ガザニアの育て方

MENU
使い方 TOP

ガザニア

ガザニア
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キク科
属名クンショウギク属
学名Gazania rigens
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
春先に植えて、春~秋まで楽しむことができます。秋以降も暖地では冬越しが可能で、毎年咲いてくれる頼もしいやつです。毎年ドンドン増えていきます。ただ、霜に当たるとダメなので、軒下か、何かの枝の下などに植えましょう。
終わった花は摘む
ガザニアに限ったことじゃないんですが、花が終わると萎んで、今度は種子を作ろうと栄養を種子に送ります。すると他のツボミが咲きづらくなります。なので、花がしぼんだら、花の茎の根元から切ってください。
花を長く楽しめます。
この作業には、ガザニアの苦手な「蒸れ」を防ぐ意味もあるので、重要です。
まとめ
水はけの良い土を好み、多湿に弱い。
●日当たりを好む。
肥料が切れると花が止まる。
●霜に当てなければ関東以西であれば越冬は難しくない。
●冬は根本に腐葉土をかぶせて土が凍るのを防ぐ。
夏越し・越冬させるのは一般的ではなく、普通は一年草扱い。本来は宿根草。宿根ガザニアとして流通しているものはガザニアの中でも暑さ・寒さに強い個体を増やしただけで育て方は以下と同じ。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
土が乾いていたら水をやってください
ガザニアは多湿が苦手で水をやりすぎると傷んでしまいますので、土の表面が乾いてから水をやってください。秋以降、寒くなって成長が鈍り、水を吸い上げる力が弱くなってからは、土の表面が乾いてから二日か三日ほど待って水をやってください。
多湿が苦手
ガザニアは多湿が苦手。梅雨以降、気温が上がってくると、蒸れやすくなります。ガザニアはよく茂ると更にムレやすくなります。傷んだ葉っぱをさばき、それでも多いなら間引いて風通しを良くしてあげます。

肥料

この項目の修正・提案をする
肥料
花が咲く時期には液体肥料を10日に1回ほどの間隔で与えてください。ガザニアは大きな花を次々と咲かせるために、肥料が切れると花つきが悪くなります。
●秋以降、花が止まりますので、肥料は止めてください。肥料をやっていると痛んで枯れてしまいます。
●真夏も花が止まっているようならば肥料を止めます。
●固形肥料でもいいですが、調整しやすい液体肥料が何かと便利。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
植え付けの適した時期について
適した時期は3月から5月。霜に当たると枯れるので、3月4月に植える場合は、鉢植えにして霜のあたらない場所で管理しておいて、5月以降に庭先に出すか、霜が降りないだろう4月下旬から5月に庭に植えます。
●関東では5月の第1週でも、稀にですが霜がおります。

植え付けは培養土
市販されている花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。
もしくは川砂をまぜて水はけをよくしてから植え付けをします、ガザニアは多湿を嫌いますので水はけを良くした土が好ましいですが、市販されている土でも十分育ちます。
●市販されている土で育てる場合は、水やりを調節しましょう。

植え付け
植え付けは普通。庭植えならば庭土に3割か4割の腐葉土を足して植える。鉢植えの場合は鉢底に網を敷いて軽石を2センチから3センチほど入れて用土を入れて植える。ガザニアは大きいので株同士を20センチから30センチは空けるようにする。
●ガザニアは全体の作りが大きいので、寄せ植えすると他の植物を駆逐してしまいがちです。寄せ植えには向かないです。
●4月に植えて大きく育って、ギュウギュウならば掘り出して植え替えてもいい。ただし夏の高温多湿に弱いので、植え替えるなら早めに。

植え替え
越冬させた場合、植え替えをしないと根詰まりを起こします。根詰まりをすると保水力がなくなり、水をやっても水切れを起こしたり、株が老化して下葉ば黄色く変色してきます。
植え替えは普通です。古い鉢から抜いて、古い土を半分ほど落とし、一回り大きな鉢に新しい土で植え替えをします。株同士はは30cm程度空けて植える。株分けするのであれば、この時します。植え替えの適した時期は3月から5月。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
明るい場所で育てます。
日当たりが悪いと、花つきが悪くなります。
日当たりを好みますが、ベランダでも十分花が咲きます。
ベランダガーデニングに適した植物です。
夏の高温多湿に注意
高温多湿に弱く(正確には高温は問題ないが多湿が苦手)、真夏は風通しの良いところへ移動にさせてください。夏か梅雨に消えて無くなることが多い。
越冬も可能
耐寒温度はマイナス3度。それでも霜に当たると枯れるので注意です。ですから、ガザニアは霜に弱いのですが、霜にさえ当たらなければ、越冬も可能です。
ただし土が凍るような温度(マイナス5度)になると完全に枯死します。寒冷地は戸外での越冬は無理なので、掘り上げて室内で管理します。
暖地では対策なしで戸外で越冬します。中間地も霜を避ければ問題なく越冬。
●関西以西では戸外での越冬は可能。

その他

この項目の修正・提案をする
アブラムシが発生します。前もってオルトランを撒いておけば、予防できます。
花ガラ摘み
春から秋にかけて開花します。花が終わったら、花ガラ(=花がしぼんだもの)を摘みます。摘むときは花茎の根元から切ってしまいます。花ガラを摘むことで、次の花が咲きやすくなります。花ガラ摘みで風通しを良くする目的もあります。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
ガザニアの名前はアリストテレスなどのギリシャ古典書物をラテン語に翻訳したギリシャ人の「ガザ」に由来します。

花言葉は「あなたを誇りに思う、身近の愛、潔白、きらびやか」

黄色やオレンジが多いです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「ガザニア」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用