デュランタの育て方

MENU
使い方 TOP

デュランタ(タイワンレンギョウ・ハリマツリ)

デュランタ
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名クマツヅラ科
学名Duranta repens
別名タイワンレンギョウ・ハリマツリ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
暑さには耐性がありますが、真夏の直射日光には葉焼けしますので、真夏は半日陰に移動させてください。冬は室内で管理します。寒さには弱く、5度以下になると枯れますので、霜が降りる前に室内に取り込んでください。
まとめ
●育てやすい初心者向きの植物。長期間開花する。
肥料が切れたり、日光が不足すると開花が止まる。
●真夏の直射日光に葉焼けするかも。
●冬の寒さに弱く5度以下になると落葉するが、枯れていなければ春に芽吹く。
暖地は冬に戸外で越冬する。
●2年に一回は植え替えを。


デュランタ・宝塚
デュランタの一種の宝塚がよく流通しています。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
土が乾いていたら水をたっぷりとやってください。市販のデュランタは大抵鉢が小さいので、乾燥しやすく、特に真夏は小まめに水をやらなくてはいけません。夏は朝・夕の二回水をしっかりとやって、それでも乾燥するようでしたら、霧吹きで葉っぱに直接水をかけてやってください。
●庭植えにした場合で、根が広がっているならば自然に降る雨だけでほぼ十分です。ただし、真夏の乾燥時期にしおれるようであれば水をやるようにしてください。
●夏の乾燥時期、水をやるときに葉っぱの裏にも水をかけてやるとハダニを予防できます。
●店頭に並んでいるデュランタはすでに根詰まり気味です。夏になる前に一回り大きな鉢に植え替えるといいです。

冬の水やり
冬は成長が鈍くなるので、水をあまり必要としなくなります。乾かし気味に管理すると耐寒性が上がり(寒さに強くなり)、冬越しが楽になります。
●15度以下になってくると生育が鈍くなってきますので、水やり頻度を減らしてください。
●冬の寒さで落葉しても、根まで枯れていなければ春には芽吹くので、水やりはしてください。

肥料
花が咲く期間には液肥を一週間に一回あげてください。デュランタは非常に花つきがいいので、エネルギー消費が激しく、肥料をやらないと花が止まります。その際、リンが含まれたものをあげてください。窒素の多い肥料をやると葉っぱばかりが茂って開花しません。
●肥料が多すぎても開花は鈍くなる。上記の頻度を守って肥料をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
市販されている花と野菜の土か、赤玉土腐葉土3川砂1か、赤玉土7腐葉土3を混ぜた水はけのよい土で植え付けします。デュランタは生育が旺盛で、根詰まりしやすいです。根詰まりすると、水切れしやすくなり、生育が悪くなり、開花しにくくなり、下葉から枯れてきます。植え替えは2年に一回(もしくは毎年)、生育期(5月から7月あたり)に行います。

古い土を三分の一か半分ほど落として、傷んだ根を切って、植え替えをします。必ず新しい土を追加してください。大きくしたいなら一回り大きな鉢に植えます。大きくしたくないならば同じ大きさの鉢に植えてください。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
日光を好むが…
日当りのいい場所が好まれますが、ある程度の日陰でも育ちます。ただし日光が不足すると、花が咲きませんし、葉っぱも色合いが悪くなり、弱弱しい株になります。真夏の強い直射日光には葉っぱが焼けてしまいますので、鉢植えの場合は真夏だけは半日陰に移動させてください。
●葉っぱの色が薄いライムや、斑入りの品種は特に夏の直射日光に弱いです。

寒さに弱く5度以下になると枯れ始めます。冬は室内の日当たりで管理してください。13度以上あれば冬でも開花します。13度以上を保つというのは温室でも持っていないとなかなか難しいです。
●気温が下がると、葉っぱが黒ずんできて落葉します。
●九州などの暖地では戸外で越冬します。暖地であれば庭植えも問題ない。関東でも地上部が枯れますが戸外で越冬するとも。
●寒さで地上部の葉っぱが落ちても、根まで枯れていなければ春になれば芽吹く。
●暖房はとても乾燥していて、この風に当たるとカラカラになって葉っぱが落ちます。風に当たらないようにし、できれば室内に加湿器をかけるか、葉っぱに霧吹きで水をやってください。

その他

この項目の修正・提案をする
スス病・アブラムシ・ハダニ・コナジラミが発生します。
剪定
春から秋にかけて剪定をします。邪魔な枝を落とし、樹形を整えます。
植物は剪定(摘芯切り戻し)されると、成長するエネルギーの行き場を求めて脇芽を出します。デュランタは、剪定をすると株元からヒコバエという、新枝が伸びてきやすいです。このヒコバエは勢いよく伸びて、花付きが悪いと言われますが、それも最初だけで、最後には他の枝と同じようになります。ただ、旺盛に開花するようになるまでに時間がかかって不恰好なので、一般的にデュランタのヒコバエは伸びてきたらすぐに根元から切ってしまいます。
●本株が弱ったり、不恰好ならばヒコバエを育てても良いです。
●ヒコバエがある程度伸びたら、摘芯して脇芽を出してやり、よく見るデュランタのように仕立てていきます。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
熱帯アメリカ原産の常緑低木です。デュランタでポピュラーな品種にデュランタ・タカラヅカがあります。一定の気温があれば咲くので、冬でも温度さえあれば周年咲くことも出来ます。また葉っぱもキレイなのでデュランタ・ライムのように観葉植物として扱われる品種もあります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「デュランタ」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用