1晩水に漬けてから蒔くと良いでしょう。土はごく薄く、数個のタネを土にかくれる程度に撒きましょう。10日に1回、液肥(500倍)をやりましょう。本葉が2枚のころに1株に間引きましょう。
●根っこがついていない限り挿しても根は出てきませんので、スーパーで買ってきたパセリ(根が切ってある)では挿し芽はできません。

庭植えの植え付け

文章の修正庭植えの植え付け
酸性の土に弱いので、植え付ける2週間前から土作りをはじめましょう。
畑は苗を植える2週間前に苦土石灰を混ぜ、2週間経って堆肥と元肥を入れて耕しておきましょう。植える場所は深く耕しておきます。土を戻し、平畝をつくって苗を植えます。
連作障害あります(1年間は同じ場所に植えない)

鉢植えの植え付け

文章の修正鉢植えの植え付け
根がまっすぐ深く張るので浅鉢ではなく縦長の鉢に植え付けましょう。土は、赤玉土7:腐葉土3ほどの割合の土か、市販の花・野菜用の土を使います。底に軽石と土を入れ、間隔を15~20cm空けて植えていきましょう。
●プランターで植えてもいいですが一家庭で消費するならば、それほど大きなものは必要ないです。6号鉢に苗を三つか四つ入れて育てます。

パセリの管理場所・日当たり

文章の修正日陰が適しています
半日陰(一日のうち数時間だけ日が当たる場所)で育つので、キッチンの出窓や、ベランダで充分育ちますが、日が当たると葉っぱの増え方が全く違います。しかし日当たりがよいと葉っぱが硬くなります。何度か育ててみて丁度いいポジションを探しましょう。
戸外は照り返しなどに注意
乾燥に弱いので、真夏は半日陰に移動するか、室内に移動してください。西日やコンクリートの照り返しなどにも気をつけてください。
耐寒温度は5度。霜に当たると枯れます
生育温度は5℃なので、霜に当たると枯れますが、地面の凍結しない暖地では、軒下であれば戸外の越冬も可能です。寒風が強い場合は室内で管理してください。
●冬を越したパセリは初夏ごろ開花するまで、収穫ができます。

パセリの病害虫

文章の修正室内で管理してもアブラムシが発生します
アブラムシが発生します。アブラムシは捕殺するか、農薬を使わずに駆除しましょう。室内で管理していてもアブラムシが発生するのは納得いきませんが、発生するものは発生します。

パセリの由来・伝承

文章の修正パセリは料理のアクセントに使われるだけ、な感じがしますが栄養豊富なハーブです。
いわゆる日本のパセリはモスカールドパセリという種類です。海外では平たい葉のイタリアンパセリの方が一般で料理にもよく使われています。

生い茂った場合は、外側から食べましょう。内側は硬いです。

とにかく丈夫。室内で水をきらさなければ、ちゃんと生きてくれます。日が当たると葉っぱが元気に伸びますが、元々パセリを使う量を考えると、それほど丁寧に育てる必要って、そんなに無いかも…(家庭によりますが)

でも、大量にパセリが出来たときは『乾燥パセリ』をどうぞ。
●収穫したパセリを…
●電子レンジで水分を飛ばして、パリパリに
●それを手でほぐして、保管

気軽に始めて、楽しめて、食生活が豊になって、栄養も補給!初心者におすすめです。

関係記事・人気記事

フランネルフラワー

フランネルフラワーフランネルフラワー
セリ科
(アクティノツス属)

フランネルフラワー・ホワイトフェアリー

フランネルフラワー・ホワイトフェアリーフランネルフラワー・ホワイトフェアリー
セリ科
(アクチノータス属)

ホワイトレースフラワー

ホワイトレースフラワーホワイトレースフラワー
セリ科
(アンミ属)

フェンネル

フェンネルフェンネル
セリ科
(フェンネル属)
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用