ローズマリーの育て方

MENU
使い方 TOP

ローズマリー

ローズマリー
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名シソ科
属名マンネンロウ属
学名Rosmarinus officnalis
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
栽培の概要
ローズマリーはシソ科のハーブ。環境が合えば夏越し・越冬も可能で比較的育てやすい、宿根草のハーブ。手間が掛らないのですが、夏の過湿で枯れたり、冬の霜に何度か当たって枯れたりすることもありますので気をつけましょう。
株が小さいときは生育が遅い。根がしっかりと張って充実してくると、グっと生育が早くなる。生育が早くなってからは剪定してもなんとも無いが、それ以前は剪定は控える。
まとめ
●ローズマリーはシソ科のハーブ。
●日当たりが好ましいが半日陰でも可。
●霜に当たっただけでは枯れないが、強い霜に当たれば枯れる。
●手間がかからない、というか放置管理が基本。水のやりすぎ・肥料のやりすぎ、植え替えなどで枯れる。
●水は控えめ。葉っぱが細くなっていたら水が欲しいサイン。
●生育は早くない。遅い。
●肥料は控えめ。
●基本的に移植は苦手。

スポンサードリンク

品種

この項目の修正・提案をする
マジョルカピンク
ポルトグースピンク
マジョルカパープル
トスカナブルー
マリンブルー
モーツアルトブルー
ロゼア
ダンシングウォーター
ドワーフブルー
プロストラタース
サンタバーバラ
セイラム
スピーディ
インガウノ
プライムリーブルー
ミスジェサップ
アープ

水やり

水やり
この項目の修正・提案をする
鉢植えの場合の水やり
乾燥を好みますので、水をやり過ぎたり、湿気て蒸れてしまうことで、痛んでしまうことがあります。土が乾いたら水をたっぷりとやりますが、土が濡れている間は水をやらないでください。水をやりすぎると根腐れをします。
●乾燥して水が不足してくると、葉っぱは細くなる。葉っぱが細くなったら水をやる、でもいいです。乾燥を好むがサボテンのように乾燥に強いのとは違う。断水すれば普通に乾燥で枯れます。
葉水はやらない。蒸れて腐りやすい。
●水をやるときに葉っぱに水をかけ無いようにする。夏に葉っぱに水がかかるように水やりすると、水の雫がレンズになって虫眼鏡で葉っぱを焼いてしまい、黒い斑点が出る。それで枯れるわけじゃないので、気にしないでもいいけど、「葉っぱに水がかからないようにする」…ちょっとしたコツです。
●雨もできれば当たらないほうがいいが、風通しがいいなら問題ない。
●葉っぱが全体的に茶色くなったら根腐れ。
●葉の虫や病気を洗い流すために、乾燥している時期に葉っぱに水をかけて、洗い流すと良いです。

庭植えしたら水はほぼ不要
庭植えにしたら日照りでもない限りは降雨だけで十分です。軒下に植えた場合は、ときどき水をやってください。

肥料

この項目の修正・提案をする
生育期に肥料を
春と秋に液体肥料を10日に1回ほど与えます。もしくは一ヶ月に一回緩効性化成肥料を少量やる。与えなかったから枯れることはありませんが、あげるとスクスクと生育します。夏は暑さで生育が止まりますので肥料はやらないでください。
●肥料は少なめに。肥料が多いと根が傷んで生育不良に。自信がないなら薄い液体肥料をやって様子を見る。
●化成肥料に弱い。
●やせ地を好む。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
この項目の修正・提案をする
植え付け・植え替え時期・頻度
植え付け・植え替えは春か秋に。根の張りが早いので鉢植えの場合は1年か2年に一回植え替えをします。

用土
鉢植えの場合は用土はハーブ用の土を利用します。通常の花と野菜の土(培養土)よりハーブ用の土が適しています。培養土を使う場合は培養土に川砂を混ぜて水はけをよくしましょう。
ローズマリーは酸性土壌を嫌います。庭植えする場合には植える一週間前に、苦土石灰を土に混ぜ込んで中和しておきます。あまりに水はけが悪い場合は、川砂を混ぜて水はけをよくします。
●ローズマリーは根からアレロパシー成分(他の植物の生育を阻害する成分)を出しているため、周囲で植物が育ちにくい。植える場所を考えましょう。
●這うタイプや立つタイプがある。這うタイプは問題ないが、立つタイプの中には、茎が弱いものがあり、支柱が必要な場合がある。

鉢植えの植え替え手順
現在の鉢より一回り大きな鉢を用意します。鉢の底の穴に網を敷いて、その上に軽石を2センチから3センチほど入れ、その上に用土を入れ、株を入れて隙間に用土を入れていきます。移植が苦手なので、植え替えるときは鉢から抜いても土を落とさずに根をいじらないで、一回り位大きな鉢に、スポっと入れて土を足してください。根を傷めると枯れることがあります。
最後に水をやって完成です。
●どうしても移植をする場合は、挿し木して保険をかけましょう。

庭植えの手順
深さ40cm直径40cmの穴を掘り、掘り出した土に苦土石灰を撒いて中和させます。半分の土を戻し、株を入れて、隙間に用土を入れていき、最後に水をやって完成です。
●水はけが悪い場合は土壌改良をしてから植える。
●水はけを確保するために高植えにするといいです。

株の増やし方

この項目の修正・提案をする
挿し木
刈り込んで出た枝を土に挿しておくと幾らでも増えます。近所の家から頼んでももらって挿し木するといいかも。晩秋(10月)か晩春(4月)に木質化した枝を5cmから7cm切ってを土に挿していると一ヶ月で発根する。土は赤玉土単用でもいいが、上記の用土でもいい。
秋に挿し木したものは春になってローズマリーの新芽が出る時期に植え付けをする。春に挿し木したものは発根したら植え替える。
●赤玉土単用の雑菌のない綺麗な土だと発根しやすい。
●コップに水を入れて、枝の切り口を水につけていると発根する。この発根した株を春になってから庭植えすればいいです。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
春から秋の管理
基本的に日当たりのよい、風通しの良い場所で育てる。ただ多少の日陰くらいでは枯れない。
地中海沿岸原産で乾燥を好む。乾燥に強い反面、過湿に弱く、蒸れると腐ってきます。雨ざらしになっているから即アウトというわけじゃないんですが、雨ざらしになっていて、なおかつ風通しが悪いと、腐ってきます。できれば軒下など雨が当たらない場所で管理する方がいいです。
●湿気た場所を嫌うので、ジメジメした場所には植えないで下さい。ジメジメしていなければ、少々の日陰には耐えられます。
●少々日当たりが悪くても枯れたりはしません(徒長してしまうけど)ので、夏の高温多湿と冬の霜のことを考慮して、最初から半日陰で育ててもOK。
●日当たりが悪い、水はけが悪いと立性のローズマリーなのに匍匐してしまうことがある。
●真夏は高温障害で葉っぱが丸まる。涼しいところに移動するか、黙って見ておく。水切れかな?と思って水やりをしてしまうと高温多湿で腐って枯れることもある。

冬の管理
霜に当たると枯れこんできます。霜に当たると一発で枯れる訳ではないのですが、何度か当たると完全に枯れることがある。また強い霜――マイナス5度くらいの――に当たると枯れますので、霜が降りる地域で育てる場合は、鉢植えにして移動できるようにするか、軒下など霜が当たらない場所に植えるか、冬には霜避けをします。地域によっては霜にあたって落葉しても春には芽吹きます。東北以北の寒冷地では冬は室内で管理します。
●株が小さいうちは寒さに弱い。大きく育ってくると寒さにかなり強くなる。
●株が小さいうちは冬は室内で管理。
●寒さに当たると赤黒くなる。紅葉なので枯れているわけじゃない。びっくりしないように。

病害虫

剪定

剪定
この項目の修正・提案をする
剪定
剪定すると、切り口のすぐ下から枝分かれする性質があります。よって、適当に先を剪定していると、ヒョロっと伸びて頭デッカチに育ってきます。「大きく育ったから小さくしたい」場合の剪定は、枝分かれしているところまで、戻って剪定します。
●剪定の適切な時期は9月から10月です。
●株が小さいうちは生育は遅い。剪定したせいで枯れるというのは無いが、復活は遅い。生育が速くなってから剪定するようにする。


トラブル

この項目の修正・提案をする
夏に葉っぱが丸まる
夏に葉っぱが丸まるのは高温障害の可能性が高い。涼しいところに移動させるか、黙って見ているしかない。水切れかと思って水をやると蒸れて枯れこむ。
葉っぱが株の下から枯れこむ
根腐れの可能性が高い。もしくは根詰まりなど、何か根に問題がある。
葉っぱが細い
日当たりがいいところで管理して、乾燥気味に管理していると葉っぱは細くなる。問題はない。

雑記

この項目の修正・提案をする
●環境が厳しい、老化している株ほどよく咲く。
●開花の時期は品種による。
●理由もなく、よく花が咲く株は、何かしら問題がある。
●肥料が多く、良い環境だと葉っぱがよく生えて、瑞々しくても花が咲か無い。
●ただし、どういうタイミングで花が咲くのかはよくわから無い。
●一年目から開花することもあるし、そこそこ大株になるまで開花しないこともある。原因は分からない。環境かもしれないし、個体差かもしれない。品種もあるだろうけど、よく分からない。
●料理にたくさん伐採して使ったら花が咲いたという話も。
●春と秋に生育。夏と冬は生育が止まる。
●ローズマリーは猫除けにはならない。
●何も世話をしない放置の人が意外とうまくいく。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
消臭効果・抗菌効果・抗酸化作用があり、肉の鮮度を保つ効果があることから、古くから肉料理で使われるスパイス・ハーブとして有名。
●スカボローフェアなどローズマリーにちなんだ音楽作品があったり「ローズマリー」は女性名として英語では一般的なことから分かるように欧米圏では日常的な植物。
●ローズマリーという名前のマンガ・アニメキャラクターも多い。
●ドイツ語が「ロズマリン」
●愛や貞節の象徴とされます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問

この場所には質問フォームがあったのですが、管理人の都合で質問・疑問に対処できないので現在は休止中。ほんとすいません。

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用