トベラの育て方

MENU
TOP>トベラ科>トベラ
スポンサードリンク

トベラ(扉)

トベラ
科名トベラ科
属名トベラ属
学名Pittosporum tobira
別名
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


潮風、乾燥に強く街路樹でよく植えられています。果実が成り、果実が割れると粘々したものにまみれた赤い種子が見られます。
雌雄異株で果実がなるのは当然メスの木だけです。

日本では岩手県以南に自生する常緑樹。海岸の崖の潮風のきついところでも生育します。トベラは育てやすい植物ですが、カイガラムシやトベラキジラミにやられてスス病で真っ黒になっていることが多いです。

花や実を楽しむというよりは、生垣目的で植えられるようです。
生長すると3m
生長すると3mくらいのほどよい木になります。また街路樹の根元に60cmくらいの根締として植えられることもあります。

注意点――臭い
花はよい香りがしますし、メスの木ならば結実して真っ赤な実をつけます。これらには観賞価値がありますが――全体的に臭い。葉っぱや枝が折れるとここからニオイがします。

まとめ
●庭植えにして、あとは放置する。剪定もほぼ不要。
●塩害にも公害にも強いが、見た目が地味なので庭植えにはあまり利用されない。
●枝を切ると臭い。
●東北南部まで寒さに耐える。

水やりと肥料

庭植えにして放置が基本
庭植えするものです。乾燥にも強い方で、自然雨だけで十分生育します。乾燥が続くと葉っぱがクルっと巻いてしまいますが、巻いてから水をやっても枯れることはありません。
そうはいっても極端な乾燥が続くと枯れてしまいますので、日照りが続くようならば、素直に水をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

春、暖かくなってから植えます。トベラは根が荒く、傷つきやすいです。苗を購入した場合、土はほとんど落とさずに、植え付けを行ってください。

庭の土があまりに砂が多くて、水はけがよすぎる――乾燥しやすいならば、堆肥腐葉土を入れて水もちを良くしてから植え付けをします。
●トベラの苗を店ではあまり扱っていない。
●トベラには「斑入り」品種があって、葉っぱが綺麗。しかし、これまた店頭ではほとんど見かけないので、ネットショップで買う方が早い。

管理場所・日当たり

東北南部より以南なら
もともとは暖かい地域の植物ですが、ある程度の耐寒性があり、岩手より南の地域ならば戸外で育ちます。これより北では植えないようにしましょう。

日当たりを好み、出来るだけ日当たりで育ててください。日当たりを好みますが、少々日当たりが悪くても生育します。半日陰でも生育します。
●元々は海岸に生える植物で塩害にも強い。

その他

剪定について
トベラは生長が早いほうではありませんから、強い剪定は行わず、樹形を整える程度(邪魔な枝を切る程度)にしておきます。
●若い株から徒長枝が出るのでそれは切る。
●トベラは匂いがするというのですが「切らない」なら匂いはしません。剪定はほとんどしないことになるので、匂いが気になることはほとんどない。

スス病
トベラは育てやすい、というよりは放置でOKの便利な植物なのですが、カイガラムシやキジラミが発生して、その甘露――つまりは虫の排泄物からスス病が発生します。虫も大量発生すると木が弱るのですが、この二次被害であるスス病のほうが枯死の原因となったり、見た目の悪化から、「育てたくなくなる」という結末を呼びやすい。
カイガラムシやキジラミが見られたら、病気箇所を切除し焼却、すぐに薬剤を散布しておきましょう。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


匂い
トベラを切るとなんとも言えない匂いがします。ハッキリ言うと臭いです。ワキガや体臭の強い人のことを「トベラ」と呼ぶらしい。トベラで検索するとそのページがトップに来て驚く。ところが、花は非常によい香りがします。
地味
そんな目立つ植物ではないので、強い植物ですが庭植えされることが少ないです。強い植物なので街路樹などにはよく利用されています。元々は海岸の植物で海岸でも育ちます。

葉っぱや枝を折ると臭いニオイがするので、鰯の頭とともに、鬼避け(=魔よけ)として節分に飾られることが、「扉の木」の「トビラ」が訛って「トベラ」になりました。ところで、トベラ属の学名は「ピットスポラム」。フラワーアレンジを作る人にはおなじみの「ピットスポラム(ピットスポルム)」のことです。トベラとピットスポラムは同属なんです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

トベラ科の仲間


トベラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用