宝塚(タカラヅカ)の育て方

TOP >クマツヅラ科>デュランタ>>管理

デュランタ・宝塚(タイワンレンギョウ)

デュランタ・宝塚
科名クマツヅラ科
属名ハリマツリ属
学名Duranta repens
別名タイワンレンギョウ
水やり水を好む
場所冬は室内 夏は外
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. デュランタ・宝塚の育て方
  2. デュランタ・宝塚の水やり
  3. デュランタ・宝塚の肥料
  4. 植え付け・植えかえ・挿し木
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定
  7. 病害虫
  8. 特徴・由来・伝承
  9. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

デュランタ・宝塚の育て方

デュランタ・宝塚の育て方
文章の修正非常に長期咲く植物
デュランタ園芸品種で、こぼれるように濃い紫の小さな花が咲きます。冬越しも可能で、それほど難しくないです。春から秋にかけて、本当によく咲く(日光・肥料水やりが揃えば)。春から秋に楽しんで冬は枯れるものと割り切っても十分、元は取れる!と個人的には思う。
まとめ
●育て方はデュランタを参考に。
●育てやすい初心者向きの植物。長期間開花する。
●肥料が切れたり、日光が不足すると開花が止まる。
●真夏の直射日光に葉焼けするかも。
●冬の寒さに弱く5度以下になると落葉するが、枯れていなければ春に芽吹く。
暖地は冬に戸外で越冬する。
●2年に一回は植え替えを。

スポンサーリンク

デュランタ・宝塚の水やり

文章の修正土が乾いたら水をやる(春から秋)
土が乾いていたら水をやります。春から秋に掛けては土が乾いたら水をやるという一般的に水やりをします。夏は乾燥しやすいので、朝と夕方の二回しっかりと鉢底から水が染み出すくらいにやります。それでも乾燥するようでしたら、霧吹きで葉っぱに直接水をかけてやってください。
●葉っぱに水をかけてやるとハダニ予防に効果がある。

冬は水を控える
冬は生育が鈍くなりますので水を控えます。土が乾いてから数日たってくらいです。でもデュランタ宝塚を置いている環境によっては、もっと頻度が短くなるかもしれません。
というのも、冬は暖房が効いています。暖房の風は乾燥していて、非常に乾燥します。土を持ち上げてみて軽いなら水をあげるようにします。
●乾燥対策で葉っぱに霧吹きで水をかけてやるのも手。
●15度以下で生育が鈍くなり、水を吸い上げる力が落ちる。水やりの頻度を減らしてください。
●寒さで落葉していても、春になれば芽吹くかもしれないので、水やりは止めないでください。

庭植えなら便利
霜が降りない地域ならば戸外でも越冬しますので、庭植えしてしまえば水やりはほとんど不要です。

デュランタ・宝塚の肥料

文章の修正肥料
春から秋までは一週間に一回ほど、液体肥料をやるか、二ヶ月に一回緩効性肥料をやってください。冬は肥料はやりません。開花時期に肥料が不足すると開花が鈍くなります。
●肥料が多すぎても開花は鈍くなる。

植え付け・植えかえ・挿し木

植え付け・植えかえ・挿し木
文章の修正植え替え時期
根詰まり予防のために5月から7月あたりに2年に一回植替えをします。
用土
用土は水はけの良いものを利用します。市販している花と野菜の土か、観葉植物の土を利用します。観葉植物の土は腐葉土が入っていないので、室内で管理しても「匂い」がしません。
植え替え手順
古い土を三分の一ほど落として、古い傷んだ変色した根っこを落としてから植え替えをします。一回り大きな鉢に植え替えてもいいし、同じ大きさの鉢に植え替えてもいいです。
挿し木
条件が合うと水挿しでも発根するくらいに発根が容易な植物です。
多少時間はかかりますが(二か月くらい)、発根促進剤使用の場合で八割くらいの発根率といったところ。
剪定で余った枝からも容易に発根します。ポイントは、暖かい季節(=生育期)・室内(発根前は直射日光を避ける)・十分な水補給といったところ。
挿し木のページも参考に)

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正春から秋は日当たりで
日光を好み、日光が少ないと花が少なくなったり枝葉が伸びなくなったりします。しかし夏の強い直射日光にあたると葉っぱが黄色く変色したり、鉢が小さいのに真夏の直射日光にさらしていると、蒸発が激しくてすぐに水が下がってしまいます。特に販売店で日陰に置いてあった場合はいきなり日なたに出すと弱る可能性があるので、半日蔭の場所を探すなど設置場所を調整して徐々に慣らすとよいでしょう。
冬は5度以上で
耐寒温度は5度以上です。人が生活する場所は真夜中になっても5度以下になることはありませんので、室内で管理すれば越冬は可能です。
霜が降りない暖地ならば戸外で越冬可能です。

寒さにあたると落葉しますが春には
寒さに当たると葉っぱが落ちてしまいますが、それで完全に枯死したとは限りません。春まで持ちこたえられれば、春には新芽が芽吹いて復活します。
ちなみに13度で開花
13度以上になると冬でも開花します。13度は普通の家では出来ませんので、必死にならないようにしましょう。

剪定

文章の修正剪定・切り戻し
春から秋に邪魔な枝を落とします。根本から生えてくるヒコバエはすぐに切ってしまいます。
デュランタの項目を参照)
ヒコバエの他、伸びすぎた枝もなるべく枝が若くて柔らかいうちに処理します。
どの程度切るかは好みの問題ですが、枝の先端部のみ花がつき、葉っぱは枝のどの部分にもつくという特徴があります。なので、枝が伸びすぎると緑ばかり多くて花が少ない印象に見えてしまいます。葉よりも花が目当ての場合は、花の付く位置も考えつつ時々枝を切りましょう。
切るとき、けっこう枝が固いのでケガしないように注意します。
花が多少残っていてもったいないと感じる場合もあるかもしれませんが、本体さえ大丈夫ならまたいずれ咲きますので「早めに切り戻す」くらいのつもりで落とします。

病害虫

文章の修正害虫
スス病アブラムシ・ハダニ・コナジラミが発生します。

特徴・由来・伝承

文章の修正デュランタの園芸品種のひとつ。といっても日本に流通しているデュランタで宝塚じゃないものがあるのか、よく分からないくらいによく流通している。開花は春から秋と非常に長いですが、気温と肥料と日光さえあれば、年間を通して花が咲きます。
宝塚は花が多い
花が多いです。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

デュランタ
クマツヅラ科ハリマツリ属
デュランタライム
クマツヅラ科デュランタ属
デュランタ・パープルラブ
クマツヅラ科ハリマツリ属
デュランタの冬越しのコツ
雑記
ホワイトラブ
クマツヅラ科ハリマツリ属
デュランタ・バリエガータ
クマツヅラ科ハリマツリ属
デュランタ・ホワイトラブ
クマツヅラ科ハリマツリ属
デュランタ・ゴールドエッジ
クマツヅラ科ハリマツリ属

同じ科の植物

ミツバハマゴウ
クマツヅラ科ハマゴウ属
クレロデンドルム・ブンゲイ
クマツヅラ科クサギ属
スーパーベナ
クマツヅラ科クマツヅラ属
コムラサキ
クマツヅラ科ムラサキシキブ属
紫々紫
クマツヅラ科ムラサキシキブ属
バーベナ
クマツヅラ科クマツヅラ属
バーベナ・ハスタータ
クマツヅラ科バーベラ属
コバノランタナ
クマツヅラ科ランタナ属
チャイニーズハット
クマツヅラ科ホルムショルディア属
ブルーエルフィン
クマツヅラ科クサギ属
スポンサーリンク