セントーレアの育て方

TOP >キク科>>管理

セントーレア

セントーレア
科名キク科
学名Centaurea
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

セントーレアの育て方

セントーレアの育て方
文章の修正花色、葉色に多色ありますが、どのセントーレア(宿根ヤグルマギク)も頑健です。ただし、夏の高温多湿に弱く、風通しが悪い場所だったり、暖地だと枯れて消えてしまうことがよくあります。
コツは水はけと夏に涼しいところで管理すること
庭植えする場合は、夏に涼しい場所で水はけのよい土に植えます。夏には木陰になるか、風通しがよいか……冬の寒さには強く関東であれば、地上部は枯れますが戸外で越冬します。土が凍るくらいに寒い地域では、冬は室内に取り込んでください。
夏越しが出来れば優秀なガーデニング材。
弱点は草丈?

基本的に頑健、夏に若干弱いもの、初心者でも夏越しは出来なくもない(地域にもよりますしね)。花も強烈過ぎず、他の植物と喧嘩しない。おすすめのガーデニング材です。しかし、若干草丈が高い。品種によっては1メートルにも。
まとめ
●乾燥に強く過湿に弱い。水のやりすぎに注意。
肥料はなくてもいい。
●うえつけのときに苗の土を落としたり根をほぐしたりしない。
●夏越しが厳しい(寒冷地では可能)。
こぼれダネで増えるかも。

品種・仲間
セントーレア・ギムノカルパ…銀葉種でピンクダスティミラーとも呼ばれる。
スポンサーリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
文章の修正乾燥には強い、水のやりすぎ注意
繊細な容姿で水切れに弱そうですが、セントーレアは乾燥に強く、逆に過湿に弱い植物です。特に夏の多湿に弱く、蒸れてしまいます。
水は土が乾いたら
鉢植えした場合は、土が乾いてから水をやるようにします。水をやるときは鉢底から水が染み出す位にしっかりとやります。庭植えした場合も土が乾いたら水をやる程度にします。
鉢植えにしたら冬も水を
冬は地上部が無くなりますが、根は生きています。戸外の軒下など雨に当たらない場所で管理していると、乾燥で枯死してしまいますので、たまに水を掛けてやるようにしてください。
肥料も不要
肥料が無くても十分です。肥料をやると大きく育ちますし、花も増えますが、風に吹かれて折れてしまうなど、デメリットも多いので、やっても春から梅雨前に適宜、薄い液肥をやる程度に抑えておきます。
●庭植えは肥料不要。鉢植えは春と秋に薄い液体肥料を二週に一回やるといい。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
文章の修正水はけのよい土で
水はけのよい土を好みます。市販の花と野菜の土に川砂を混ぜて水はけをよくしたもので植えます。普通の培養土でも十分育ちますが、夏の多湿対策に川砂を混ぜた方が夏越しの確率が上がります。
植え付け
鉢植えの場合は、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意します。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●プランターでもいいです。
●根を傷つけると生育不良を起こすので、ポット苗でも土を落とさず、根をほぐさずに植え付けをする。植え替えのときは古い土を落とさないで植え替えをする。

庭植えの場合は、植え付ける二週間前に苦土石灰をまいて中和させておく。深さ30cmほどを堀り、腐葉土堆肥を3割か4割混ぜて、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●セントーレアは移植はできない。一度植えたら移動はできないので、よく計画して植える。
●こぼれダネで増えるかも。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正日当たりで管理、でも高温多湿に弱い
日光を好み、日当たりが悪いと花が付きづらくなります。春から初夏までは日当たりで管理し、高温多湿に弱いので、鉢植えならば真夏は半日陰か涼しいところに移動させて夏越しさせます。
冬越し
冬の寒さには耐性があります(耐寒温度マイナス10度)。関東であれば戸外で越冬可能です。冬は地上部が枯れて春にはまた芽吹きます。多少の凍結は問題ない。。まぁ、問題は冬より夏(そもそも春から初夏に苗が出荷されて、それを植えるので夏を越さないと冬は来ない)。

その他

文章の修正病害虫
オーソドックスなアブラムシハダニアザミウマ・ナメクジ・ナメクジ・エカキムシ・ウドンコ病・立ち枯れ病とかいろいろ発生する。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正セントーレアはヤグルマギク属の学名(Centaurea)で、本来はヤグルマギク属全体を表す言葉ですが、一般にセントーレアというと、宿根ヤグルマギクのモンタナ、デルバータ、ギムノカルバ(ピンクダスティミラー)、オウゴンヤグルマギクのことをさしています。ここでは、宿根ヤグルマギク全体について述べています。
スポンサードリンク

関連記事

ミニヒマワリ
ミニヒマワリ(矮性ヒマワリ)は小さく育つように品種改良したものか、大きくならないように薬品処理したもの。性質はヒマワリと同じ。境目はかなり曖昧。丈が80センチ以下くらいで「ミニひまわり」「矮性ヒマワリ…
ウィンターコスモス
[+[まとめ] ●頑健な植物。 ●比較的乾燥を好む。 ●9月10月に根元から20センチほどのところで切り戻すと小さくまとまる。 ●寒さに強く、暑さに弱い。夏には消えるもの。 ●耐寒性・耐暑性は品種によってかなり…
クジャクソウ
クジャクソウはキク科シオン属の宿根草。夏の暑さにも冬の寒さにも強い。冬は地上部がなくなるが春には芽吹く。 草丈が高くなり、そのまま育てていると間違いなく秋には倒れてしまいます。梅雨前に切り戻しをする…
マリーゴールド
マリーゴールドはキク科の春蒔き一年草。春(もしくは初春)に植えて、秋まで楽しんで、冬には枯れてしまうと考えてください。春先以降に出回る苗を植えるのが一般的です。種を蒔いて増やすことも出来ますが、普通…
ガーデンマム
ガーデンマムは流通名・属名で、ガーデンマムという植物はありません。庭植えように品種改良されたキクです。育て方はキクを参考にすれば、問題なく育てられます。ガーデンマムは庭植え用とされるだけあって、ガー…
モンキーツリー
モンキーツリーは常緑低木の多肉植物。木の茎に触ると幸せになる、という言い伝えがあるキク科の植物。茎に水を溜め込んでいます。夏に休眠するので、夏場に水を控えることが、注意するくらいで、あとは室内の日当…
ダールベルグデージー
[まっすぐ縦に伸びず四方に広がる] ダールベルグデイジーは四方に倒れ気味に伸びていきますのでハンギングバスケットで吊るしたり、花壇やコンテナーのふちを埋めるのに最適です。ハンギングだと直径30-40セ…
スマイルラッシュ
[育て方の概要] スマイルラッシュはヒマワリの品種。矮性で、露地植えにした場合でも丈は40cm程度。鉢植えだと30cmくらい。分枝しやすく、花が複数開花する。オレンジの花びらで中心は茶色(か黒)。花粉が出ない…
マーガレット
関東よりも南の地域では戸外での越冬も可能ですが、そうはいっても霜に当たれば枯れてしまいます。露地植えは避けて、鉢植えにして、暖地の冬は霜の当たらない軒下か日の当たる室内で管理してください。寒冷地では…
プチダリア
[ダリアとはちょっと違う] プチダリアはダリアから交配を繰り返して作り出した小さい品種です。春から夏・初秋まで花が咲き、冬は休眠します。育て方は一般的なダリアと同じですが、ダリアが一輪を大きく育てるの…

人気記事

タカサゴユリ
[育て方の概要] タカサゴユリはテッポウユリと見た目がそっくりで、タカサゴユリ自体に個体差があり、区別はほとんどつかない。実質、雑草(キレイだけど)。テッポウユリと交配していることが多いので、種として…
ハイビスカス
[概要] ハイビスカスはアオイ科の常緑多年草(場合により落葉)。ブッソウゲ(扶桑花・仏桑華)とも呼ばれる。 基本的に5月前後から店頭に出回り夏の間中、咲き乱れる南国風ビジュアルの花。夏の暑さ、直射日光…
カランコエ
冬は日当たりのいい室内で、春・秋は雨の当たらない日当たりのいい戸外で管理します。カランコエの葉っぱは水に当たると、腐ってしまいます。 [-●[[カランコエの大敵は過湿と低温。]]水のやりすぎで腐らせたり、う…
ポインセチア
[ポインセチアは季節物と割り切る] ポインセチアは真っ赤な花が綺麗な冬の定番植物。常緑低木でメキシコ原産の高温乾燥の地域に自生しているので、冬に出回る割には[[寒さに弱い植物]]です。育てること自体は簡単…
ヘデラ
アイビーとも呼ばれる。常緑低木。 ヘデラには木立ち性・ツル性(クライマー)・匍匐性とあり、木立性とツル性が壁を登る。一般的には匍匐性が流通していて、これは地面を這う。頑健で育てやすい。初心者向け。室…