デュランタ・ホワイトラブの育て方

TOP > クマツヅラ科 > ……

デュランタ・ホワイトラブ

nophoto
科名クマツヅラ科
属名ハリマツリ属
学名Duranta repens Alba Whitelove
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

文章の修正を申請する
育て方の概要
デュランタ・ホワイトラブはクマツヅラ科ハリマツリ属のデュランタの白花種のデュランタ・アルバの商品名(参考:学名と流通名など植物の名前について)。アルバの中の香りが強いものを選抜したのだと思われる。ほのかに香りがある。常緑低木だが、冬は寒さで落葉する。
育て方はデュランタと同じ。春から秋の長期間開花し、冬は室内に取り込めば越冬可能。暖地では戸外で常緑で越冬。
樹高2m
まとめ
●デュランタ・ホワイトラブはクマツヅラ科のデュランタの商品名。香りがある。
水やりは普通。鉢植えなら土が乾いていたら水をやる。店頭で売っているデュランタの鉢は地上部に対して小さいものが多く、夏に水切れしやすい。
●春から秋に肥料を。
●日当たりで管理。
●鉢植えは二年に一回は植え替え。
●冬は暖地なら常緑で越冬。中間地なら冬に地上部が枯れても春には芽吹く。
●冬は鉢植えにして室内で管理するのが無難。
●二年に一回は植え替えをする。

参考デュランタの冬越しのコツ
スポンサードリンク

水やり

文章の修正を申請する
庭植えの水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。

鉢植えの水やり
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。
●夏は早朝か夕方に水やりをします。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めます。
●冬は生育が鈍くなっているので土が乾いてから数日経って水をやります。朝に水をやります。
●暖地では常緑で越冬するが、中間地では地上部が枯れるが根は生きていて春には芽吹く。地上部がなくてもあきらめずに水やりをしてください。
店頭で販売している花鉢などは地上部に対して、小さな鉢に植えられていることが多く、非常に水切れしやすい。特に夏は水切れしやすい。水やりの頻度を増やすか、夏は半日陰に移動させるか、一回り大きな鉢に植え替えをして水切れを予防する。

参考リンク
水やり三年…水やりは難しい。(初心者向き)
店で売ってる草花が小さな鉢に植えられている理由

肥料

文章の修正を申請する
生育時期の春から秋に二週間に一回液体肥料をやる。もしくは一ヶ月に一回緩効性固形肥料をやる。肥料が切れると花が止まるので、春から秋は継続的に肥料をやってください。ただし、真夏はあまりの暑さで花が咲かなくなるので、肥料は控えてください。

植え付け・植えかえ

文章の修正を申請する
植え替え時期
春に植え替え・植え付けをする。
鉢植えの植え替えは二年に一回か、毎年行う。鉢底から根がはみ出ていたら植え替えをした方がいいです。
●デュランタは矮化材で小さくまとめているので、購入後、一年ほどたつと矮化材が切れて長く大きくなる。

用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭土に3割ほど腐葉土か堆肥を追加して混ぜて用土として使う。
鉢植えの植え替え
鉢植えの場合は、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意します。植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落としておきます。根の負担を減らすため、地上部の枝も半分ほどに切り詰めるといいです。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて隙間に土を入れていく。鉢を揺らすとまた隙間ができるので、また用土を入れて隙間をうめていき、隙間ができなくなるまで繰り返す。最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの植え付け
庭植えの場合は、植え付ける二週間前に苦土石灰をまいて中和させておく。深さ30cmから40cmほどの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●移植は可能。一度植えたデュランタを掘り返して、別の場所に植えなおしても大丈夫。

参考リンク
植え付け直後に水をやる
必ず新しい土で植えましょう(初心者向け)
古い土の処分方法(初心者向け)
自宅で出来る古い土の再生方法(中級者向け)
プランターの植え付けの基礎
植え替えの基礎
一般的な苗の鉢植えの方法
大きすぎる鉢でギックリ腰に

株の増やし方

文章の修正を申請する
挿し木
5月6月に剪定したら、元気の良い、葉っぱの綺麗な枝を2節か3節…10cmほど取り、切り口側の葉っぱを取り除き、水揚げをする。水揚げは水を貼ったコップにつけること。30分から1時間ほどで葉っぱの先まで水が行き渡り、シャキっとする。赤玉土単用の苗床を作り、そこに切り口を土に埋めておき、日陰で乾燥しないように管理していると発根する。発根までは二ヶ月くらい。発根材を塗ると成功率が上がる。発根したら鉢か庭に植え替える。
種まき
花を放置していると種子ができる。その種子を撒くとデュランタが生えてくるが、性質が「ホワイトラブ」とは違うので一般的には挿木で増やす。

栽培可能地域

文章の修正を申請する
九州南部・九州北部・中国・四国・関西・中部・関東南部
参考自分の地域で育てられるのか分からないときに読むページ

鉢植えにして冬に室内に取り込めば東北・北海道でも育てられます。

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
春から秋の管理場所
日光を好むが、半日陰くらいなら問題なく育つ。ただ、日当たりが悪いと花が少なくなり、葉色も悪くなるので「日当たり」で育てるのが普通。ただし、真夏に日当たりが良すぎて水切れするようであれば半日陰に移動させます。
冬の管理
13度以下で開花が止まり、10度以下で生育が鈍くなり、5度以下で落葉し始め、0度あたりで地上部が枯れる。地上部が枯れても根が生きていれば春には芽吹くので、諦めずに水やりをして管理する。マイナス5度以下あたりになると完全に枯死する。土が凍結すると完全に枯死するので、土が凍る地域(寒冷地)は鉢植えにして室内に取り込む。

冬は室内の日当たりで管理し、暖房の風に当たらないようにします。暖房の風は乾燥してい直撃するとすぐにカリカリになります。直撃さえしなければいいです。室内の窓の近くは夜中に氷点下になるので寒い時は夜だけは室内の中央へ移動させます。
●寒冷地でなくても強い寒波が来ると土が凍る。どうしても冬越しさせたいなら、中間地でも鉢植えにして冬は室内に取り込む。
●13度以上なら開花するが、一般家庭ではなかなか厳しい。床暖房・高気密高断熱の家なら多分、周年開花する。周年開花するなら、冬も肥料をやる。

参考デュランタの冬越しのコツ

病害虫

文章の修正を申請する
スス病コナジラミカイガラムシハダニアブラムシ・ウドンコ病など
観葉植物の病害虫に対する農薬一覧まとめ

剪定・切り戻し

文章の修正を申請する
剪定
春から秋の生育時期に剪定をします。この時期から剪定しても、すぐに回復します。邪魔な枝を落とし、枯れた枝を落とします。枝先に花が咲き、その枝先を切り戻す(摘芯)と脇枝が出て、次の花が咲きやすくなります。この剪定を春から秋の間、様子を見て繰り返します。
切り戻し
花が一段落したら、枝先を切り戻します。すると脇枝が出て、次の花が咲く。花を残していても種子ができて、株が弱るのでバッサリと切り戻すといいです。切り戻すのは春から秋の間に二回か、三回か。
●剪定するとヒコバエ(シュート)が株元から出てきやすい。ヒコバエが出てきたら株元から切ってしまう。
●販売しているデュランタは矮化材で小さくまとめているが、育てて一年ほど経つと大きく育ってくる。大きくなりすぎると困る場合が多いので、切り戻して小さくまとめる必要がある。
参考リンク
枝の種類(剪定の基礎知識)

花ガラ摘み
花を放置しているとオレンジの種子をつける。種子から株を増やすこともできるが、挿木で株が増えるので、種子になる前に花ガラ(=花がしぼんだもの)を摘んでしまう。もしくは切り戻し(摘芯)して脇枝を出させる。

トラブル

文章の修正を申請する
庭木が枯れたかどうかの確認
葉っぱが落ちる理由と対処法
葉先や葉の外側から枯れる原因と対処方法
オフィスで観葉植物が枯れる原因
どうしても枯れてしまう
環境が変わると葉が落ちる
管理用リンク
管理用