アザミの育て方

MENU
使い方 TOP

アザミ(トゲクサ)

アザミ
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キク科
属名アザミ属
学名Cirsium
別名トゲクサ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
育て方のまとめ
●育てるのは簡単。
●乾燥気味に。ただし湿地性アザミ(=キセルアザミ)は腰水にする。
●トゲがあるから注意。
●支柱が必要な場合もある(大型の品種)。
摘芯をすれば花が増えます。
多年草だけど実質一年草扱いになることが多い。

育てやすいがトゲに注意
アザミはキク科の多年草。アザミは夏(8月)から秋(10月)の花ですが、よく流通しているノアザミは春(4月)から秋(10月)まで開花する。非常に頑健。熱さにも寒さにも強く、初心者向けです。トゲがあるのでお子さんが小さい家では気を付けてください。
一年草と考えてください
園芸品種は花の後は枯れてしまうことが多いので一年草として扱われますが、本来は多年草です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
鉢植えの水やり
春~夏に掛けては、成長しますのでしっかりと水をやって乾燥しないようにしてください。乾燥に強いのですが、乾燥しすぎると成長が鈍くなります。秋以降は水を減らし乾燥気味で管理します。
●キセルアザミといった湿地性のアザミは水を好み、乾燥に弱いですから、水をしっかりとやってください。腰水にして乾燥を防ぎます。

庭植えの水やり
庭植えにした場合は、自然に降る雨だけで十分。夏にあまりに日当たりが良すぎて乾燥するようならば水やりをする。
肥料
植え付けの際に肥料を混ぜ込んだら、鉢植えの場合、成長期に液肥を一週間に一度の割合で与えてください。窒素の多い肥料をやると葉っぱばかりが成長します。
地植え(庭植え)の場合は、追加の肥料はやらないでください(庭土に十分栄養があるため)。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
用土
アザミは大きくなりますので、株同士を30センチ以上離して植えます。用土は市販の花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。もしくは赤玉土腐葉土3を混ぜたものに緩効性肥料を足して利用します。
●高山性のアザミは山野草の土を利用します。

種蒔きは秋か春、苗が便利です
暖地では秋(10月)に種を撒いて、春に咲かせます。寒冷地では春(3月)に種を撒いて夏に咲かせます。種子は古いものは発芽率が低くなり、広い場所で大量に育てるならば安上がりですが、鉢植えなどにする程度なら苗がいいです。苗は意外と出回っていないのでネットで買うと早いです。
種子を採取する場合
アザミから種子を採取する場合、放置していると虫によって近隣の雑草と交配してしまいますので、ちゃんとしたアザミの種子を採取する場合は、咲く前に「袋」をかけて、咲いたら「人工授粉」させてから、種子を採取します。受粉後もまた袋をかけます。アザミの種子はタンポポのように綿毛で風に乗って飛んで行きます。放置しているとトゲトゲのアザミがアチコチ生えることになります。
●袋をかけるので見た目がアレです。
●園芸品種では種子ができない(=正確にはできづらい)ものがある。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
直射日光の当たる場所から半日陰まで、強い植物なので枯れることはありません。枯れませんが日光が少ないと花付が悪くなります。
暑さ・寒さに強い
日本に自生する植物ですから、暑さに強く、寒さにも強く、夏も冬もこれといった対策をする必要はありません。植えっぱなしです。どうせなら庭植え・路地植えが便利です。ただ、綿毛の種子が飛んで広がります。トゲトゲの植物が生えるのは厄介ですから、それが嫌なら種子のうちに花を刈ってしまい、不本意にも正則が広がったら引っこ抜く覚悟を持っておきましょう。

病害虫

この項目の修正・提案をする
ウドンコ病・アブラムシナメクジが発生します。見つけ次第駆除するようにします。アザミはあまり発生する方じゃないです。
ウドンコ病
ウドンコ病は対応の薬剤スプレーを散布して治療しますが、株が元気なら回復しますのであまり深刻に考えない。病気の部分が多いなら、病変部分を取り除いて様子を見ます。原因はカビで、原因の菌はそこいらへんに常在しているので防ぎきれない。

アブラムシ
アブラムシは新芽の汁を吸って、新芽の生育が変になって奇形になるので、見つけ次第に薬剤を散布して駆除するか、水で吹き飛ばしたりテデトールします。一匹から爆発的に増えますんで早めに対処しましょう。

ナメクジ
ナメクジが葉っぱを食べる。トゲトゲの葉っぱを食べるのかと思うけど発生するものは発生する。誘引剤を撒いて殺す。
この項目の修正・提案をする
支柱を立てる
種類によってはアザミは茎が弱い割に高く伸びますから、風に弱いです。危ないな、と思ったら支柱を立てて補助をしましょう。草丈が高い品種は支柱必須。矮性は不要。
摘芯
摘芯すると脇芽が増え、株が大きくなり、花が増えます。花を楽しむのであれば、摘芯は必ずしましょう。春(5月6月)に摘芯して脇芽を出します。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
アザミは葉っぱは切れ込みが入り、茎にはトゲが生えているので、ピンと来ないですが、山菜として食される植物です。湯がくとトゲも気にならないとのこと(試したこと無いですが)。アザミには日本だけでもかなりの種類がある。大抵は夏から秋に開花するがノアザミ(野薊)は春から秋に開花する。
●イタリア料理で食べる「アーティーチョーク」はアザミの仲間です。細かく言うと「チョウセンアザミ属」です。
●スコットランドの国花です。そのトゲで外敵を守ったとされています。
●細かいことですが、「あざみ」という品種はありません。ノアザミの改良品種の総称です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「アザミ」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用