オオスカシバ

TOP > 病害虫 > ……

栽培の特徴

文章の修正を申請する
まとめ
●成虫の見た目が可愛い。
●でも、幼虫はクチナシを丸裸にするくらいに食べる。
●春から夏に幼虫による食害がある。
●株が小さい場合は、目視で発見し捕殺(もしくは殺虫スプレーで薬殺)すればいい。
●株が大きい場合は、手では追いつかないので、オルトラン水和剤・スミチオン乳剤を散布する。
スポンサードリンク

オオスカシバの性質

文章の修正を申請する
スズメガ科の昆虫。俗にいう「蛾」。羽が透けていることと、モコモコとした容姿から「かわいい」と思う人も多いです。ホバリング(空中に止まる)して、長い口で花の蜜を吸う。ホバリングするので「ハチドリ」と勘違いする人もいます。羽が透明で配色も蜂に似ているで「刺すんじゃないか」と勘違いすることがありますが、刺しませんし、毒もありません。

他の蛾は夜行性ですが、オオスカシバは昼間に活動するので目にすることが多い。
幼虫はクチナシの葉っぱを食べる
幼虫の時は緑の芋虫。全身緑色で(ものによっては黒い小さな点が側面に並んでおり)、お尻のほうに黒っぽい角が一本立っている。毒はなし。
幼虫時期はクチナシ、ツキヌキニンドウ、タニワタリの木、シマタニワタリの木などの葉っぱを食べる。主にクチナシです。目に見える勢いで葉っぱを食べ、あっという間に丸ハゲになります。発見次第、捕殺・薬殺をします。成虫時期の可愛さを補って余りあるほどに食害がひどいです。

オオスカシバの駆除

文章の修正を申請する
オオスカシバは6月から8月あたりに成虫が活動し、冬になると土の中で蛹になって過ごして、春になると成虫となって卵を産みます。食害があるのは春から夏。
幼虫は大きく育つと6センチか7センチになります。
大きくなると薬剤が効きにくくなるので、小さい時に早めに駆除します。小さな株ならば、目視で発見して捕殺して、テデトールフミツブースするか、スプレーの殺虫剤を噴霧すればいいのですが、株が大きくなると、人手では全く追いつきません。そこで、食害が始まる前にオルトラン水和剤・スミチオン乳剤を散布します。
管理用リンク
管理用